体験談

TOEFL 105点コース Y.Kさんの体験談

TOEFL90点→105点獲得!

プレゼンスで広がる世界
Y.Kさん(27歳・公務員)

アメリカの大学院留学を目指して1年半、返ってくるスコアレポートを恐る恐る開いては、前回と代わり映えのない点数に途方に暮れていました。独学でTOEFLの勉強を進め、苦しみながらも着実に90点代を取れるようにはなれたものの、「TOEFL 100点」は夢のまた夢で、自分に取れる点数とは全く思えませんでした。そのような中で出会ったのがプレゼンスです。

プレゼンスは一般的な試験対策予備校とは一線を画す「コーチング」というスタイルを採っています。講師から受講生への一方向の授業とは異なり、受講生は主体的に自分自身の現状を分析し、目標を定め、その目標のためにやるべきことを進めていきます。これだけを書くと「独学とあまり変わらないのでは?」と思われそうですが、その一連の過程の中で、自分一人では見えてこないものを見せてくれるのがプレゼンスのコーチングで、まさに目から鱗の体験の連続でした。

最初の驚きは、基礎の重要性です。スポーツでも何でも「基礎が重要」と言いますが、英語も同じです。プレゼンスでは徹底的に基礎を鍛えられます。独学でやみくもに問題集をこなしてきただけで、単語のインプットや単語レベルの聞き取り訓練などを避けてきてしいまっていた私に、プレゼンスの基礎訓練はかなりきついものでした。しかし、付け焼き刃の英語力では到底太刀打ちでいないTOEFLだからこそ、この基礎訓練が非常に重要であり、プレゼンス受講後のTOEFLでは、何度もこの基礎の力に助けられました。

プレゼンスの授業は、もちろん基礎固めだけではありません。2ヶ月間の授業では、徹底的に基礎を固めた後、本番を意識したトレーニングに移ります。ここでも、まさに目から鱗が落ちるような思いをたくさんしました。プレゼンスの授業では、なぜ正解だったのか、なぜ間違えたのかを徹底的に言語化し、分析していきます。独学で問題演習をしていた時になんとなく感じていたTOEFLの試験の傾向などがどんどん言葉という形になっていく過程は、感動すら覚えるものでした。これにより、やみくもに取り組むだけであった問題演習にメリハリを付けることができ、その後の試験勉強の質が格段にアップしたと思います。

プレゼンスを受講していた2ヶ月間は、自分でも驚くほどストイックにTOEFLに向き合いました。そして、プレゼンス受講後から3回目のTOEFLで105点という点数を獲得することができました。夢にも思っていなかった点数であり、スコアレポートを何度も見返してしまったほどです。

TOEFLのコースの紹介であるためTOEFL対策にまつわる話ばかりを書きましたが、プレゼンスの最大の魅力は、TOEFLの先の目指すべき世界を常に意識させてくれる点かもしれません。TOEFL対策中はスコアアップばかりに目が行ってしまいがちで、その大きな壁を前にして、自分の本当の目標を見失いかけてしまう人は多いのではないでしょうか。私もそうでした。しかし、プレゼンスのコーチングにより、「なぜTOEFLのスコアが必要なのか」「その先に何を目指しているのか」を常に意識させられた結果、TOEFL対策にストイックになれるだけでなく、その先の本当の目標についてもより強い意志を持てるようになれました。TOEFLという大きな壁の前でもがいていた私を落ち着かせ、そっと背中を押してくれた存在がプレゼンスです。私と同じように、壁の前で一人もがいている方々に、ぜひ体験してみてほしいと思います。

TOEFL 105点コース 体験談一覧
人生を能動的に変えていくこと
K.Kさん(37歳・教育関係)
魔法のような「王道」のPRESENCEメソッド
K.Tさん(31歳・映像技術職)
「正しい学習法」と「日々の努力」で目標点を勝ち取りました!
K.Sさん(33歳・専門職)
留学という目標に向かってPRESENCEで良いスタートが切れた
Y.Tさん(27歳・コンサル勤務)
心技体、全てを鍛えてくれる場所。それがプレゼンス。
K.Sさん(29歳・メーカー勤務)