ブログ

blog

10,000時間の法則というものがあるらしい

2014/02/12 (水)

24
168
720
8760
 
この数字は、なにかって?
 
24 = 1日
168 = 1週間
720 = 1ヶ月
8760 = 1年
 
そう、「時間」
 
Presenceでコーチをしていると
時間との付き合い方というテーマでお話をすることが多いです
 
168時間-睡眠時間-仕事時間-その他=〇〇時間
そこから20時間以上、確実に英語学習に時間捻出するためには?
といった具合
 
 
話は変わり
「10,000時間の法則」って、聞いたことありますか?
 
何かのジャンルにおいて「世界レベル」「天才」と呼ばれるレベルに達するには
その対象に打ち込む量が10,000時間を超える必要がある
これ、10,000時間の法則と言うそうです
 
*ちなみに
日本人が英語を母国語並みに習得しようと思った時に必要な時間は2200時間~
というような説があります (諸説はあると思うんですが)
 
1年365日、毎日4時間かけても1500時間程度
ということは、7年ぐらいかけて「天才」になれる
 
これ、どう捉えます?
 
わたし個人的には
瞬間風速的な「燃えるような、想い」を抱くことは出来ても
それを継続することに、大きな大きな課題を持っています。
 
できる できないもそうだけど
やる やらない
そして、やり続ける人こそが、成果を出すんだなぁ…
 
これだ!
と思うモノに関して。どの程度時間を積み重ねてきたか。
そして、これからどの程度の時間を積み重ねていくか。
記録を取ってみるのは面白いかもしれませんね。

その他の投稿

本ブログで、プレゼンスからのメール配信【プレゼンス Newsletter】で 掲載した読み物を再掲しております。 その他...
本ブログで、プレゼンスからのメール配信【プレゼンス Newsletter】で 掲載した読み物を再掲しております。 その他...
本ブログで、プレゼンスからのメール配信【プレゼンス Newsletter】で 掲載した読み物を再掲しております。 その他...
  この度、PRESENCEでは、口コミで2万5000人以上の方が学んだ元祖英語コーチングスクールのTO...
本ブログで、プレゼンスからのメール配信【プレゼンス Newsletter】で 掲載した読み物を再掲しております。 その他...
本ブログで、プレゼンスからのメール配信【プレゼンス Newsletter】で 掲載した読み物を再掲しております。 その他...
  前回の記事では「企業で求められるTOEICスコアの代表例」を業界・分野・事業内容などの種類で例を出し...
本ブログで、プレゼンスからのメール配信【プレゼンス Newsletter】で 掲載した読み物を再掲しております。 その他...

Events イベント

Contact お問合せ

無料説明会お申込み・ご質問・ご相談はこちらから
受付専用フリーダイヤル
0120-970-647
受付時間 火~土※祝日を除く 11:00~18:00