共に学ぼう PRESENCE×Coaches

【英語初級中級者向けコラム】#19.英語(TOEIC・TOEFL)の試験までにダイレクトに理解できる単語を増やす

  rss

こんにちは!

冬の寒さも一段落して、少しずつ暖かくなってきましたね!

季節は少しずつ変わっていきますが

「英語(TOEIC・TOEFL)の勉強も少しずつ…」ではないのが、プレゼンスです^^

 

今日は、英語を理解する力、“英語脳”に関するトピックを紹介します。

 

英語脳とは、「英語を英語の語順で、英語のまま理解できる力」のこと。

この英語脳が強化されていくと、よりスピードUPして、よりバラエティに富んだ英語に対して、

英語のまま理解できるようになるわけですね!

 

この英語脳の強化が、英語(TOEIC・TOEFL)のスコアアップに欠かせないのですが、

まずは英語を理解する「スピード」を鍛えていきましょう!

このスピードUPには、「定着」が大事です。

定着が深まれば「えーっと、これは…」と、考える時間を短縮でき、結果的にスピードアップに繋がります。

 

(プレゼンスの受講生さんは、きっとコーチから何度も「定着!!」と聞かされているのでは^^)

 

 

そして、「定着」した結果「スピード」が上がってくると、

「英語を英語のまま理解できる感覚」が出てきます。

 

おそらく

TOEIC・TOEFLの勉強を始めたばかりの初級者の方は

英語を理解するプロセスにおいて

①英語を日本語に訳す

②それを単語別に理解、または文法を理解する

③理解した情報を整理して、解法に挑む

―――というステップで、英語問題を解いていると思います。

 

しかし、「定着」した結果「スピード」が上がってくると、

“英語を英語のまま理解する”―――これが可能となります。

 

たとえば”I study English very hard.”という英文があります。

初めて英語に触れる小学5年生、6年生であれば

「私、勉強、英語、とても 厳しい」と単語ごとに訳し、それを文章に組み立てて処理します。

しかし、このブログをご覧になっている方なら、この程度の英文は直接理解しているはず!

なぜ日本語に翻訳せずにスッと理解できたかというと、英単語と英文法が定着しているから。

いわゆる「身についた」状態であるといえますね!

 

しかし、さっきよりちょっと難しくなると、単語でも苦戦します。

たとえば”intelligibility”という英単語・・どうですか?

「インテ・ル?インテリ?…ジ・リティ…」と読み、そこから意味を思い出す・・いや、この単語の意味は難しいですから、推測しようとしますよね。

 

intelligibility【名】
理解度、通じやすさ、明瞭(度)、了解度

 

それでは遅すぎるわけです(この単語は、おそらくTOEICには出てこない高難度ですが)。
ここでパッとわかった方は、この単語が定着しているということですね!

定着率は単語と接する機会に比例します。
つまり、たくさん勉強して全ての英単語と仲良くなってください――ということです^^

三寒四温、まだまだ寒い日もありますが、負けずに頑張りましょう!応援しています♪

 

東京・表参道にあるTOEIC,TOEFL,英会話&中国語の短期集中コーチングスクール

「プレゼンス」では、貴方のグローバルな英語(TOEIC・TOEFL)力と勉強をサポートします。

TOEICやTOEFL、IELTSで高得点を狙う方をはじめ、もっと英会話を楽しみたい、

あるいはお仕事で使う英語(TOEIC・TOEFL)力をブラッシュアップしたい・・・

 

そんな皆様、どうぞお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。



  rss