デール・カーネギー・ジャパン 石原氏によるコーチ研修を行いました。

DATE:2019/06/07
6/5、デール・カーネギー・ジャパンの石原 由一朗氏をお招きし、
「プレゼンテーションとファシリテーション」の研修を行っていただきました。
デール・カーネギー・トレーニングは100年以上に渡り、90か国以上、30言語で人財・組織開発を提供している会社です。創立者の著書「人を動かす」は発行部数15,000,000部を超え、読まれたことがある方も多いのではないでしょうか。
石原氏は、世界に3,000人いる公認トレーナーの中で、トレーナーを認定する資格を持つ日本で唯一のグローバル・マスター・トレーナーです。
そして、実はPRESENCEの元受講生でもあります。
研修では、座学に加えコーチ3名が実際にプレゼンテーションを石原氏の前で実演し、ご指導を頂きました。
ご指導の前には綺麗な話し方だったプレゼンは、ご指導の後には『心に響く』プレゼンへとに変わり、非常に刺激的で大きな学びのある時間となりました。

 

(研修中の石原氏)
(研修を受けるPRESENCEコーチ陣)
今回学んだ内容をしっかりと受講生様に還元できるよう
これからも誠心誠意、クラス、説明会に臨んでまいります。

 

◆プロフィール:石原 由一朗氏(Yuichiro ISHIHARA)
広島県生まれ。旭化成グループにおいて財務会計システムを中心とした業務システム構築・運用に従事。さらに人事部門にて採用と人財・組織開発を統括。
その後、100年以上にわたり世界95か国で展開する世界最古にして世界最大級の組織開発コンサルティングファームであるデール・カーネギー・トレーニングに移り、日本法人のトレーニング部門責任者として150社以上の企業・団体の人財育成・組織開発を推進。
米国セントルイスにあるカーネギーユニバーシティにおいて、デール・カーネギー氏本人の数少ない直系トレーナーであるグレッグ・ラトリフ氏(Global Director of Trainer Development & Quality)に師事。
世界No.1マスタートレーナーであるクラーク・メリル氏から長年にわたり薫陶を受ける。米国本部グローバル・マスター・トレーナーとして日本人で唯一認定され、世界3000名の公認トレーナーの養成にあたる。
2016年より同社取締役。2017年より立教大学経営学部兼任講師(グローバルリーダーシップ)。趣味は、旅とキャンプ。
(出典:石原由一朗 公式サイト)