体験談

英会話中級コース F.Oさんの体験談

8週間で感じたこと

英会話コースを受講し、5つのブレイクスルーを感じることが出来ました。
F.Oさん(29歳・会社員)

1. 単語だけでもいいから、人前で大きな声で喋ること。

とにかく始めは、人前で英語を喋ることが恥ずかしい。でも、必死になって相手に
伝えてたいと思うと、我を忘れて懸命になって喋っている。終わった後、普段使っていない
脳を使っているので、頭がボーとしていた。
2. 自分で考えた文を英語で喋ること。

今までは考えられないこと。毎週の宿題で、インプットした単語、構文をフル活用し、とにかく喋る。喋りたかったけど、わからない表現は調べて、紙に記入し、また喋る。少しずつきれいな文になってくる。後日コーチにチェックしてもらい完全な文になる。
意外と自分でも英文を作成できることを実感した。
3. 接続詞等、会話に必要な流れを意識して喋ること。

日本語でもそうだと思うが、文をただ羅列して、喋っていても、相手に本質は伝わらない。
文に接続詞等のスパイスを加えることによって、本物の会話として成り立つことを実感した。
4. CRECを意識して、相手にわかりやすく喋ること。

結論 理由 例 結論。英語を喋る際の順序。当然、日本語でも使えるので
非常に役に立った。
5. 自分の喋り方のくせを修正し、かっこよく英語を喋ること。

カメラ撮影をし、自分をウォッチすることで、コーチ、受講生仲間に指摘され、自分で気付かない喋り方の癖が見えてくる。その癖を修正し、かっこいいスピーチに持っていくことができる。

8週間で、これだけのブレイクスルーを感じることができたことは、大きな収穫だと思う。
いきなり帰国子女のようにスムーズに喋るまでに到達してはいないけど、喋れる可能性、喋ろうと思う強い意思を持つことが出来た。
正直、授業始めの10分で、トニーになってしまった時、どうなるかと思ったけど、生徒同士とも仲良くすることができて、久々に仲間が出来たことも大きな収穫です。

安易なフレーズ英語ではなく、本当に自分の伝えたことを英語で喋りたいと思う人には
非常におすすめだと思います。