ブログ

blog

~今日から使えるTips&フレーズのご紹介Vol.20~

2014/02/14 (金)

*********
単語暗記にも2つの回路があります。
「知っている・わかる」の、Passiveなボキャブラリー力。
もうひとつが「使える」の、Activeなボキャブラリー力。
Activeなボキャ力のほうが、難度が高いですね。
まずはTOEIC対策などで、「英語から日本語が分かる=Passiveなボキャ力」のインプットをしたあとに、
同じ単語を「日本語から英単語を言える・書ける」の回路でインプットしていくと、
徐々に「使える」のActiveなボキャ力が付いてきますよ。
Passiveで覚えた単語も、使うシチュエーションなどをイメージして、より早くActiveな力に変換したいですね。
(船橋)
*********
以前船橋コーチがfacebookに投稿していたものをご紹介しました。
大学受験のときにあんなに単語を暗記したのに・・・
いつも使ってる単語が同じ・・・
英会話力をつけようと単語を暗記していると、
必ずといっていいほど思うことではないでしょうか。
実際に私はそうです^^;
「知っている・わかる」ゾーンにある単語を「使える」ゾーンに移行する必要がありますね。
そこで、今回は私の実体験をご紹介させてください。
たとえば、
「remind A of B」は「A(人)にB(人・物・事)を思い出させる」ですよね。
でも、これをいちいち考えていたら、リアルタイムの会話についていけません。
どっちがAでどっちがBだっけ?
なんて悩んでるうちに別の会話に移ってしまいます。
そこで、この表現を使った英文を何回も何回も口に出してなじませました。
私は、Avril Lavigneの「When You’re Gone」の中のこの歌詞がお気に入り。
↓↓↓
♪Everything that I do reminds me of you.
自分のすること全部が私に(=A)あなた(=B)のことを思い出させる
恋人が去ったあとの悲しい歌なのですが、
このフレーズを使うシチュエーションまで想像できるのでスッと頭に入ってくるんです。
なんでも良いから、なじみやすい英文を繰り返していれば、口が勝手に動くようになります。
使う英文は、自分で作るも良し、単語帳に載っているものでも良し。
 
試しにこちらを10回繰り返してみてください。
reminds me of you
reminds me of you
reminds me of you
・・・「reminds」といったら反射的に「me」が出てきませんか?
そうなれば、あとは意識して実際の会話で使うだけです。
「使える」ゾーンに表現が1つ増えましたね^^

その他の投稿

先日、初雪が降りましたね。 日に日に寒さが厳しくなってきましたが 皆さま風邪などひかれていませんか? さて、今日はこんな...
冬晴れって、湿気がなくてクリアな空がとってもきれいですよね。 夏の空も高くて好きですが、冬のクリアな空も大好きです。 で...
寒い日が続いていますね。 今日は気温に関してのTipsです。   アメリカの天気予報で「80」や「100」とい...
意外と日常英会話が難しい! と感じたことのある方が 多いのではないでしょうか? 身近な話だから簡単だろうと話し始めてみる...
*** I am nuts about snacks!!! *** 海外のお菓子のご紹介 一緒に英語の表現も覚えましょう...
「たくさんの~」と言いたいとき、 どんな表現が思い浮かびますか?   many ~ much ~ a lot ...
こんにちは! 先日のクラスで 「二日酔いってなんて言うんですか?」という質問があったので こちらでもシェアしようと思いま...
前回に引き続き、 似た意味だけどニュアンスが違う単語をご紹介します。   「doubt」「suspect」の違...

Events イベント

Contact お問合せ

無料説明会お申込み・ご質問・ご相談はこちらから
受付専用フリーダイヤル
0120-970-647
受付時間 火~土※祝日を除く 11:00~18:00