コンサルタントに英語が必要な理由|就職・転職に必要なレベルは?

コンサル英語

事業会社のグローバル展開に伴い、コンサルティング業界でも、傾向として英語力の位置付けが高くなりつつあります。

英語がなければ成り立たない業界ではありませんが、コンサルティング業界では英語が使えると仕事の幅が大きく広がり、キャリアアップにつながります。

この記事では、コンサルタントに英語が必要な理由や、コンサルティング業界に就職・転職するにあたって求められる英語力のレベルについて解説します。

コンサルティング業界に興味がある方は、是非参考にしてみてください。

 

コンサルタントに英語が必要な理由

コンサルティングファームでは国内案件なら英語がなくても成り立つ場合が多いため、厳密にいうと英語は必須ではありません。

しかし、海外のクライアントを持つ場合や、英語での情報収集が必要な場合など、英語が出来ると有利に働く場面も多々あります。

 

案件の幅を広げるために英語が必要

コンサルティングファームにもよりますが、多くの現場では英語が必須のコンサルティング案件があります。

コンサルタントにとって英語ができなければそれらの案件にアサインされる可能性はゼロに近いですが、英語ができるだけでアサインされるチャンスは多くなります。

コンサルティングファームによっては採用条件に英語を必須にしているところもあり、これからコンサルタントを目指すなら英語の勉強は必ず行っておくべきです。

 

実際にコンサルタントとして働く人の口コミは?

弊社が独自に行ったコンサルタントとして働く方を対象に実施したアンケートでは、過半数の人がコンサルティング業に英語は必要と回答しています。

ただ、回答を細かに見ると「コンサルティング全般に必要」と答えている方がいる一方、「クライアントが外資系の場合以外では不要」と答えている方もおり、所属する業界や企業により意見が分かれています。

内容をまとめると、「仕事上やり取りするのが外国人」「情報収集に英語で書かれたレポートを読む必要がある」などの場合には、コンサルティング業で英語が必要だと言えそうです。

 

コンサルティングファーム別|必要な英語力

コンサルティングファーム(コンサルティング会社)によって、求められる英語力は様々です。

コンサルティングファーム別に必要な英語力をみていきましょう。

 

戦略系コンサルティングファーム

戦略系コンサルティングファームでは、多くの場合で英語力が求められます。

特に、海外の案件が盛んに共有されているコンサルティングファームでは高い英語力が求められます。

マネージャー以上のポジションを目指す場合は英語力が必須です。マネージャー以上のランクの場合、デリバリー(プロジェクトの遂行)部分より、セールス(プロジェクトを受注するための提案)部分において、外国人相手に深いリレーションシップを築くために、英語が重要となります。採用の段階でも、企業によっては筆記試験や面接での英語力を求められることがあります。

 

総合系コンサルティングファーム

総合系コンサルティングファームにも、英語力を求められるファームは多く存在します。

特に大手会計事務所系のファームは海外出身の人材の割合も多く、高い英語力が求められます。

 

実際に働く人の口コミ

実際に総合系コンサルティングファームで働く方にアンケートを取ったところ、読み書きに加え、英会話でも一定レベルの英語力が求められる場合があるとの回答がありました。

①30代・男性
サービスライン系は専門知識が英語で研修されるところが多いため、入社時から英語が必須です。具体的にはTOEIC®730点、読み書きが苦労なくできるレベルは必要です。

②20代・男性
私の仕事では、PMOとしてのインドやフィリピンメンバーのマネジメントをする時に英語を活用しています。読み書きが出来るだけでは不十分で、英語でのコミュニケーション能力も必要です。

 

シンクタンク系コンサルティングファーム

シンクタンク系コンサルティングファームは日系企業に紐づいているため、高い英語力が求められる機会は少ないです。

ただ、英語力があることで担当できる案件の幅が広がり、海外情報を収集できるなどの利点はあります。

 

実際に働く人の口コミ

実際にシンクタンク系コンサルティングファームで働く方にアンケートを取ったところ、必須ではないものの、英語力があるとプラスに働くとの回答がありました。

①30代・女性
クライアントが外資系の場合、英語は必要だと思います。ビジネス英語でコミュニケーションがとれるレベルがあるといいと思います。

②40代・男性
英語の報告書が読める程度の英語が出来ると、より仕事を円滑にこなせると思います。

 

IT系コンサルティングファーム

IT系コンサルティングファームでは、英語の需要が高まってきています。

海外技術の国内導入に伴ってニーズが高まっているため、英語を活かしたい方にはIT系コンサルティングファームは狙い目かもしれません。

 

コンサルティング業界への就職・転職に必要な英語(TOEIC®)のレベル

コンサルティング業界への就職・転職を考えている方のなかには、どのくらいの英語力が必要なのかと気にされる方も多いでしょう。

日本の企業では、英語力を測る指標としてTOEIC®のスコアが広く用いられています。

コンサルティングファームの書類選考では、おおよそTOEIC®スコア700点以上が一つの指標になっています。

業界 会社 スコア
戦略系コンサルティングファーム マッキンゼー・アンド・カンパニー 780点(キャリア採用の応募要件)
総合系コンサルティングファーム アクセンチュア
アビームコンサルティング
600点~800点(キャリア採用の応募要件)
730点(新卒入社時の取得目標)
IT系コンサルティングファーム 日本IBM 730点(キャリア採用の応募要件)

TOEIC®の直近10回(2021年11月現在)分の過去データでは、平均点が612.6点となっています。

コンサルティング業界への就職・転職の場合は、平均より英語ができる程度の英語力は必須になります。

※スコアの参考サイト
参考:Jobs|Careers|マッキンゼー・アンド・カンパニー
参考:グローバルシステムコンサルタント/エンジニア-テクノロジーコンサルティング本部(IES・ITS-IES)
参考:FAQ|経験者採用|アビームコンサルティング
参考:IBM – 日本

 

TOEIC®の700点以上のレベルは?

一般的な大学生のTOEIC®スコアは、500点〜600点と言われています。

TOEIC®の平均点は毎回610点程度です。

そのためTOEIC®のスコアが700点以上の方は、高度な英語に対応できるようになったレベルといえます。

一般的な英語が使いこなせる方はおそらくTOEIC®スコア600点辺りだと考えられるため、2ヶ月ほど勉強をして700点以上を目指すのがオススメです。

 

最初から完璧に英語ができなくてもよい

多くのコンサルティングファームでは、高度な英語力が採用の必須項目になっているわけではありません。

英語でのコミュニケーションに自信がない方でも、コンサルティングファームに採用される可能性は十分にあります。

とはいえ最低限の英語力は持っているものとされるため、勉強をしておくに越したことはありません。

 

面接では英語も見られる?

コンサルティングファームの採用面接では、英語面接が行われることがあります。

特に外資系の多くのコンサルティングファームでは英語面接が必須になっています。

TOEIC®はライティングとリーディングに特化したテストですが、英語面接を受ける場合には英語で受け答えのできるコミュニケーション能力が必要になります。

TOEIC®と並行して、コミュニケーションの訓練も必須です。

 

入社後に英語面接が課されることも

コンサルティングファームによっては、入社後にも英語面接を課されるケースがあります。

具体的には海外案件にアサインされる前に社内のプロジェクト責任者に英語面接を課される場合があります。

入社前から英語での高いコミュニケーション能力を見せることができれば、採用に向けて好印象を抱かれます。

 

TOEIC®でコンサルに必要な高いスコアを取得する方法

コンサルティングファームへ入社するには、TOEIC®で700点以上のスコアが必要であることがわかりました。

TOEIC®の平均スコアは610点程度なので、闇雲に学習するだけでそこまで到達することは難しいかもしれません。

TOEIC®のスコアを上げるには、自分に適した方法で、綿密なスケジュールを立てて学習する必要があります。

学習方法の知識に加え、スケジュール管理能力や達成のためのモチベーション維持が必要なため、自分一人でTOEIC®のスコアが上がるのか不安に思う方もいるのではないでしょうか。

そんな方は「プレゼンス」のコーチングをぜひご検討ください。

 

短期間でTOEIC®の点数を上げたいなら、コーチングで効率的な勉強ができる「プレゼンス」を使おう

「プレゼンス」では、TOEIC®スコアアップのための一人ひとりのレベルに合わせたコースを複数用意し、目標スコア達成を全力でサポートします。

コースには目標スコア別で600点・750点・900点などがあり、コンサルティングファームで求められるレベルのTOEIC®スコアも「プレゼンス」なら目指すことができます。

「プレゼンス」では20年間で27,000人超の卒業生を輩出しているため、これまでTOEIC®の勉強が思うように続かなかった方でも、最大限の成果が得られることを約束します。

どんな学習プランが自分にとって最適かを知りたい方は、まずは「プレゼンス」の無料カウンセリングにご参加ください。

効果的な英語学習のティップスと最適な学習プランを英語コーチがご提案!
無料カウンセリングのご予約はこちら