共に学ぼう PRESENCE×Coaches

【TOEICオンラインコース向け*コラム】#4 まず聞く・読むを鍛える

  rss

こんにちは!船橋です。

今年から始まった【オンラインコース】の製作を担当しておりますが、
先日嬉しいことが・・・。

私の担当していた、TOEICコースの無料セミナー@プレゼンス表参道 に、
TOEICオンラインコースをご受講いただいている方が(2名も)ご参加くださり、
それまではメールや電話コーチングでサポートさせていただいていた受講者様と
直接、フェイス to フェイスで、お話できたんです。
(私、よくTOEIC無料セミナーを担当しております。)

とっても心が震える、体験でした。直接、励ましのメッセージを
伝えられたことに感謝しました。

*******************************************************************

さて、先日も書いた内容ですが。
改めてTOEICというテストを紐解いてみると、
TOEICって、聞く(リスニング)、読む(リーディング)を中心にした、
英語によるコミュニケーションに必要な能力を、総合的に評価するテストです。

ですので、話す(スピーキング)、書く(ライティング)のチカラは、
TOEIC公開テストには必要ありません。
(※TOEIC SWテストでは、スピーキング力とライティング力が必要です。)

この「聞く(リスニング)」と「読む(リーディング)」というチカラは
【受け】のスキルであるため、
グローバルな英語力を獲得するには、
「話す(スピーキング)」と「書く(ライティング)」の
【発信する】スキルは別途、鍛えていく必要があります。

ですが、長期的に英語を勉強するのであれば、
【受け身】の勉強から始める事は決して間違いではありません!!!
(むしろオススメ)

最終的に「英語を流暢に話したい」という目標を持った方も、
焦らずに、まずは【受け身】で英語を覚えていった方が効率が良いと、
プレゼンスでは考えています。

柔道でも投げ技よりも先に【受け身】を練習しますよね!そんな感じです。
(受け身の練習は安全面の意味もあるのだと思いますが、笑)

とにかく、自分から英語を【発信】するためには、
まずは【受信】して、英語を蓄積することって、重要。

情報を【発信】するためには、
【受信】する以上に文法や単語力を
「使いこなすこと」が求められます。

そのために有効なのが、まずは聞く(リスニング)、読む(リーディング)という
【受け身】のチカラを鍛えるというTOEICの勉強です。

ということで、英語をより効率良く鍛えられる「勉強の順番」としても
TOEICを勉強してみるのが良い!ということを、ご紹介したいです。

そして、先日、TOEICセミナーでお会いしたお二人のオンラインコース受講者様に、
将来的に英語を「使いこなす」ために、今オンラインコースでTOEICの
勉強を積み上げているのは、とてもとても、大事なことなのだ、
と、改めてお伝えしたいです。

TOEICオンラインコース。
少しでも、どんなコースか知りたいな、と思ったら、ぜひお気軽に
ご相談ください。

presence@presence.jp

東京・表参道にあるTOEIC、TOEFL、英会話&中国語の短期集中コーチングスクール
「プレゼンス」では、貴方のグローバルな英語(TOEIC・TOEFL)力と勉強をサポートします。

また、プレゼンスのTOEICオンラインコースは「いつでも」「どこでも」授業の聴講が可能です。
思い立った時に、あるいはスキマ時間に、プレゼンス流の英語(TOEIC)勉強方法を確認できます。

英語(TOEIC)を勉強しはじめた方、もっと英会話を楽しみたい方
あるいはお仕事で使う英語(TOEIC・TOEFL)力をさらにブラッシュしたい方、
いつでもご相談ください^^



  rss