体験談

TOEIC 750点コース

TOEIC 665点 ⇒ 870点 205点アップ!

課題の量こそPRESENCE流
Y.Kさん(34歳・金融機関・男性)

TOEIC750点コース受講直後のTOEICで870点獲得。受講前のスコア665点だった私が、まさか、たった8週間で200点以上のスコアアップを実現出来たことは今でも信じられません。

これまで英語力強化の必要性を認識しつつも、仕事の忙しさを言い訳に、なかなか具体的な取り組みを出来ずにいましたが、某雑誌の特集で偶然プレゼンスの存在を知り、一念発起、TOEIC750点コースへ申し込みました。

TOEIC750点コースでは、評判通り(笑)、毎週コーチから膨大な量の課題が出されます(しかも週を追うごとに課題の量が増えていきます!)。
さらに、翌週のクラスでは課題の確認テストが行われ、その結果をクラスメイトの前で発表することになることから、相当なプレッシャーです。
私も750点コース受講中は、毎週出される課題をやり切ることで精一杯の状態でしたが、今思い返すと、この課題への取り組みにより、私に不足していた英語の「基礎力」が養成され、スコアアップにつながる最大の原動力になったと確信しています。

正直、750点コース受講中の8週間は、仕事の繁忙等も重なり、迷ったりモチベーションが低下した時もありました。そんな時に背中を押してくれたのは、毎週のクラスや課題の進捗状況を中間報告した際のコーチやクラスメイトからのコメントやアドバイスでした。
それぞれの取り組みや悩みをコーチ、クラスメイトと共有して、一緒に目標達成に向かって取り組める仕組みこそがPRESENSE流の大きな強みだと思います。
もし、独学だったら、8週間であの勉強量をこなすことはとても無理だったに違いありません。

とにかく毎週の課題に追われた750点コースの8週間でしたが、コース後のTOEIC受験直後では、結果に全く自信がありませんでした。
手応えもイマイチで750点獲得さえも自信がなかったのですが、ふたを開けてみると870点獲得。正直、何かの間違いではないかと思い、結果が表示されているWebページを何度も再読み込みしたほどです(笑)。

PRESENCEとの出会いがなければ、こんな体験をすることは決してできなかったと思います。とても刺激的な8週間を提供してくれたコーチ、クラスメイトに心から感謝しています。8週間指導して下さったコーチ、クラスメイトのみなさん、本当にありがとうございました!!

ちなみに私は、その後、900点コースを継続受講し夢の900点台(905点)の獲得に成功しました!改めてPRESENCEには感謝です。本当にありがとうございました。

Y.Kさんが受講された750点コースはこちら


TOEIC 650点 ⇒ 835点 185点アップ!

自分でもやればできるという自信が身に付きました!
R.Sさん(39歳・通信業・女性)

私がPRESENCEを受講したのは、会社がグローバル事業を展開していることもあり、英語が必要とされるビジネス場面が多くなってきたこともありますが、昇格条件でTOEIC650点以上が必須となったことが一番のきっかけです。
650点のボーダーライン付近のスコアにいた私は、試験直前に対策本を買い漁って読んでみるものの、なかなかスコアがなかなか伸びないという状況でした。
2か月で本当にスコアが伸びるのか?と疑いながら、ちょうど主人が1年前に受講し150点近くスコアアップしていたので、半信半疑ながら750点を目標にPRESENCEに通うことにしました。

PRESENCEに通って最終的にはスコアが上がったのですが、それ以外にとても良かったことが3点ありました。
まずは「勉強をする習慣がついたこと」。
次に「英語の勉強が楽しく感じられたこと」。
そして「自分でもできるという自信がついたこと」です。

PRESENCEに通うまでは自分で毎日コツコツ勉強できるか非常に不安でした。
しかしPRESENCEでは、単語・文法・リスニングそれぞれに、どんな勉強の仕方で、どのくらいまでできるようにしたらいいのかを細かく教えてくれます。
やることが明確になっているから、自分の勉強の計画も立てやすく、1日2~3時間程度勉強する習慣が自分でも驚くくらいスムーズに身に付きました。残業や家事もあり、まとまった時間がとれないことも多かったですが、10分程度の隙間時間も逃さず勉強にあてていました。

宿題の量は事前に主人から聞いていた通り多かったですが、つらいと思うことはありませんでした。
それはコーチとクラスのみなさんの存在が大きく、コーチは毎週一人一人に丁寧にアドバイスし、くじけそうな時も励ましてくれましたし、クラスのみなさんはモチベーションが高く、わからないことや勉強方法をお互いフランクに相談できる環境でした。
毎週2時間半のPRESENCEでの時間がいつもあっという間に感じておりました。

回を重ねるごとに少しずつスキルアップしている実感はあったものの、目標としていた750点がとれるか最後まで不安でした。
特にリスニングが苦手で最後までなかなか聞き取ることができず焦りもありましたが、コーチの「やることをやれば必ずできる」という言葉を信じ、試験当日までPRESENCEのメソッドにそって勉強しました。
結果は自分でも驚く835点でした。苦手としていたリスニングがリーディングより得点が獲れていたことも驚きでした。あれだけ自分で勉強してスコアが伸びなかったのに・・・自分でもやればできるのだと自信がつきました。

750点という目標は達成しましたが、せっかく勉強する習慣が身につき、英語って楽しいと思えるようになってきたので、今は900点台を次の目標にしようと思っております。PRESENCEに通う前はこんな風に考えるとは思ってもいなかったので正直自分でも驚いています。これもコーチそして、クラスのみなさんのお蔭です。

ぜひ1人でも多くの方がPRESENCEで同じ喜びを見つけていただければと思います。

R.Sさんが受講された750点コースはこちら


TOEIC610点 ⇒ 810点獲得 200点UP!

勉強嫌いで勉強をしたことがない僕が、まさか2ヶ月で800点突破!
Y.Uさん (40歳・企業経営者・男性)

仕事をしていくにあたって、明らかに英語を身につけたほうがいいと感じてはいたものの、なかなかきっかけもなく、日々に忙殺され、気がつけば、1年、そして1年と過ぎ去っていました。僕は、日頃、部下に対して、「『緊急ではないが重要である仕事』をできるヤツこそが、デキるビジネスマンなのだ!」と、偉そうに言ってるくせに、僕にとって、英語力のアップこそが、まさに『緊急ではないが重要である仕事』であることは気付いてはいました。その事実を、見ないようにしていたのだと思います。

4月にひょんな事から、TOEICの点数について友人とちょっとした賭けをすることになり、せっかくなのでこのタイミングを逃すまい、ちゃんと勉強しよう。まずは、知り合いからを勧められたPRESENCEの説明会に行くことにしました。

最初はもちろん不安でした。

まず僕は勉強が大嫌いなのです。僕自身、小学生の時はもともと成績が良かったのですが、小学校受験でエスカレーター式の中学に入学し、それ以降、一切の勉強をせずに底辺の成績で大学を卒業。嫌いすぎて勉強をしなかったのです。それに加えて、社会人になってからは勉強をする時間がほとんどないのです。今の仕事が楽しすぎて、もともと毎日3時間ぐらいしか寝られない日々を過ごしていたのです。こんな僕でも、本当に勉強をするのだろうか、と思っていました。

でも、説明会に行って話を聞き、PRESENCEを調べれば調べるほどそんな不安は無くなっていきました。これは「いける!」と思えたのです。

いけると思った1つ目の理由は、このPRESENCEという会社が、就職活動の際に読んでいた、『絶対内定』を出版している会社だったからです。この本は、僕の人生に最初に衝撃を与えた本でした。「自分の人生の目標を自分で考えて、そのために行動すべきことをする。」当たり前のことながら、実際はなかなかできていない。僕は、この本のおかげで、自己分析を通じて、行動できる自分になりました。そのPRESENCEで学べるのであれば、僕はちゃんと行動するのではないか、と思いました。

2つ目の理由は、授業の内容や勉強の進め方が、明らかに合理的だったからです。英語を身につけるにあたって、「どうしても避けて通れない知識アップやスキルアップを、これ以上減らすことはできないという最低限の時間で、突破していこう」そういうメソッドでした。僕は、ムダだとか、非効率だと思った瞬間にやる気がなくなるタイプなのですが、説明会で聞いたPRESENCEの勉強の仕方は、ムダがなさすぎて、逆に聞いているだけでやりたくなるものでした。

説明会での僕の感想としては、7〜8割の確率で100点アップはできるな、仮にダメでも一定水準の英語力はアップするだろう、そう確信できました。

実際のクラスでは、この「自分の目標をしっかり見つめる」「効率的」という2つの要素に加えて、クラスの仲間と、コーチの存在が大きかったです。

実のところ、最初のうちクラスの中では、完全に僕は、落ちこぼれでした。クラスの皆さんは、いつも、満点近い点数。僕は、それにはまったく歯が立たない点数。皆さんが、「●●さん、また満点か!すごい。私もがんばろう!」と緊張感を高めている中、僕がそのクラスの緊張感を崩しているのが明らかで、辛かったです。クラスのみなさんの事を思うと、せめてもうちょっとがんばらないと、と強烈に感じるわけです。

それに、コーチがすごかった。学び方を伝えてくれるのは当然のことながら、僕が基本となる宿題すら終えられていないときも多かったのに、コーチは、一生懸命に教えてくれて、励ましてくれて、前向きに捉えてくれた。コーチがこんなにがんばってくれるのに、がんばれてないのが辛い、もっとやらないと。毎週そう感じさせてくれました。

説明会では、「週に15時間から20時間は勉強時間を確保してください」とは言われたものの、仕事をしながらの時間捻出は本当に大変だった。平均すると、スキマ時間(通勤時間、移動時間、食事、車の運転時間など)で週10時間、机の上で勉強する時間を週で5時間。そうやってどうにかやりくりして捻出できた時間で集中的に勉強していました。
週に何度か、仕事を終わらせた深夜12時ぐらいから近くのスタバで、コーヒーを飲みつつ、大音量の音楽を聞きながら、カウンター席で座らずに立って、ムヒを目の周りに塗りながら、勉強していました。

そして、テスト当日、テストが終わった瞬間には、目標の100点アップは達成したという十分な手応えがありました。すごい満足感。生まれて初めて、勉強がんばれたー!できたんだ!しかしながらなんと、3週間後に届いた点数を見てみたら、810点、まさかの200点アップ。こんな僕でも、200点アップが実現できるなんて。はっきり言って、もはや自分がやった気がしません。PRESENCEのおかげ、コーチのおかげ。PRESENCEとコーチに、やられたー!というかんじです。)

一度でも、PRESENCEを受講してこのPRESENCEのメソッドが分かれば、その後も効率的に一人で勉強していけると思います。でも、僕はこのプレッシャーがないととても勉強ができないと思い、750点コースが終了次第、迷わず、900点コースの申し込みをしました。

またPRESENCEが始まるのか、と思うと、これからの2ヶ月が怖くもあり、楽しみでもあります。

Y.Uさんが受講された750点コースはこちら


TOEIC785点→920点獲得 135点UP!

Non- Nativeでも2ヶ月で785点→920点(リスニング満点)取れました!
K.Y(31歳・外資系コンサルティング会社勤務・女性)

私が最初にPRESENCEの門をたたいたのは、2003年4月のことでした。当時大学3年生(20歳)だった私は留学経験もない完全なNon-nativeで、昔から英語にコンプレックスを持っており、TOEICは500点代半ばでした。本屋でたまたま手に取った「TOEICテスト900点・TOEFLテスト250点への王道」を見てここなら、と思いPRESENCEの受講を決意しました。当時はまだTOEICとTOEFLが同じクラスで場所も今とは違ったのですが、社会人の方々に交じって2ヶ月間みっちり英語に浸った結果、2ヶ月で目標の790点を取ることができました。この自信とPRESENCEで培った人脈が私の人生を変え、結果的に今の会社で働いているという現状があります。
あれから10年・・・、30歳になった私は、仕事でも海外のメンバーとやり取りをする機会が増え、5年前に異動した部署では同僚の多くが英語を自由に使いこなすという環境。まさに私にとっては人生2度目の英語コンプレックスとなりました。会社自体もGlobalな人材育成に益々力を入れ始め、メールは日本語よりも英語がまず上にくる。そろそろ本気で英語をやらないとまずいなと思い始めた時に・・、ふと頭をよぎったのが10年前に通ったPRESENCEのことでした。
とにかく英語に集中的に取り組んで英語が苦手と思いこんでいる自分を変えたい、周りの同僚に負けないようなTOEIC高得点のスコアを持ちたい、10年前のあの情熱を思い出したい、等々、そんな思いから10年ぶりにPRESENCEの門をたたきました。
10年ぶりに通ったPRESENCEは・・・洗練されたメソッド、情熱的なコーチ陣、選び抜かれた学習教材などに関して、以前とまったく変わらぬスタイルで、さらに短期間でスコアアップを図る方法やツールなどがより研究・改善されている印象でした。
「PRESENCEで教わったことを2ヶ月間やりぬくだけで、本当に高得点がとれる」というのは何よりも過去の自分が証明しているので、今回も自信を持ってコーチの言うことだけを信じ(笑)、教わった学習を貫きました。
結果、受講直前に受けた公式テストの785点(L390、R395)から、受講直後に受けた公式テストで920点(L495、R425)に135点もUPしました!
2ヶ月という短期間で大幅にスコアアップを達成できた秘訣は、ずばりPRESENCEの下記の3つの特徴にあると私は思っています。

  1.   1.情熱のこもったコーチ陣による、きめ細やかなコーチングと1人1人への違った指導
  2.   2.洗練されたメソッドと教材
  3.   3.少人数だからこそ盛り上がる、クラスの仲間との励まし合い

1.について、
受講開始当初、私は850点を目標にしていました。元々リピーターということもあり宿題をこなすペースなどは多少心得ていたので、単語テストは毎回満点を取っていました。すると担当コーチから、「●●さん(私)はもっと目標をあげて900点を目指しましょう!宿題もできたら前倒しで進めてください!」と言われ、個別の課題を与えていただきました。結果、目標をストレッチすることにより自分で決めていた限界を突破し、想像以上にハイペースで課題をこなすことができ(第4週には全課題を完了)、余った時間で+αで頂いた課題を頑張ることができました。高い目標を、熱意をもって設定してくれたコーチに感謝です!
また、公式テスト前のPRESENCE主催IPテストの1週間前に模試を受けたのですが、時間配分を間違えて大きな失敗をしてしまい、すっかり落ち込んでしまったことがありました。その際、コーチに個別にメールを打ったところ即返信が来て、これから何をすべきなのか親身にアドバイスいただき精神的に立て直すことができました。(結果、IPテストでは915点を獲得できました。)このようなメンタルな部分での親身な指導も、このスクールの特徴だと思います。
2.について、
PRESENCEでは、コーチ陣により研究しつくされた高得点取得のためのメソッドと、その瞬間瞬間で最も効果的な教材を示唆してもらえます。私は留学経験もなくごく一般的な英語教育しか受けてきませんでしたが、2ヶ月間PRESENCEのメソッド通りに教材をこなすことで、Non-nativeの私でもリスニング満点を取ることができました。900点越えを共に果たしたクラスメイトも本番で同じくリスニング満点を取ったと伺っており、PRESENCEのメソッドさえ身につければ誰でも満点は不可能ではないと感じています。
3.について、
PRESENCEでは、メーリングリストでクラスメイトと課題の進捗状況を共有し、励まし合えるシステムがあります。少人数制なので仲良くなりやすいだけでなく、他の方が一緒に頑張っているのを身近に感じられるので、宿題ちょっと辛いな~と感じた時も「●●さんも頑張っているから私もあともう少し頑張ろう!」といったように、大変良い刺激を受けることができます。周りの頑張りが良いプレッシャーになるので、独学よりもはるかにモチベーションが上がり高い意識を保ちながら勉強しやすい環境です。
受講後は目標を達成できたことが自信に繋がり、また業務で英語を使う際に苦手意識がなくなり、効率が上がりました。さらに、PRESENCE流にメリハリをつけて仕事もプライベートも全力で取り組むようになり、人生の活力ももらえた感じです。宿題は大変ですが(私の場合は毎週25時間~40時間以上の勉強量でした)、本気で勉強すれば必ず目標点数が取れるスクールなので、本気でTOEICの点を上げたい方にはおすすめです。

K.Yさんが受講された750点コースはこちら


TOEIC575点→770点獲得 195点UP!

メソッドを信じて突き進めば、必ず大きな歓びを味わえる!
S.Kさん(35歳・会社員)

会社の上司の勧めにより、半ば強制的に通うことになったPRESENCE。
仕事上TOEICのスコアが昇格要件になっており、それまで独学でそれなりに勉強はしてきたものの思うようにスコアは上がらず、自分に英語は向いていないと諦めていました。
事前説明会に参加した際、「私たちは英語は教えません。勉強の方法を全力で指導します。毎週の課題をしっかりとやっていただいた方は、必ずスコアが伸びます。」というようなお話がありました。200点以上スコアを伸ばした方の成功事例なども伺い、そこまで自信をもって断言するのなら2ヵ月だけ賭けてみよう、と腹をくくりました。

最新のスコアは575点で、750点コースの入会を決めました。
そこからの2ヵ月間、今まで使っていたテキストはすべて忘れ、コーチの言葉を信じて与えられる課題だけをひたすらやりました。毎週のレッスンの中では膨大な量の課題が出されますが、何をどうやって勉強したらいいのかかなり具体的に指示が出るので、迷うことなく集中して取り組むことができます。私はどうしても2ヵ月でスコアアップしたかったので、平日4時間、土日は10時間の勉強を欠かさず継続しました。でも辛いと思ったことはありません。なぜなら授業が進むにつれ、これさえやればスコアアップできる!という確信が持てたからです。自分で課題をやって臨むことが大前提の授業なので本気と覚悟が必要ですが、英語を勉強する時間欲しさに仕事も効率的に進めるようになり、毎日が充実していつの間にか英語の虜になっていました。

仕事が忙しくて勉強の時間が捻出できない、どうしても聞き取れないセンテンスがある、単語が覚えられない、速読のスピードがアップしない・・・等々、抱える悩みは皆同じでしたが、レッスンの中で時間管理の仕方や試して上手くいった勉強法をみんなで共有したり話し合うことで、戦っているのは自分だけではないという勇気をもらいました。この励まし合い、刺激し合える仲間の存在が、常にとても大きな力となりました。また、コーチがリスニングでつまずいていた私に「音読」が足りないと、レッスン後でも個別に音読の練習に付き合ってくれたこともありました。PRESENCEのコーチは、こちらが真剣にやらなければ申し訳ないと思えるほど根気強く熱心にサポートしてくれます。やれば必ずできると最後まで信じてご指導いただいたコーチには、本当に心から感謝しています。

手近な喜びなら、他でも手に獲ることはできるでしょう。しかし、強烈な歓びが欲しければPRESENCE以外にありません!
人生でこんなに勉強することはもうないと思いますが、とても充実した8週間でした。PRESENCEに出会えて本当に良かったと感謝しています。

ここまで導いてくださったコーチ、クラスの皆さん、本当にありがとうございました!

S.Kさんが受講された750点コースはこちら


TOEIC 695点→900点 205点UP!

「生活・英語力・スコア」3拍子の変化を2ヶ月で実感
F.Cさん(26歳・会社員)

英語の勉強をしなければ、と言いつつ結局しない、という状態が続くこと数年。自主的にコツコツ勉強するということを大の苦手としていた自分は、学生時代の英語のテスト勉強もすべてその場しのぎで終わらせてきました。

しかし、仕事で英語を使う機会が徐々に増えるとともに英語へのストレスがむくむくと膨らみ、そしてついに爆発。もうやるしかない!と覚悟を決め、以前より友人から伝え聞いていたPRESENCEの申し込みボタンをクリックしました。

私がPRESENCEを選んだ主な理由は、

  1. 強制的に勉強せざるを得ない環境に追い込む
  2. どうせやるなら基礎からみっちりと
  3. 友人が実際に通って結果を出していた
というものでした。

PRESENCEに通った二か月間は、自分で自分の変化に驚くばかりでした。

まずは日々の生活の変化。
毎週たっぷり出る宿題のおかげで、日々の隙間時間を最大限利用し、いかに効率よく勉強するかを考えるようになりました。
また授業内で行うテストの結果を自ら発表しなければいけないため、手を抜いた瞬間にすぐばれる。「コーチやクラスメートに情けない姿は見せられない」という思いから、気が付けば二か月間、毎日本気で勉強し続けていました。

次に英語力の変化。
PRESENCEに通ってしばらく経ち、仕事で英文メールを読んでいた時のこと。以前よりわかる単語の量が確実に増えていることに気づきました。超基礎英単語すら危うかった私は、宿題範囲の英単語はほぼすべてゼロから覚えなければならず、毎週必死の思いでしたが、「もしかして徐々に英語力が上がってきたのでは」と実感できた瞬間でした。
PRESENCEでの英語学習は決して要領よくこなすものではなく、特に授業初期は地味な学習をひたすら徹底的に繰り返すという、非常に忍耐を要するものでした。しかし二か月間経った今、自信を持って言えるのは、この地道な学習こそが自分の英語力を飛躍的にアップさせてくれたということです。

そしてTOEICスコアの変化。
TOEICは二年前に一度受けたきりで、695点(L375 / R320)という結果でした。今回の目標スコアは800点。二か月間の学習で、リスニング400点はいけると思っていたものの、リーディング400点は際どいのでは、と思っていました。
しかし受験一か月後に届いた結果は、L475 R425のトータル900点!スコアを見た瞬間思わず叫んでしまいました。自分がTOEIC900点を獲得するなど、夢にも思っていませんでしたが、PRESENCEで二か月間やってきたことが結果につながったことはとても嬉しく、やればできるという自信を与えてくれました。

現在私はPRESENCEの英会話コースに通っています。これもTOEICコース終了後すぐに英会話コースを開始したクラスメートの影響です。

PRESENCEの忘れてはならない特徴は、熱心なコーチとモチベーションの高いクラスメートの存在です。一人ではできない英語学習も、彼・彼女らの存在が励みになり、ときに緊張感をもたらし、数か月に及ぶやる気を維持させてくれました。
PRESENCEに通って本当によかったと思います。英語習得への道のりはまだ続きますが、「本気で取り組んだ分だけ必ず結果はついてくる」ということを忘れずに、これからも頑張っていこうと思います。

F.Cさんが受講された750点コースはこちら


TOEIC 595点→755点 160点UP!

久々に「やれば出来る」と感じることができました!
S.Oさん(35歳・SE)

社会人になり英語力の必要性を感じていたもののTOEICに関心は無く、TOEICは英語力のひとつの目安にしか過ぎないと考えていました。しかし自身のキャリアアップを考えたとき、はじめて英語力によって仕事内容の幅と深さが変わってくることに気付きました。
最近では新入社員でTOEICのスコアが700点を超えていることが珍しくなく、昇進や海外勤務の社内規定にTOEICのスコアが設けられています。 はじめてTOEICのスコアを意識したものの、大学受験までの英語の勉強方法ではTOEICのスコア獲得に多大な時間を費やしてしまうと感じ、自己流でスコアが本当に獲得できるのか、という不安もありました。
そんなときに職場の同僚から勧められたのがプレゼンスでした。

プレゼンスの無料説明会に参加したところ、短期間でTOEICのスコアを獲得するための手法が確立されていることを感じました。私の目的はキャリアアップであり、それを実現するための課題のひとつが英語力を向上することですので、TOEICのスコア獲得だけに時間をかける訳にはいきません。しかし、確実にスコアを獲得する必要があります。
この問題を解決するために、その場で入会を決めました。4年前に受験した最新のスコアが595点だったため、コース目標である750点を目標に設定しました。

プレゼンスの特徴は、主に2つあると思います。

一つ目はTOEICの試験に対するノウハウです。TOEICのパートごとにレベルに合わせた教材と必要なツール、その活用方法を教えてくれました。パートごとに到達すべき目標に対して何をどのくらい行えばよいか示していただけましたので、やるべきことに専念するだけでした。

二つ目はコーチングです。英語を勉強する、という状態を8週間続けさせてくれました。コーチの自信に満ち溢れた振る舞いや一つ一つの質問に対する丁寧な回答、そして生徒の立場を想い、かけてくれる熱い言葉は、自然と生徒との信頼関係を築き上げていきました。
また、自己分析の機会を多く作っていただいたので、自らの課題を分析し、解決する習慣を身につけることが出来ました。

結果として、目標を5点上回る755点を獲得することが出来ました。

正直なところ宿題の量が多く、仕事をしながら勉強することがこれほど辛いとは思ってもいませんでしたが、こんなに一生懸命英語を勉強したことはかつてありません。プレゼンスの実績を信じて疑わなかったことが良い結果を導いてくれたのだと、感動しました。
英語力の基礎が出来てきたので、次はアウトプットを鍛えるために英会話のコースを検討しています。

S.Oさんが受講された750点コースはこちら