体験談

英会話上級入門コース M.Tさんの体験談

「英語学習に確信を持って取り組めていますか?」
M.Tさん(42歳・会社員)

英語くらい涼しい顔で使いこなせる人間でありたい...と子供の頃から思っていました。但し、非常に漠然と。

どうしたら英語が話せるようになるのだろう?

英語は所々聞こえる程度でさっぱりだ。読めば簡単に意味がわかる英語すら聞き取れない。聞き続けていれば、ある日突然本当に聞こえるようになるのか?

簡単な文章ですら、英語が口から出てこない。話せないのは、ボキャブラリーの問題なのか?

どうやって勉強を進めたらいいのか。一人だと続かない。テキストは何がよいのか。やはり英会話スクールかな。

そんな状況でインターネットを検索している中で、偶然目に留まり、強く魅かれたのがプレゼンスでした。

私が魅かれたのは、大きく以下の2点です。

1. 短期間での圧倒的な実力の伸びを重視
忙しい生活を送る受講生に無駄な時間をかけさせないという宣言とコーチングという概念をアピールしている点が斬新に感じました。

2. コーチ陣のプロフィール
そして、何より魅かれたのが会長をはじめとするコーチ陣のキャリア。皆さん、チャレンジされている方ばかり!このことが上記1への信頼感をさらに高めてくれました。

こうしてプレゼンスの門を叩きました。

結果は...大正解!!

まず「TOEIC750点コース」を受講しました。入社して初めて受けて以来、650点前後だったTOEICが、2か月でほぼ200点UPしました。

そして、その後「英会話上級入門コース」へと進みました。案の定、TOEICスコアがUPしても、英語が口から出てきません。

全8回のうち前半は、宿題がたくさん出て、「単語/表現」「文法」「英語脳」を徹底的に鍛え、授業で成果を試されます。決して簡単な宿題ではなかったですが、くじけずに毎週何とかこなしました。

後半になると、スピーキングの時間がいよいよ増えてきます。日本語ではいくらでも意見を言えるけど、英語ではまだ無理、と思っていましたが、クラスメートと英語で話しているうちに、明らかに英語が出てくるようになっています。

そういえば、ニュースでオバマ大統領やアメリカ広報官の英語が、字幕を見ないで頭に入ってきます。シャドーイングが効いたのだと思います。最終回のプレゼンテーションでは、ある程度英語で考えて話している自分がいました。いい大人ですから恥はかきたくないのですが、不思議と通うのが楽しく、もう終わってしまうのか..と名残惜しかったのが正直な気持ちです。

上を目指せばまだまだのレベルですし、結局は英語を使って何をするかが重要です。これからも英語の学習は続きますが、プレゼンスに通ったことで、これだけは言えます。「これからも確信を持って、迷いなく英語学習を続けられる自信がある」と。