共に学ぼう PRESENCE×Coaches

ブログ

  • DATE:2014/07/24
    デイビット 高木の 『 5 Seconds English! 』   ~be proud of: 【熟】 ・・・を誇りに思う~ ~devalue: 【他動】 価値を低くする、低く評価する~ ~under any circumstances: 【熟】 どんな状況でも~   私のオーストラリア人の友人 Amanda が、何気なく facebook に投稿していた...
  • DATE:2014/07/19
    前回に続き、今回も道案内で使えるフレーズをご紹介します。   *****   道を尋ねたときに Go down this way. と言われたことはありませんか? 聞くたびに「下り坂でもないのになんでdownなんだろう?」と疑問に思っていました。 気になって調べてみると「down」には「~に沿って、~を」という意味があるんですね。  ...
  • DATE:2014/07/16
    プレゼンスコーチのロングです!   いきなりですが、 私は、とっても負けず嫌いな性格です。 でもその性格は、悪くないなあ、とも思っています。 何故ならば、それが私の生きる原動力だから。   もうずい分前の話になりますが、 学生の頃、私は部活少女でした。 バスケが大好きで、ずっとスポーツばかりしていました。 髪の毛もショ...
  • DATE:2014/07/11
    道案内をするとき、「右/左に曲がって」をどう表現しますか? turn right / left  はよく使う表現ですよね。 他の表現はあるのでしょうか? 今日はこちらのフレーズをご紹介します。 *****   Make a right / left. という表現はご存知でしょうか。 Go straight and make a right. Then,...
  • DATE:2014/07/06
    the bucket list 【名詞】 死ぬまでにやりたいことのリスト 【語源】 kick the bucket = 死ぬ(熟語)   the bucket list は、日本でもメジャーになった映画のタイトルでもありますが、 もともとは、首をつる前に足元のバケツを蹴ることから、このような言葉ができたとか。 あんまり良い語源ではないですね。 &...
  • DATE:2014/07/03
    come と go の違いに迷ったことはありませんか? comeは「来る」、goは「行く」という意味で覚えている方もいるかと思いますが、 実はどちらも「行く」の意味を持っています。 混乱し易い動詞ですので、 それぞれの単語の持つ”イメージ”を覚えると間違わず、 かつ、感覚的に使うことが出来ます^^   ★come:話し手や聞き手に向かう動作に使います。 例えば...
  • DATE:2014/06/27
      こんにちは!プレゼンスコーチの刈谷です。   本日は「Idealist とRealist」について。   Idealist とは理想主義者、Realistとは現実主義者です。   私は常にこの二つの言葉を大切にしています。   自分の理想を追い求めたい。   個人の目標...
  • DATE:2014/06/27
    今日はあいにくの雨ですね。 今回は、そんな梅雨空が続く日にぴったりの表現をご紹介します。 挨拶の後に「It's muggy today, isn't it?」など 天気の話を続けてみてはいかがでしょうか。   ***   cloudy =くもり overcast=一面どんより曇っている drizzly =霧雨の降る showery=にわか雨の ...
  • DATE:2014/06/24
    先日、小学校時代から付き合いが続く友人と、たまたま連絡を取る機会がありました。 彼女(Y さん)は、地元東京の日本企業にて4~5年ほど勤務したのち、 今年の3月に勤めていた化粧品関係の会社を退職。その後、米国サンフランシスコへ移り住んで 約4か月が経ちます。   しばらくぶりに近況報告の交換をと思い facebook を通して連絡を取ったところ、 米国生活を元気に楽...
  • DATE:2014/06/24
    本ブログで、プレゼンスからのメール配信【プレゼンス Newsletter】で 掲載した読み物を再掲しております。 その他のコンテンツやタイムリーなイベント情報、勉強にまつわるTIPSを お届けする【プレゼンス Newsletter】のご登録は、どうぞこちらへ! https://www.presence.jp/newsletter/ **********************...