TOEIC®とは?どんな試験か、他資格の違いなどの基本情報を解説

 

TOEIC®は大学生や社会人にとって定番の英語試験です。

「就活で必要と聞いて勉強しているけれど、英検ではダメなの?」「600点をとると、どれくらい仕事で活かせるの?」など、疑問がある人は多いのではないでしょうか。

本記事では、「TOEIC®がどんな試験か」「スコアごとの英語力・周囲の評価」「キャリア形成でのメリット」などを紹介します。

TOEIC®の全体像や身につく英語力を知ることは、勉強のモチベーションにつながります。これから勉強を始める人もスコアをさらに伸ばしたい人も、ぜひお役立てください。

TOEIC®とは

TOEIC®(トーイック・トイック)は、「Test Of English for International Communication」の略称であり、日本語にすると、「国際コミュニケーション英語能力テスト」です。ビジネスや日常のシーンで必要な英能力を測る試験として、アメリカのテスト開発機関「ETS」により作られました。

もともと認知度が高くなかったTOEIC®が知られるようになったきっかけの一つは、企業活動のグローバル化です。英語のコミュニケーション力を重視する企業が増えたことで、TOEIC®受験者も増加しました。

TOEIC®は今では、世界160カ国、約14,000団体で受験されるほど、規模の大きな試験となっています。

TOEIC®の種類

TOEIC®には、以下の通り4つの種類があります。

試験名 難易度 測定する能力
Listening & Reading Tests 中級から上級 聞く力・読む力
Speaking & Writing Tests 中級から上級 話す力・書く力
Bridge Listening & Reading Tests 初級(中学レベル) 聞く力・読む力
Bridge Speaking & Writing Tests 初級(中学レベル) 話す力・書く力

TOEIC®には4つの種類がありますが、就職活動や昇進時に提出を求められるのは、ほとんどの場合「Listening & Reading Tests」です。本記事で説明するのも、「Listening & Reading Tests」です。

TOEIC®の問題形式と配点

TOEIC®では2時間で200の問題を解くことになります。リスニングとリーディングに分けて、問題形式と配点を紹介します。

リスニングセクションの問題形式と配点は、以下の通りです。

パート 問題形式 問題数 およその配点
Part1 写真描写問題 6問 30点
Part2 応答問題 25問 125点
Part3 会話問題 39問 195点
Part4 説明文問題 30問 150点
合計 100問 500点(実際は調整が行われ495点)

リーディングセクションの問題形式と配点は、以下のようになっています。

パート 問題形式 問題数 およその配点
Part5 短文穴埋め 30問 150点
Part6 長文穴埋め 16問 80点
Part7 長文読解 54問 270点
合計 100問 500点(実際は調整が行われ495点)

 

TOEIC®とTOEFLの違い

TOEIC®とTOEFLは、どちらも英語力を測る国際的な試験ですが、目的が異なります。

TOEIC®の目的は、ビジネスや日常のシーンで使える英語力を測定することです。一方、TOEFLの目的は、英語圏(主にアメリカ)の大学・大学院で学業を修めるのに十分な英語力があるかを測ることです。

目的が異なるため、TOEIC®とTOEFLでは、必要とされる場面も違います。TOEIC®は就職活動や転職、昇級時に必要になりますが、TOEFLは留学の申請時に求められます。

英検との違い

TOEIC®と英検は、どちらも国内で知名度の高い英語試験です。しかし、試験内容が異なります。

TOEIC®では、ビジネスや日常の場面で使う英語の理解や速読力が求められます。一方で、英検で求められるのは、学校で勉強するようなアカデミックな英語の理解や精読力です。

TOEIC®と英検では、受験に向いている人も違います。TOEIC®受験がおすすめなのは、大学生や社会人です。ビジネス英語力を測るTOEIC®は、企業に重要視されており、就職活動や転職時にあると有利になります。

英検の受験がおすすめなのは、中学生や高校生です。学校教育に準拠した英検を受けることで、学習の到達度を確認できます。英検を取得していると、大学受験で有利になることもあります。

TOEIC®の点数ごとのレベル

TOEIC®は、英検のように合格か不合格かが決まる試験ではなく、実力がスコアで表される試験です。スコアは10点から990点と幅があるため、何点を目指すべきか気になる人もいるでしょう。

そこで、取得によりできるようになることと企業からの評価を、600点・700点・800点・900点の4つに分けてお伝えします。日本のTOEIC®の平均点も紹介するので、目標スコアが定まっていない人は、参考にしてみてください。

関連記事:TOEIC®の点数別の英語力の目安と得られる評価を解説

日本のTOEIC®平均点

日本でTOEIC®を運営する「IIBC」が公開した、2020年から2021年のスコア分布によると、日本人のTOEIC®平均点は約620点です。

受験者の属性ごとの平均点は、以下の通りです。

  • 大学生の平均点:574点
  • 社会人の平均点:612点

就職活動や転職に向けてTOEIC®受験を考えている人は、ライバルよりも優位に立てるよう、平均点の620点以上を目指すと良いでしょう。

TOEIC®600点の目安

「英語活用実態調査2019」では、600点から800点未満が「取引先・海外支店とメールでやり取りができる」レベル、600点未満は「挨拶ができる」レベルとされていました。

TOEIC®600点の英語力の目安は、英語を使った簡単なメールのやりとりができるレベルと言えるでしょう。

TOEIC®600点は、ホテルスタッフやキャビンアテンダントなどの英語を使う仕事の応募条件になっていることもあります。英語を使う仕事に就くなら、最低限取得しておきたい点数です。

関連記事:TOEIC®600点のレベルは?履歴書に書けるか、初心者でも取れるかを解説

TOEIC®700点の目安

TOEIC®700点の英語力の目安は、簡単な業務連絡や取引先・海外支店とのメールが可能なレベルです。TOEIC®600点の英語力では心もとない業務も、TOEIC®700点の実力があれば、問題なくこなせるでしょう。

日本人のTOEIC®平均スコアはおよそ620点なので、TOEIC®700点は履歴書に書いて評価される点数です。英語を使う仕事に就きたい人や、英語力をアピールしたい人はTOEIC®700点を目指してみてください。

関連記事:TOEIC®700点のレベルは?企業の評価や2ヶ月で取る方法を解説

TOEIC®800点の目安

TOEIC®800点の英語力の目安は、英語を使った複雑な業務や取引先とのやりとりが可能なレベルです。

実際に、「英語活用実態調査2019」という調査では、800点以上は「海外赴任ができる」レベルとされています。社内公用語が英語の「楽天」が社員に課しているスコアも800点です。

TOEIC®800点以上を取得している人は、全体受験者の約13%です。英語を重視している会社から重宝されるでしょう。
関連記事:TOEIC®800点のレベルは?正答率や就職・転職に十分かを解説

TOEIC®900点の目安

TOEIC®900点の英語力の目安は、英語会議への参加や単身での海外出張が可能なレベルです。

日本でTOEIC®を運営している「IIBC」が公開した統計によると、2019年度のTOEIC®受験者のうち、TOEIC®900点以上を取得した人は3.5%でした。

TOEIC®900点なら、英語を使った仕事に従事する人のなかでも、際立った存在となります。英語を武器としてキャリアを構築していきたいという人は、900点を目指してみると良いでしょう。

関連記事:TOEIC®900点のレベルは?何問ミスなのか、転職での活かし方を解説

参考:「英語活用実態調査2019

TOEIC®の点数を上げるための効果的な勉強方法

TOEIC®で点数を上げるためには、勉強効率を意識する必要があります。効率が悪いと、いつまでたっても目標に近づけません。

ここでは、短い時間で実力を伸ばすために知っておくべきポイントを紹介します。

  • リスニングの基本の勉強方法
  • リーディングの基本の勉強方法
  • 目標スコア別のTOEIC®勉強時間の目安
  • 目標スコア別のTOEIC®勉強方法
  • 短期間で点数を上げる方法はある?

少ない時間で目標に到達できるよう、それぞれ見ていきましょう。

リスニングの基本の勉強方法

リスニングの最も基本となる勉強方法は、「シャドーイング」です。聞こえてきた音声を追いかけるよう復唱することにより、英語のリズムが自然に身につきます。忙しい人も、シャドーイングは最低限行いましょう。

リスニング力を身につけるには、「ディクテーション」も有効です。ディクテーションとは、聞いた英文やフレーズを書き取る勉強法です。

しっかり聞こえた部分でないと、英文を書き出せません。ディクテーションをすれば、「本当は聞き取れていないけれど、わかった気になっている部分」を発見できます。

リーディングの基本の勉強方法

リーディング力を高めるためには、TOEIC®の問題集を解くことはもちろん、解き終わった問題を徹底的に復習することも重要です。

問題を解き終わったら、解答解説を読み込みます。間違えた問題や自信がなかった問題の解説は、特にしっかり確認しましょう。

一通り理解できたら、長文を音読します。すらすら読めるまで5回・10回と繰り返すことで、解いた英文に出てきた単語や文法を自分のものにできます。問題を解いただけでは身につかない部分も多いので、問題演習と復習は必ずセットで行ってください。

関連記事:TOEIC®のリーディング対策|時間配分やパート別のコツを解説

目標スコア別のTOEIC®勉強時間の目安

必要な勉強時間は、オックスフォード大学出版がTOEIC®を学習する教員に示した、勉強時間の目安を参考にしてください。

縦軸が現在のスコア、横軸が目標スコアです。

項目 350点 450点 550点 650点 750点 850点 950点
250点 200時間 425時間 700時間 950時間 1,150時間 1,450時間 1,750時間
350点 450時間 700時間 700時間 950時間 1,225時間 1,550時間
450点 225時間 450時間 700時間 1,250時間 1,550時間
550点 225時間 450時間 725時間 1,050時間
650点 225時間 500時間 825時間
750点 275時間 600時間
850点 325時間

参考:Oxford University Press

たとえば、現在350点の人が650点を取得するのに必要な勉強時間の目安は、700時間です。平日3時間、土日6時間のペースなら、6カ月から7カ月の期間が必要ということになります。

特に独学の場合は、英語力は伸ばすのにどうしても時間がかかるので、中間目標を定めて取り組むと良いでしょう。

関連記事:TOEIC®の点数を上げるために必要な勉強時間の目安と勉強方法

目標スコア別のTOEIC®勉強方法

目標スコアを取得するために必要な勉強法や、意識したいポイントを紹介します。以下のように、5つの段階に分けてそれぞれ説明します。

  • 500点
  • 600点
  • 700点
  • 800点
  • 900点

今の自分に必要な勉強法を知って、効率的に学習を進めていきましょう。

TOEIC®500点を目指すための勉強方法

TOEIC®500点を目指すなら、以下の5点を意識してください。

  • 中学内容を復習
  • リスニングはパート1・2を対策する
  • リーディングはパート5・6対策する
  • 音読する
  • 頻出単語を覚える

特に重要なのは、中学レベルから始めることです。TOEIC®の参考書には、英語が得意な人向けのものも多くありますが、難しいものを選ぶと、学習が続きません。

TOEIC®に出題されるのは、論文に出てくる難しい英語ではなく普段の会話やメールで使う英語です。中学の文法や単語で解ける問題も多いので、焦らず中学レベルから始めましょう。

■TOEIC®600点を目指すための勉強方法

TOEIC®600点を目指すうえで重要になるのは、以下の3点です。

  • 単語帳で基礎的な語彙を網羅
  • 中学英語の内容を完璧に
  • 英語特有の発音に慣れる

TOEIC®600点は基本的な単語や英文法が完璧であれば、狙える点数です。発展的な知識を身につけることよりも、基礎知識を一つひとつ丁寧に学習してください。

覚えるべき単語や文法は少なくはありませんが、スキマ時間を利用すれば、効率的に学習できます。通勤時間やランチの時間などを有効活用しましょう。

関連記事:TOEIC®︎600点のレベルは?履歴書に書けるか、初心者でも取れるかを解説

TOEIC®700点を目指すための勉強方法

TOEIC®700点を目指すなら、以下の3点を意識してください。

  • 出題傾向の分析や頻出単語をおさえる
  • 単語は発音やアクセントまで覚える
  • 高校英語の英文法を網羅

単語は、知っている数を増やすだけでなく、発音やアクセントまで覚えるようにしましょう。TOEIC®700点を取得するには、詰まらずに英語を読解・聴解する力が必要です。

単語の発音やアクセントがわかれば、英語のリズムがわかります。英語のリズムがわかれば、リーディングもリスニングもすらすらと行えます。

関連記事:TOEIC®︎700点のレベルは?企業の評価や2ヶ月で取る方法を解説

TOEIC®800点を目指すための勉強方法

TOEIC®800点を目指すうえで重要になるのは、以下の3点です。

  • 文法問題を問題集でアップさせる
  • TOEIC®で頻出する単語を意識して覚える
  • 長文のリーディングスピードを上げる
  • リスニング力はシャドーイングでアップ

特に意識したいのが、リーディングのスピードアップです。日本の学校教育では、速読よりも精読が重視されていることもあり、速読が苦手な人は多いです。

TOEIC®700点までなら、「1問1問を丁寧に解いて正答率を上げる」という方針でも到達できます。しかし、TOEIC®800点を取得するなら、速読力は必須です。

関連記事:TOEIC®︎800点のレベルは?正答率や就職・転職に十分かを解説

TOEIC®900点を目指すための勉強方法

TOEIC®900点を目指すなら、以下の4点です。

  • 苦手分野を無くす
  • 時間内に全問をすばやく解く
  • リスニングはシャドーイングでアップ
  • リーディングは精読でアップ

TOEIC®900点の取得には、スピードと正確さの両立が必要です。解き終わった問題のシャドーイングや精読により、本質的な英語力を高めていってください。

また900点を目指す人は、苦手分野をつぶしましょう。900点取得には、9割以上の正答率を求められます。正答率9割以上を目指すには、どんな問題でもスムーズに正答できる必要があります。

関連記事:TOEIC®︎900点のレベルは?何問ミスなのか、転職での活かし方を解説

短期間で点数を上げる方法はある?

2カ月間など、限られた期間に点数を上げるコツは、以下の2点です。

  • 目標点数を明確にする
  • 勉強のスケジュールを立てる

同じTOEIC®受験者でも、目標スコアによってやるべき勉強内容は変わります。目標スコアを明確にして、優先度の高い勉強に集中しましょう。

最低限必要な勉強がわかったら、スケジュールを立てます。受験日から逆算して、1日あたり必要な勉強を割り出すことで、効率的な勉強が可能になります。

関連記事:TOEIC®の点数を短期間で上げる2つのコツ|2ヶ月間で飛躍的に上がる方法は?

TOEIC®はキャリアアップ・転職に役立つ?

一定のTOEIC®スコアを取得していると、就職や転職、キャリアアップで優遇されやすいです。

英語を使う仕事に応募する場合は、即戦力として評価してもらえます。TOEIC®スコアが応募条件になっている求人にも挑戦できます。

応募するのが英語を使わない仕事でも、採用担当者に良い印象を与えられるでしょう。TOEIC®スコアは努力の証明にもなるためです。

TOEIC®が特に転職に役立つ業界

転職時にTOEIC®が特に役立つ業界は、以下の4つです。

  • 商社
  • 輸出入が多いメーカー
  • 旅行業界
  • 航空業界

たとえば、4大商社の一つである「住友商事」では、TOEIC®730点が昇格・昇進の条件になっています。グローバルメーカーである「ニトリホールディングス」は、TOEIC®650点から750点を社内公募の条件としています。

英語と関わりが深い仕事を希望するなら、TOEIC®が有利に働く場面は多いです。できる仕事の幅を増やすために、取得やスコアアップの勉強に早めに取りかかりたいですね。

関連記事:TOEIC®は転職では意味がないは嘘!強みになる根拠と役立つ企業・業界
参考:住友商事の人材育成|住友商事
参考:人材育成・処遇|従業員とともに|CSR情報|ニトリホールディングス

履歴書に書けるTOEIC®の点数

履歴書に書いて評価してもらえるTOEIC®スコアは、企業や職種によってさまざまですが、一般的には次の通りです。

  • 英語を使わない仕事:600点以上
  • 英語を使う仕事:750点から800点以上

600点が一つの基準になっているのは、日本のTOEIC®受験者の平均点が600点だからです。「キャリア形成を有利にしたい」という人は、600点を目標にすると良いでしょう。ただし、英語を使う仕事を目指すなら、750点から800点以上を目指すのがおすすめです。

TOEIC®で高得点を取得し、キャリアアップに活かそう

ビジネス英語力の証明になるTOEIC®で高いスコアを持っていると、就職や転職、昇進のときに有利になります。仕事で英語を使う人は750点から800点、英語を使う予定のない人は600点を目標に、勉強してみると良いでしょう。

「自分一人で勉強を続けられる自信がない」「限られた期間で確実に目標点を取りたい」という人は、「プレゼンス」の英語コーチングを受けてみませんか。

グループコーチングと手厚い個人フォローが組み合わさったプレゼンスが、モチベーションの維持も短期間の点数アップも実現します。95%の受講者が2カ月間の学習を完走。アップしたスコアは、平均「109.8点」です。

無料カウンセリングを実施中なので、今の勉強方法に不安がある人は、ぜひご相談ください。

効果的な英語学習のティップスと最適な学習プランを英語コーチがご提案!

→無料カウンセリングのご予約はこちら