TOEIC®のリーディング対策|時間配分やパート別のコツを解説

英語の本

TOEIC®のリーディングパートでは、75分間で100問を解くことになります。単純計算で問題数を時間で割ると、1問にかけられる時間は45秒です。TOEIC®は全て選択式の問題ですが、制限時間が厳しいので対策は必須です。

就職や転職活動、勤務先の昇格等のためにTOEIC®を受験する方は、定められた期日までに一定のスコアを取得しなければいけません。そんな方は特に、出題される問題の傾向や特徴を把握して、効率的な対策を行うべきでしょう。

本記事では、TOEIC®のリーディング対策をパート別に解説します。おすすめの参考書も紹介するので、これからTOEIC®の勉強を始める方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

TOEIC®の試験本番の問題形式・目安の時間配分

TOEIC®対策をこれから始める方は、まずは試験本番の問題形式や時間配分を知っておきましょう。リスニングパートの問題形式は次の通りです。

パート 問題の内容 問題数
Part1 音声の説明に合う写真を選ぶ 6問
Part2 音声に対する最も自然な返答を選ぶ 25問
Part3 会話内容を聞き、問題用紙の設問に答える 39問
Part4 長めのアナウンスを聞き、問題用紙の設問に答える 30問
100問

リスニングパートでは、75分で100問に解答します。ただし、音声に従って解き進めるので、受験者が時間配分を意識する必要はありません。

リーディングパートの問題形式と目安の時間配分は、次の通りです。

パート 問題の内容 問題数 目安の解答時間
Part5 英語の短文中の空欄に、最も適切な単語やフレーズを入れる 30問 10分
Part6 英語の文章中にある空欄に、最も適切な単語や文章を選ぶ 16問 10分
Part7 英語の文章を読んで、問題用紙の設問に答える 54問 55分
100問 75分

75分で100問に解答する点は、リーディングもリスニングも同じです。しかし、受験者がみんな一緒に解き進めるリスニングに対して、リーディングでは、それぞれの受験者が自由に解き進めます。リーディングでは時間配分が重要になるので注意しましょう。

 

TOEIC®リーディングPart5の例題と解き方のコツ

前の項目で紹介した通り、TOEIC®のリーディングは3つのパートから構成されます。まずはTOEIC®のリーディングPart5について解説します。

Part5は得点源にしやすいため、初心者が真っ先に対策したいパートです。例題と解き方のコツ、おすすめ参考書を知って、効率的に対策できるようになりましょう。

 

TOEIC®リーディングPart5の例題

TOEIC®のPart5では、次のような空欄を埋める問題が出題されます。英文中の空欄に入れるのに最も適切な単語やフレーズを、AからDの選択肢から選ぶ問題です。

No. 103 Gyeon Corporation’s continuing education policy states that ——- learning new skills enhances creativity and focus.

(A) regular
(B) regularity
(C) regulate
(D) regularly

(正解は、(D) regularlyになります。)

引用元:サンプル問題|TOEIC Listening & Reading Test|【公式】TOEIC Program|IIBC

Part5の解答時間の目安は、1問あたり20秒です。Part5は全部で30問なので、Part5全体にかける解答時間の目安は10分になります。

600点前後を目指す方なら、1問あたりにかける時間を増やしても良いでしょう。Part5は他のリーディングパートよりも、難易度が低く設定されています。難易度の高い問題よりも、得点しやすいPart5をじっくり解くほうが点数アップにつながることもあります。

まずは目安となる時間で解いてみて、実際に問題を解く中で、自分に合う時間配分を見つけていくのが良いでしょう。

 

TOEIC®リーディングPart5の解き方のコツ

TOEIC®のPart5を対策するなら、Part5の問題が3つのパターンに分けられることを知っておきましょう。パターンごとの解き方がわかれば、短い時間で正解を選べます。

Part5の問題パターンは次の通りです。選択肢を見ることで、どのパターンか判別できます。

  • 選択肢に同じ単語の派生形が並んでいたら、空白の前後のみ読む
  • 選択肢に並んでいるのが全て同じ品詞の場合は、一文全てを読む
  • 選択肢に時制の異なる動詞が並んでいる場合は、一文全てを読む

「派生形」や「品詞」、「時制」という用語の意味がイメージできなくても問題ありません。パターンによって解き方が変わることを知っておくのが重要です。解き方のコツを大まかに知るだけでも、今後学習することが頭に入ってきやすくなります。

 

TOEIC®リーディングPart5の対策におすすめの参考書

TOEIC®のPart5は、文法の参考書を買って対策しましょう。TOEIC®のPart5は、文法力が試されます。

一つ前の項目では「派生形」や「品詞」、「時制」といった用語が出てきましたが、どれも文法用語です。自分のレベルに合った参考書を使って、文法の知識を増やしていけば、解ける問題がどんどん増えていくでしょう。

おすすめ参考書は次の通りです。

  • 『中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。』(学研出版・山田暢彦監修)
  • 『TOEIC® L&Rテスト 英文法 ゼロからスコアが稼げるドリル』(アルク・高橋恭子著)

どちらも600点を目指す方に適した内容です。内容を確認してみて、自分が使いやすい参考書を選んでください。

 

TOEIC®リーディングPart6の例題と解き方のコツ

ここからは、TOEIC®のPart6について解説します。Part6は、先ほど紹介したPart5よりは難易度が上がるものの、初心者でも比較的解きやすいパートです。中には難しい問題もありますが、解ける問題を見極めることが出来れば正答率を高められます。

Part6を効率的に対策できるように、例題、解き方のコツ、おすすめ参考書の順に見ていきましょう。

 

TOEIC®リーディングPart6の例題

TOEIC®のPart6も、Part5と同じように、英文中の空欄に最も当てはまるものを選択する問題です。ただし、一文中に空欄があったPart5に対して、Part6は文章中に空欄があります。そのため、Part6は読む英語の量が多くなります。

Part6の問題は、具体的には次のようなものです。

Questions 131-134 refer to the following e-mail.

To: Project Leads
From: James Pak
Subject: Training Courses

To all Pak Designs project leaders:
In the coming weeks, we will be organizing several training sessions for (131) employees. At Pak Designs, we believe that with the proper help and support from our senior project leaders, less experienced staff can quickly (132) a deep understanding of the process. (133), they can improve their ability to communicate effectively across divisions. When employees at all experience levels interact, every employee’s competency level rises and the business overall benefits. For that reason, we are urging experienced project leaders to attend each one of the interactive seminars that will be held throughout the coming month. (134).
Thank you for your support.

James Pak
Pak Designs

No. 131
(A) interest
(B) interests
(C) interested
(D) interesting

No. 132
(A) develop
(B) raise
(C) open
(D) complete

(正解は、No. 131:(C)、No. 132:(A)になります。)

引用元:サンプル問題|TOEIC Listening & Reading Test|【公式】TOEIC Program|IIBC

Part6の解答時間の目安は、長文一つあたり2分30秒です。Part6では長文が合計で4つ出題されるので、Part6全体の解答時間の目安は10分になります。

Part5の時間配分と同じように、600点前後を目標にする方なら、Part6にかける時間を増やしても良いでしょう。Part6の解ける問題をしっかり解くことで、スコアが上がる可能性があります。

 

TOEIC®リーディングPart6の解き方のコツ

TOEIC®のPart6は、解きやすい問題を見極めることが重要です。Part6には、難易度が高い問題と比較的簡単に解ける問題の両方が混ざっています。問題の難易度を見極めることが出来れば、難しい問題に悩む時間を減らし、解ける問題に使う時間を増やせます。

問題の難易度を見極めるには、問題の2つのパターンを知りましょう。パターンは次の通りです。

  • 空欄を含む一文だけを読めば答えられる問題
  • 文章全体を読まないと答えられない問題

パターンを判別する一番簡単な方法は、実際に空欄を含む一文を読んでみることです。読んだときの手ごたえをもとに、解くか飛ばすか判断すれば、初心者でも効率よく点数を伸ばせるでしょう。

 

TOEIC®リーディングPart6の対策におすすめの参考書

TOEIC®のPart6の正答率を高めるには、文法力と読解力の両方を鍛える必要があります。ただし、文法力はPart5の参考書、読解力はPart7の参考書で対策できるので、Part6に特化した対策は必須ではありません。

平日は仕事がある方や、授業やサークル活動で忙しい学生は、毎日の勉強時間の確保が難しいかと思います。忙しい方は、個別にPart6対策を行わず、その分の時間を他の勉強に割り当てると良いでしょう。

時間を確保できる方や、Part6に慣れておきたい方におすすめの参考書は、『TOEIC L&R TEST パート6特急 新形式ドリル』(朝日新聞出版・大里秀介著)です。

上記の参考書は、ある程度英語に慣れている人向けなので、Part5の解説時に紹介した参考書が終わってから取りかかるのがおすすめです。

 

TOEIC®リーディングPart7の例題と解き方のコツ

続いては、TOEIC®のPart7について説明します。Part7は受験英語のような長文読解の問題になります。

英語の長文に対して苦手意識が強い方もいるかもしれませんが、コツコツと勉強していけば、解ける問題も増えていきます。Part7の例題と解き方のコツ、おすすめ参考書の順に見ていきましょう。

 

TOEIC®リーディングPart7の例題

TOEIC®のPart7では、長文を読んで設問に答えていきます。単語力や文法力はもちろん、読解力が必要になる問題です。次のような問題になります。

Questions 147-148 refer to the following advertisement.

Used Car For Sale.
Six-year-old used Caelisle Custom.Only one owner. Low mileage. Car used to commute short distances to town. Brakes and tires replaced six months ago. Struts replaced two weeks ago. Air conditioning works well, but heater takes a while to warm up. Brand new spare tire included. Priced to sell. Owner going overseas at the end of this month and must sell the car. Call Firoozeh Ghorbani at (848)555-0132

No. 147 What is suggested about the car?
(A) It was recently repaired.
(B) It has had more than one owner.
(C) It is very fuel efficient.
(D) It has been on sale for six months.

No. 148 According to the advertisement, why is Ms. Ghorbani selling her car?
(A) She cannot repair the car’s temperature control.
(B) She finds it difficult to maintain.
(C) She would like to have a newer model.
(D) She is leaving for another country.

(答えは、No. 147:(A)、No. 148:(D)です。)

引用元:サンプル問題|TOEIC Listening & Reading Test|【公式】TOEIC Program|IIBC

Part7の設問数は、全部で54問になります。理想の解答時間は1問あたり約1分、Part7全体で55分です。

ただし、必ずしもPart7に55分かける必要はありません。難易度の高いPart7にかける時間を減らして、Part5やPart6にかける時間を増やすほうが、スコアを伸ばせる人もいるでしょう。

Part7を時間内に全て解き切るのは、英語上級者にとっても簡単なことではありません。そのため、時間を測ってリーディングパートを解き、自分に合った時間配分を探していくのをおすすめします。

 

TOEIC®リーディングPart7の解き方のコツ

TOEIC®のPart7を解くときは、長文のジャンルに着目してください。ジャンルによって読みやすさが変わるためです。

Part7で出題される長文には、次のようにさまざまなジャンルがあります。

  • 英語で送られてきたメール
  • 特定の商品を宣伝する広告文
  • 複数人数でのチャット
  • 雑誌に掲載されるような記事

一般的に読みやすいと言われているのは、チャットの文面です。チャットは話し言葉で書かれているため、一文が短く、難しい表現はあまり使われません。チャット以外にも、読みやすいと感じるジャンルをいくつかピックアップしておき、本番ではそのジャンルを優先的に解くと良いでしょう。

 

TOEIC®リーディングPart7の対策におすすめの参考書

TOEIC®のPart7の対策は、始めに基礎単語を覚え、その次に長文問題を解くという流れで進めるのがおすすめです。Part7は長文問題ですが、単語の知識が不十分な状態で長文問題を解くと、挫折しやすくなるためです。

TOEIC®600点ほどを目指す方におすすめの単語帳は、『TOEIC L&R TEST 出る単特急 銀のフレーズ』(朝日新聞出版・TEX加藤著)になります。TOEIC®初心者が知っておきたい基礎単語がレベル別に掲載されているので、効率よく学べます。

基礎単語を覚えてから使いたい参考書は、次の通りです。

  • 『世界一わかりやすいTOEIC L&Rテスト総合模試1[600点突破レベル』(中経出版/KADOKAWA・関正生著)
  • 『TOEIC L&R TEST 初心者特急 パート7』(朝日新聞出版・神崎正哉/TEX加藤/Daniel Warriner著)

いずれも初心者向けの問題集なので、長文が苦手でも無理なく学んでいけるでしょう。

 

TOEIC®のリーディング対策をしても伸びない人の特徴

ここまで、TOEIC®のリーディング対策をパート別に紹介しました。毎日継続して取り組むことが出来れば、目標スコアに近づけられるでしょう。

しかし、「勉強時間を確保しているのにスコアが伸びない」と悩む方もいます。これから対策を始める方は、そうならないよう伸びない人の特徴を知っておきましょう。

 

単語や文法の復習をしていない

単語や文法の復習が不十分だと、TOEIC®のスコアが伸びにくくなります。単語や文法などの知識は、何度も繰り返さないと記憶に定着しないためです。

制限時間が厳しいTOEIC®では、特に単語や文法をしっかりと定着させる必要があります。問題文は見てから、「どんな意味の単語だったか」「どんな使い方をする文法だったか」と考えている時間はありません。そのため、一度覚えたと思った単語や文法でも、1週間や3週間など時間を空けて復習するようにしましょう。

単語や文法を覚えるときは、スキマ時間に覚えたり音声を活用したりと、負担にならないような工夫をしてみてください。負担にならない学習なら、無理なく復習を継続できます。

 

公式問題集を解いていない

TOEIC®は制限時間が非常にシビアな試験です。いきなり本番に挑むと、焦りから、普段はしないミスをする恐れがあります。そのため、本番の状況に慣れておく必要があります。

TOEIC®本番の状況に慣れるには、「公式問題集」を解きましょう。公式問題集は、本番と同じプロセスで作成されているので、解くことで試験の予行練習ができます。もちろん、本試験を何度も受けるのが理想ですが、時間の都合上、難しい方も多いでしょう。

公式問題集なら、都合の良いタイミングで解けます。また、公式問題集は解説が付いており、本番に役立てやすいという点でもおすすめです。目標スコアを達成するためには、ぜひ公式問題集を活用してください。

 

自分のレベルや目標に合った対策を行えていない

自分のレベルや目標に合わない対策をしていると、スコアアップにつながりにくいので注意しましょう。

自分に合った対策を選ぶのは、簡単なことだと感じるかもしれません。しかし、自分に合ったTOEIC®対策がわからず悩む人はたくさんいます。英語初心者、上級者、そして学生や社会人も受験するTOEIC®には、数多くの勉強法や参考書があるからです。

自分に合った対策をするには、公式問題集を解くなど、まずは現時点の実力を把握しましょう。そして、いろんな方法を試しながら自分に合う対策を見つけていってください。

いろんな方法を試している時間がない方や、自分に合った方法を見つける自信がない方は、TOEIC®の経験豊富なプロに直接質問できる英語スクールやコーチングを使ってみても良いでしょう。

 

挫折しないTOEIC®対策なら英語コーチングの「プレゼンス」

TOEIC®のリーディングでは、たった75分で100題の問題を解きます。そこで、「得点源にしやすいPart5」、「簡単な設問は正解したいPart6」、「長文のジャンル見極めが重要なPart7」のように、パートごとの特徴を知って対策を始めましょう。

最適な学習方法や時間配分は人によって異なるので、対策を進めながら「何が自分に合うのか」と模索するのもポイントでした。しかし、「自分に合った方法を探せる自信がない」「途中で挫折しないか心配」という方もいるでしょう。

そんな方にお試しいただきたいのが、「プレゼンス」のコーチングです。経験豊富なコーチがアドバイスをするので、一人で悩む必要はありません。今までTOEIC®の勉強が続かなかったという方へも、20年間で27,000人超の卒業生を輩出している「プレゼンス」なら、2ヶ月で最大限の成果を約束します。

自分に最適な学習プランを知りたい方は、まずは「プレゼンス」の無料カウンセリングにご参加ください。

効果的な英語学習のティップスと最適な学習プランを英語コーチがご提案!

→無料カウンセリングのご予約はこちら