共に学ぼう PRESENCE×Coaches

~ 基礎を大切にする ~【プレゼンス Newsletter vol.064】より

  rss

本ブログで、プレゼンスからのメール配信【プレゼンス Newsletter】で
掲載した読み物を再掲しております。

その他のコンテンツやタイムリーなイベント情報、勉強にまつわるTIPSを
お届けする【プレゼンス Newsletter】のご登録は、どうぞこちらへ!

https://www.presence.jp/newsletter/

***********************************************************************

2017/12/15配信

学習TIPS ~ 基礎を大切にする ~

英語は学校では学問の一つのような位置づけにありますが、
実用という面を考えると「スポーツ」や「音楽」を上達させる過程に近い要素が多々あります。

共通要素の一つとして、上達には基礎力養成がかかせない点が挙げられます。

皆さんは一生懸命取り組んだスポーツや音楽の経験はありますか?
経験されたスポーツや音楽の「基礎」とは何にあたるでしょうか?

陸上であれば、筋トレや走り込み

水泳であれば、スクロールやビート板を使ったバタ足

バレーボールでは、サーキット、トスやレシーブ

野球では、素振りやノック

サッカーでは、ドリブルやリフティング

ピアノでは、バイエルやコード理論

歌であれば腹式呼吸や発声練習

造詣が深い分野であれば、その大切さをより実感できるかと思います。
基礎がしっかりしているからこそ、その上に高い技術が築いていけます。

それでは、英語で言う「基礎力」とはなんでしょうか?
プレゼンスは基礎力を3つに分けて考えています

・単語(幅広い語彙に対して、瞬時に意味・品詞・発音が言えるか?)
・文法(ポイントを人に説明できる理解度があるか?)
・英語脳(日本語を介さず理解できる英語がどのぐらいあるか?)

スランプで伸び悩んでいる方、基礎力固めはしっかり行えていますか?

TOEIC、TOEFLなどでスコアが頭打ちになっている方、
もしかすると基礎力の抜けが原因かもしれません。

応用は基礎の深堀です。
高い英語力を築くために、まずしっかりとした礎を築く。

基礎力を確認するため、そして強化していくために、今日何かできることはありますか?

(コーチ 吉田)



  rss