体験談

英会話中級コース K.Oさんの体験談

最も英会話力が伸びた8週間
K.Oさん(30歳・大学院生)

プレゼンスでは、TOEIC750点コースでお世話になり、その効果を実感し、大学院の夏休みを利用して英会話中級コースを受講することにしました。もともと日常の会話には自信がなく、このままでは、転職をしてもグローバル人材として活躍できないのではないかという危機感を持っていました。そこで、英会話の基本を習得すべく、受講を決意しました。

コースに入学して最初に痛感したことは、簡単なことでも英語で表現できないことです。コースが始まったばかりのころは自分の考えや思いを英語で伝えたいと思っても、どのように伝えればよいか分からなくなることがよくありました。
これには2つの理由があります。

1つは、単語力です。英単語の意味がわかっていたとしても、日本語から英語への変換は全くできていませんでした。センター試験レベルの英単語であっても、日本語から英語にすることができなかったのです。コースでは基本レベルの英単語(3000語)について日本語からへ英語の変換を徹底的に定着化させるため、自分が言いたいことに対応する英単語が瞬時に思い浮かぶようになりました。

2つ目は、難しく考えすぎてしまうことです。私は、これまでに英語で自分の考えを伝える経験がほとんどありませんでした。慣れ親しんだ日本語の表現に対応する英語を考えてしまうため、対応する表現が見つかなくなると、混乱してしまうことが多くありました。コースでは、自分が伝えたいことをシンプルなセンテンスに分割し、簡単な表現で伝える訓練をすることで、言いたいことを相手に伝えることができるようになりました。

また、コースではリスニング能力を大きく改善することができました。TOEICコースでもリスニング対策に力を入れたことで、スコアを100点ほどアップできましたが、コース終了後は伸び悩んでいました。リスニング能力を高める訓練としてシャドーイングを徹底的に訓練したため、リスニングを正確に聞き取る力を高めることができました。

最後に、コース全体を思い返すと、英語で話すことに対する恐怖心が無くなったことが大きいと思います。おそらく、言いたいことをシンプルに言えるようになったことが、英会話に対する恐怖心の克服に繋がったのだと思います。
本当にお世話になりました。ありがとうございました。