ブログ

blog

~今日から使えるTips&フレーズのご紹介Vol.17~

2014/01/25 (土)

こんにちは!
語学の勉強をしていると、必ずぶつかる壁があります。
その1つが”ニュアンス”ではないでしょうか?
日本語訳が同じ英単語が複数ありますよね。
「どんな違いがあるの?!」
「そんなの覚え切れない!」
と、英語学習を断念してしまうきっかけにもなり得るのが”ニュアンス”だと思います。
そこで、以前山田コーチがFacebookに投稿した内容を今回はご紹介しますね。
*******
argue
discuss
debate
すべて日本語では「議論する」と訳します。
普段、英会話上級コースを担当していて、
必ず質問に挙がるのが、この「議論する」の使い分けです。
argueは、激しい議論の時(おもに夫婦喧嘩?)
discussは、意見交換の時
debateは、勝敗をつけたり、どちらかに決めごとをする時、
それぞれ使うそうです。
英語が「難しいな」と感じるのは、
同じ日本語訳でも、単語によってニュアンスが違うことです。
でも、ニュアンスの違いを気にして、話すことを躊躇ってはいけません!
伝わればいいのです!!
ちなみに、
先ほどの「議論する」の使い分けを私が知ったのは、実は結構最近だったという事実は、ここだけの話にしてください^^

その他の投稿

先日、初雪が降りましたね。 日に日に寒さが厳しくなってきましたが 皆さま風邪などひかれていませんか? さて、今日はこんな...
冬晴れって、湿気がなくてクリアな空がとってもきれいですよね。 夏の空も高くて好きですが、冬のクリアな空も大好きです。 で...
寒い日が続いていますね。 今日は気温に関してのTipsです。   アメリカの天気予報で「80」や「100」とい...
意外と日常英会話が難しい! と感じたことのある方が 多いのではないでしょうか? 身近な話だから簡単だろうと話し始めてみる...
*** I am nuts about snacks!!! *** 海外のお菓子のご紹介 一緒に英語の表現も覚えましょう...
「たくさんの~」と言いたいとき、 どんな表現が思い浮かびますか?   many ~ much ~ a lot ...
こんにちは! 先日のクラスで 「二日酔いってなんて言うんですか?」という質問があったので こちらでもシェアしようと思いま...
前回に引き続き、 似た意味だけどニュアンスが違う単語をご紹介します。   「doubt」「suspect」の違...

Events イベント

Contact お問合せ

無料説明会お申込み・ご質問・ご相談はこちらから
受付専用フリーダイヤル
0120-970-647
受付時間 火~土※祝日を除く 11:00~18:00