共に学ぼう PRESENCE×Coaches

【英語初級中級者向けコラム】#04. “Go to eleven”TOEICの点数は高めに設定しよう

  rss

こんにちは!

今年こそ運動の継続を!と思い立ち、毎晩ストレッチから腕立て、腹筋を始めました。

その初日、ふと“Go to eleven”という言葉が頭をよぎりました。

 

この“Go to eleven”というフレーズ。

高校時代に体育の先生が言っていた言葉で、

「人は10を目指すと10までの努力しかしない。だから11を目指すつもりで頑張りなさい」

という意味だと教えてくださいました。

 

たしかに、身の丈に合った目標では中だるみが起きやすくなりますし、

高すぎる目標はヤル気がなくなります。

ほど良く高い目標であればこそ、モチベーションの維持ができますよね!

 

この、“Go to eleven”ですが、実際には少し違った意味になのです。

1984年公開した「This Is Spinal Tap(スパイナル・タップ)」という映画に登場した、

架空のギタリスト「ナイジェル・タフネル」のセリフが語源となっているのですが、

タフネルは大音量にこだわるという設定で、その作品ではギターアンプのメモリが11まであり

「ボリュームを11に!」というセリフから“最大出力”や“通常のパワーを超えて”といった

意味合いとなり、今では最大音量を意味する慣用句にもなっています。

 

映画が公開された当時は、流行語になったそうです!

 

ちなみに“up to eleven”は〔音量・パワーなどが〕最大限度まで[を超えて]という意味です。

 

この、“Go to eleven”のフレーズを思い出し、改めて、

「10を目指すならば11を目指す」の気持ちで日々成長していきたい、と思いました。

TOEIC,TOEFL,英会話&中国語の短期集中コーチングスクールに勤めている身としては、

こういった志は決して忘れてはいけませんね!

 

よし、筋トレも頑張ろう!(笑)

10回で終わり、ではなく11回を目標に。(少ない?^^;)

 

東京・表参道にあるTOEIC,TOEFL,英会話&中国語の短期集中コーチングスクール

「プレゼンス」では、あなたのグローバルな英語上達をサポートします。

TOEICやTOEFL、IELTSで高得点を狙う方をはじめ、英会話の上達を目指す方、

英語での世界をもっと広げたい方、どうぞお気軽にお問い合わせください!

お待ちしております。



  rss