共に学ぼう PRESENCE×Coaches

壁にぶつかったとき

DATE:2014/12/10CATEGORY:Blog ブログ
  rss

受講生の方によく言われることがあります。

「英語は、勉強すればするほど壁だらけです」
勉強しはじめて、誰もが感じたことがあると思います。

英語学習は「継続」が肝心なので、壁にぶつかったときにも

くじけず続けられるかが上達のカギだと、私自身も日々、思います。
私自身そういうときは、具体的にビジュアライゼーションします。

まず、英語ができなくて悔しい思い、悲しい思い、恥ずかしい思いをしたことを

できるだけクリアに、思い出します。

そのあとに、それができるようになって変わった自分を想像します。
例えば、会議の場で本当はすごく言いたいことがあったのに、

英語を話せないことが原因でまったく発言ができず、

自分のやるせなさを感じたこと。

では、あのとき言えていたらどんな自分だっただろう?

カッコイイ自分を、具体的に想像してみる!

どのような場所で、どのような姿で、どのような発言をして、周りの人はどのような反応をするかまで、

具体的にビジュアライゼーションしてみる。

 

今の壁を乗り越えれば、その自分に一歩でも二歩でも近づくことができる。

とにかくやり続けなければ、近づくこともできない。

 

私自身、「自分の力を信じる」ことが、正直今でも苦手です。

でも、今をひとつひとつ積み上げることが未来につながると思うと、頑張る気力が生まれます。
英語の壁にぶつかったときは、まだ見えない将来の自分を想像してみてください。

「今」を大切に、積み上げることが、実現へとつながる道になる、と信じて!

 

畠中



  rss