体験談

【旧】60点コース N.Nさんの体験談

TOEFL 54点→67点

プレゼンスは、学ぶ姿勢そのものを教えてくれた
N.Nさん(18歳・学生)

「忙しいから」 「時間がないから」
プレゼンスに通う前の私は、そうやって自分に言い訳をして、TOEFLの勉強を避けていました。
そんなある日、プレゼンスの説明会で話を聞いてみて、「いま取り組まなかったら、このままずっと、私と英語との距離は縮まらないのではないか」とハッとしたのです。もし、あのとき説明会に行っていなかったら、私はいまも、「忙しいから」と逃げていたかもしれません。プレゼンスに通えた私は、本当にラッキーでした。
その理由をいくつか挙げてみようと思います。

まず、目に見える成果として、TOEFLの点数がアップしたことです。
私は、自分の弱点は分かっているつもりでしたが、どうやったら克服できるのかが分からなくて、点数が伸び悩んでいました。プレゼンスに通い始めて、自分に必要な勉強法を習得した結果、弱点が弱点ではなくなり、それが点数アップへとつながりました。
TOEFLの点数を上げようとするならば、まずはその勉強法から見直す必要があるのだな、と実感しています。

つぎに、メンタル面の変化を挙げたいと思います。
それまでスクールに対して苦手意識のあった私ですが、プレゼンスでは全部の授業を張り切って出席することができました。それは、プレゼンスに通って、英語に触れるのが単純に楽しくなってきたからです。
英語に触れるのが楽しいから、英語が好きだから、勉強をする。そのことを思い出させてくれたプレゼンスの皆さまには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
また、自分と似た目標に向かって頑張るクラスメイトの方や、自分とはまったく異なる境遇にある方々と、授業の合間や帰り道などでお話しさせていただくのも、プレゼンスの楽しみのひとつでした。クラスメイトの皆さんに、英語を身近なものにしたいという「強い」気持ちがあったので、おかげさまで自分のモチベーションも高まっていきました。

最初に述べたように、以前は「時間がない」などと自分で自分に言い訳をし、TOEFLの勉強から遠ざかっていたのですが、勉強する時間はいくらでも見つかることに気付きました。
また、いつもなら切羽詰まっていた学校の課題も、手際良く取り組めるようになっていました。その結果、なんと学校の成績まで向上したのです。プレゼンスは、TOEFLの勉強法のみならず、学ぶ姿勢そのものを教えてくれたのだと思っています。

私にとって、これからもずっと英語の勉強は続いていきます。それは、ただ問題を解いていくだけではありません。プレゼンスに通ってから、英語を勉強することは、自分自身と向き合う時間にもなっていたのです。