コーチインタビュー

コーチインタビュー

小山美紀(こやま みき)

担当コース:TOEIC、TOEFL、英会話

  • 1.どんなお仕事をされているんですか?

    TOEICコースと英会話コースを中心に、週5クラスを担当しています。

    あとはプレゼンスの一大イベントであるスピーチコンテストの企画なども行っています。スピーチコンテストは、オーディション方法も含め、運営方法は全てメンバーに任されるため、自分の意見が顕著に反映され、自分が企画したものが実際に運営されているものを見ると、とても感慨深いです!また、TOEICの形式変更時にカリキュラムの変更対応をするなど、コーチといっても、クラス以外にも様々な業務を行っています。

  • 2.いつから,なぜ「語学教育」や「コーチ」という職業に興味を持ったんですか?

    幼いころから一貫しているのは、自己表現が好きということです。

    自己表現というと堅い印象ですが、小学生の頃からクラシックバレエを習い、身体表現を通して自分の思っていることや感情を表現するのが大好きでした。また、同じ表現という意味で、お芝居の勉強もしていました。いろいろな方法での表現を学ぶうちに、最も自分を表現しやすいものは言葉だと感じたんです。言葉を学ぶということは、人の思考とか感情を理解するのに非常に有効な手段だと思い、興味を持つようになりました。

    特に英語を勉強することは、人種を超えて、人の思考や感情を理解できるようになるという点で、大好きなんです。

    教育や指導者というものに対しては、自分がバレエや芝居を学んでいた時に、指導者という存在が自分にとってものすごく大きな影響を持っていたことから、興味を持ちました。

    指導者という存在は、もちろん知識やメソッドを教えていくこともありますが、背中で語ることも重要だと思います。私は、そういった方々から生き様も教わった気がします。人の人生にこれだけ影響を与える仕事って他にはなかなかないなと思うんです。私も自分から発信して人に良い影響を与えられるようにしたいという思いから教育や指導者、さらにコーチというものに興味を持ちました。

  • 3.「これだけはゆずれない!」という仕事の
    こだわりはありますか?

    絶対に1回1回のクラスで、小さくてもよいので、成功体験を積んでもらい、ポジティブになってほしいと思っています。

    たとえ、1回目のテストで点数が悪かったとしても、原因を把握して、対策した後に点数が上がれば、これは成功体験ですよね?ポジティブなエネルギーがあれば前に進んでいけます。なので、そのエネルギーを少しでも高めてもらえるような、そんなクラスにすることを心がけています。

  • 4.仕事において,いちばん嬉しいことは
    何ですか?

    受講生がスコアアップをして下さった時はもちろん嬉しいです。

    ただ、それと同時に、プレゼンスはティーチングスクールではなくてコーチングスクールなので、一人一人が自分自身で学習に取り組むようになった時も嬉しいです。

    コーチングは自分自身で気づく、独り立ちへの第一歩を促す役割があると思います。プレゼンスのクラスはほとんどのクラスが2ヶ月です。2ヶ月のコースが終わった後、「また勉強しなくなりました」となってしまっては意味がないと思っています。プレゼンスのクラスを受講したことで、受講前と比べて、思考、生活、意識が向上したと感じて頂けたときは、コーチとして、とても嬉しいです。

  • 5.プレゼンスの魅力はどんなところだと思いますか?

    プレゼンスの最大の魅力は、ずばり【人】だと思います。

    私が受講生としてプレゼンスに通い、特に感じたことは、「どんなにデジタル化された世の中でも、人の情熱に勝るものはない」ということです。それぐらいコーチの持つパワーに背中を押されました。そんなコーチ達と接するうちに、「私もこんな風に受講生の皆様が成長する支援ができたら・・」と思い、この道を選びました。
    そしてまた、クラスの中ではコーチや受講生などの垣根を越えて同じ【人】として、切磋琢磨しあえる環境があるというのがプレゼンスの良さだと思います。

    コーチ陣はみんなとても個性的で、学ぶことが日々たくさんありますよ!

  • 6.休日はどのように過ごしていますか?

    趣味はダンスと映画鑑賞です。

    ダンスは、様々なジャンルのダンスに挑戦中です。公休日が平日なので、平日の昼間のクラスなどは空いていてラッキーだなと思います。LAのダンススタジオで1週間ダンス漬けの日々を送ろうと計画しています。

    家にいる時は、映画を見ます。専ら洋画派です。洋画の台本がネットにあるので、それを読みながら、

    ネイティブはこんな表現をするんだ!というのを確認したりもしています。

  • 7.では,最後に今後の目標を教えてください。

    ひそかに、【何でも屋コーチ】を狙っています!

    何でも屋というのは、まずは幅広いコースを担当できるコーチになることです。そのためには、私自身のスキルを上げていく必要があります。

    そして、組織の一員としても、幅広く貢献できる存在になっていきたいと考えています。自分の強みは、向上心だと思っているので、様々なことができるようにアンテナを張って、スポンジのように吸収していきたいです。



ぜひ無料説明会(約40分)にご参加ください。

約40分の全体説明の後、ご希望の方には個別カウンセリングを実施いたします。
受講生の様々なケースに応じて、コース選択や学習方法の相談も受け付けています。

お電話でのお申込み:0120-970-647