共に学ぼう PRESENCE×Coaches

~仕事のように学ぶ~【プレゼンス Newsletter vol.044】より

  rss

本ブログで、プレゼンスからのメール配信【プレゼンス Newsletter】で
掲載した読み物を再掲しております。

その他のコンテンツやタイムリーなイベント情報、勉強にまつわるTIPSを
お届けする【プレゼンス Newsletter】のご登録は、どうぞこちらへ!

https://www.presence.jp/newsletter/

***********************************************************************

2017/1/17配信
学習TIPS ~仕事のように学ぶ~

 

語学を学ぶというと、どうも「ちょっと習い事をしている」という感覚から
なかなか抜け出せない人が多いようです。

仕事の幅を広げたいから語学を学ぶ、
就職・転職で少しでも有利になるように語学を学ぶ、
こんな方は特にですが、自分の仕事と語学学習を切り分けて考え過ぎないことが大切です。

仕事と語学を天秤にかけてしまうと、ついつい仕事に重きを置いてしまうもの。
それは一方で語学学習を軽んじ、「ちょっと習い事をしている」という感覚になり、
最終的には「仕事の幅を広げる」というような目的が達成されないことにもなりかねません。

そこで、仕事と語学学習を天秤にかけるのではなく、その両方をできるようにするには
どうすれば良いか?と考えてみてください。

 

もっと具体的に言うと、語学学習も仕事の一環と捉えるとわかりやすいかもしれません。

例えばスケジュール作成1つとっても、仕事でクライアントとのアポを取るとき、
「8:00~11:00のどこかで、まあ、できれば打ち合わせしましょうか」
とはなりませんよね?

語学学習も同じように「9:00~10:00にこの範囲を音読する」といった具合に、
具体的に決めましょう。

 

文法の勉強でも同じです。
もし仕事でわからないことなどあれば

1.ネットで検索してみる
2.それでもわからなければ専門書を読んでみる
3.それでもわからなければ専門家に教えてもらう

などのアクションを取るはずです。

これが語学学習になると、とたんに「本を読んだけどわかりませんでした」となりがちです。

 

仕事のように学ぶと考えると、もう一歩取れるアクションが、
あるのではないでしょうか?

(文責:伊地知)



  rss