体験談

中国語初級コース M.Hさんの体験談

中国語を学ぶにあたり、プレゼンスと出会えたことは本当に幸運でした
M.Hさん(38歳・主婦)

私がプレゼンスで中国語を学ぼうと思ったのは、1ヵ月という期間の短さと、自らを「コーチングスクール」と謳うその学習方法に興味があったからです。

私には、幼稚園に通う子供があり、自分もPTAの委員をしていたため、毎週決まった時間を長期間にわたって確保することが難しい状況だったので、1ヵ月という期間はとても魅力的でした。その一方で「1ヵ月という期間で、どれほどのものが身につくのだろう?」という疑問もありました。
ちょうど子供が夏休みになり、比較的時間に融通がつくようになったので、思いきって受講してみることにしました。

毎回、講義で課題が提示されるたびに、「こんなにできるかな?」と一瞬思っていましたが、「何を、どうやるのか」が明確に示されていたので、「とにかくやってみよう」という調子で毎週挑戦していました。すると、意外にできてしまったりするので、それがまた次週への意欲と自信につながっていったように思います。

学習していく過程で励みになったのは、コーチとクラスメイトの存在です。
クラスには学生の方もいれば社会人の方もいたり様々でしたが、メーリングリストで進捗状況の報告をしていると、皆忙しい中、時間をやりくりして同じ課題に取り組んでいるんだなぁと感じ、学習に対する適度な緊張感と意欲の維持につながりました。
コーチは、講義中に手に届くか届かないかというレベルの出題をして、学習意欲を引き出してくださいました。また、日々学習していく上での課題(主に学習時間の確保)の解決について、具体的にどうするか口に出して言えるぐらいまで明確にできなければ、実行して課題を解決するには至らないことを学ぶことができました。

1ヵ月を終えてみて感じたことは、基礎的な内容とはいえ文法書を1冊をしっかり自分のものにできたことにより、ゼロの状態から一段ステップアップして中国語を俯瞰できる位置に立てたということです。プレゼンス受講以前は、なんとかラクして身につけようとしていたのですが、やはり学びの初歩の段階では、短期間のうちに集中して、ある程度の量をこなす必要があるということを実感しました。

基礎コース(*1)終了後も続けて勉強したくなり、中検4級・HSK3級コース(*2)も受講しました。学習後、子供向けの読み物を目にする機会があり、試しに読んでみたところ、思いのほか文章を理解することができたので、驚きました。中国語の世界がさらに広がりましたが、同時に自分に足りないものも見えてきたところです。

中国語を学ぶにあたり、プレゼンスと出会えたことは本当に幸運でした。これからは、自分で勉強を続けなければなりませんが、この2ヵ月で身につけた学習方法の効果はわかっているので、今後も迷いなく続けていけるように思います。また、機会があればぜひ参加したいと思います。ありがとうございました。

*1 現 中国語準備コース
*2 現 中国語初級コース

中国語初級コース 体験談一覧
「1ヶ月で徹底理解」は本当だった
M.Rさん(会社員・36歳 男性)
言葉ではない仲間の努力する姿に鼓舞され、道を開拓!
Y.Yさん(22歳・学生)
プレゼンスのメソッドは中国語においても有効だった!
M.Wさん(37歳・会社役員)
本当に身につく中国語ならPRESENCE
T.Mさん(29歳・会社員)