共に学ぼう PRESENCE×Coaches

動画で広がる英語の世界!【プレゼンス Newsletter vol.80】より

  rss

本ブログで、プレゼンスからのメール配信【プレゼンス Newsletter】で
掲載した読み物を再掲しております。

その他のコンテンツやタイムリーなイベント情報、勉強にまつわるTIPSを
お届けする【プレゼンス Newsletter】のご登録は、どうぞこちらへ!

プレゼンス News Letter

***********************************************************************

2018/6/8配信

動画で広がる英語の世界!~表現から考え方~

今回は、スターバックスの会長であるHoward Schultz(ハワード・シュルツ)氏が
2017年にアリゾナ州立大学で行ったCommencement Address(卒業式スピーチ)です。
スターバックス公式youtube:https://www.youtube.com/watch?v=NVekVtJ4104
※英文スクリプトと日本語訳は、最後にリンクを貼っています。
このスピーチでは、南アフリカで最初の店舗を
オープンしたときにある従業員の若者が言った言葉がメインテーマとなっています。
それは「ウブントゥ(Ubuntu)」という言葉で
「あなたのおかげです(I am because of you.)」という意味です。
そしてスピーチの中では、シュルツ氏が”Ubuntu”という言葉を
卒業生たちに送りたかった理由を、自分の生い立ちや
会社を大きくする過程で感じたことなどを含めて語っています。
スターバックスを世界的に成長させたHoward Schultzらしいと
個人的に感じた箇所を以下引用します。
“Summon your compassion , your curiosity, your empathy
towards others and your commitment to service.
Give more than you receive and I promise you,
it will come back to you in ways you can’t possibly imagine.”
「同情心、好奇心、感情移入、他人に尽くす気持ちを奮い起こしてください。
自分が受けた以上に他の人へ与えてください。
そうすれば自分が思ってもみなかった方法で返ってくると約束します。」
きっと、みなさんにも”Ubuntu”と言いたい人がいるはず。
パッと思い浮かんだ方は誰ですか?
その方に感謝の言葉を伝えきることは出来ていますか?
私も恩師に連絡をして、感謝の言葉”Ubuntu”を伝えよう、
と思った素敵なスピーチでした。
(コーチ 有馬)


  rss