体験談

TOEIC 600点コース

TOEIC 未受験→720点達成!

「英語って面白い!学ぶことが面白い!!」自分自身でも驚きでした
Y.Tさん(35歳・アパレルメーカー勤務)

外資系企業に勤務しているのですが、部署的にほとんど英語とは無縁である為、一向に英語力が上がりませんでした。それでもたまには英語を使うことがあったのですが、そんな時、直属の上長(アメリカ人)から、「お前の英語の文法はひどい」「Pardon me?って聞きなおしすぎ。Mr.Pardonって呼ぶぞ」「1年くらいアメリカ本社に転勤して、kindergartenにでも通うか?その間は無給だけどな」と冗談まじりですが、半ば本気とも取れる様な言い方で叱責されることもしばしばでした。しまいには、「もしTOEIC 600点以上取れたら、任天堂DSを買ってやる。でも、取れなかったら、お前が俺におごれ」と言われてしまう始末。何とか最低限度の英語力を身に付けねば!と常々思っていたこともあり、年齢も年齢である為、ここらで1回本気で英語をと思ってプレゼンスの説明会に出席したのが始まりでした。

自他ともに認める中学生レベルの英語力の自分だったのですが、それでもプレゼンス受講初めのレッスン数回は、単語も文法もリスニングも基礎的なものばかり、こんなので本当に600点オーバーなんて狙えるのだろうかと半信半疑でした。TOEICのテクニック的な話は、終盤のレッスンにならないと本当に出てこなかったのですが、白井コーチ及びプレゼンスの実績を信じて、勉強を続けて本当によかったと思っています。

白井コーチからの
「英語はスポーツと一緒で基本が大事。より高度な事をやろうとしても基本ができていなければ絶対できない。」
という言葉が印象的で、結果を目の当たりにして、やっぱり勉強もスポーツも(ついでに仕事も)基本が大事なんだなと思い知らされました。

実を言いますと、最初は何がなんでも600点欲しいと思っていたのですが、最後の方は、点数なんてどうでもよくなっていました。それよりも、英語なんて大嫌いだった自分が、「英語って面白い!学ぶことが面白い!!」と思える様になっていき、自発的に変りはじめていきました。楽しんで勉強している自分に、自分自身でも驚きでした。だから、たとえ悪い点数(600点未達)の結果に終わろうとも、プレゼンスと歩めた2カ月は自分にとってはかけがえのないものであったと言いきれます。点数なんかよりも英語に向かう自分自身の姿勢を変えるきっかけとなったプレゼンスの講義と白井コーチに本当に感謝しています。

最後のレッスンでもらった、「英語の神様は君達を見捨てない。頑張った人には頑張った分だけの結果を与える。だから自信持って。」という白井コーチからの言葉。本当に頑張ってきた自負があったので、テスト直前にそれを思いおこし、「600点は楽勝」と自分自身を鼓舞しました。コーチの言葉を信じたせいか、テストは全く緊張せずにすんなりできました。結果からして、英語の神様は本当にいる様です。そして見捨てないでいてくれました。

勉強癖がついており、テストが終わった後もリスニングをやらないと1日を締めくくれない気分になり、今でも毎日リスニングを続けています。TVなどでオバマ大統領の演説を字幕なしで聞き取り、無意識にシャドーイングをしている自分に、家族は英語病と揶揄しますが、ほとんど聞き取れ、「オバマ君の発音はきれいだなぁ(大統領、失礼!)」と思っている自分に、心の中でニンマリ笑っています。もう少しトレーニング続けて、是非750、800の壁を越え、ひいてはインプットだけでなく、アウトプット(スピーキング)も、もっともっとできる様になっていきたいと思っています。その時は、またプレゼンスにお世話になるかもしれません。

英語に関わらず、何かを学ぶ事って本当にすばらしいと思います。そんな風に思える様になった自分が、一回り大きくなった気がします。こんな気持ちにさせて頂いたことだけでも、プレゼンスを受講した価値があると思います。心から感謝しています。

追記:上述のアメリカ人上長には、早速TOEIC点数を報告しました。700点オーバーの結果に本当にびっくりしており、「冗談だろ?」を連発、しまいには、「お前、何か不正でもしたか?」という始末...スコアシートを見せて、ぐうの音も言わさず、きっちりDSを購入してもらいました!

Y.Tさんが受講された600点コースはこちら


TOEIC 435点→720点 285点UP!

人生で一番いいお買い物が出来たと思います!
E.Kさん(21歳・学生)

就職活動を目前に控え、TOEICのスコアがどうしても必要になり、プレゼンスを受講しようと決めました。
私は大学で英文学科に通っているにもかかわらず、幼稚園からずっと附属の学校に通っていたため、英語力、とくに文法が全くといっていいほどわからず、語彙も乏しく、TOEICのスコアもこれまでの最高は435点でした。
TOEICは何度も受けたことがありますが、自分の力ではこれ以上どうすることもできず、インターネットで見つけたプレゼンスに通うことに決めました。

サークルに週4日、バイトに週3日、学校に週3日通いながらの受講は、思ったよりも大変でしたが、それでも時間が出来ると必ずTOEICの勉強をしました。

今まで学校のテスト勉強も何となくやってきて、これといって机に向かって熱心に勉強をすることなく生きてきた私にとっては、人生で一番熱心に勉強しました。今考えると、私は勉強の仕方さえわかってはいませんでした。

しかし受講を始めるとすぐに、学ぶ喜びを感じ、今までわからなかったことがわかるようになってくると、勉強がとても楽しく感じました。
特に、大学で英語の論文を読む機会が多かったのですが、受講前と比較すると、辞書を引く回数が格段に少なくなりました。そういった変化も、次への勉強の糧となりました。そしてプレゼンスでは英語に限らず、勉強の仕方、勉強に対する姿勢、集中力、TOEICに対する執着心、たくさんのことを学びました。

しかし英語の勉強を頑張れた何よりの理由は、クラスの仲間、コーチの存在でした。社会人もいれば、学生もいて、男性もいれば、女性もいる。様々な立場の人が集まり、普段だったら絶対に関わる事がない人たちと、TOEICという共通の目的を持って勉強できた事は、いい刺激になりました。さらに、勉強が面倒になったときも、「きっとみんなは今勉強している!遅れをとりたくない!」という気持ちで、机に向かう事ができました。さらに、コーチの暖かい・・・熱い指導のおかげです!私が欠席しなければいけなかったときは、私のためだけに、遅くまで残って補講をしてくださいました。コーチに、仲間に支えられてここまで来ることができたと思います。

私は勉強よりもスポーツのほうが得意ですが、プレゼンスは、そんな私によくあっていたと思います、コーチの熱心な指導と、TOEICに対する心構えは、スポーツのようでした。絶対にあきらめない、最後の最後まで全力でやりきる、といった考え方も教わる事ができました。

10月から始めたプレゼンスに2カ月通った結果として、11月30日の受験で720点を取ることができました。プレゼンスに通う直前の9月28日に受けたTOEICは435点だったので、2カ月間で285点もスコアを伸ばす事ができました。720点を取れたときは、嬉しくてまずコーチ、そして仲間に報告してしまいました。途中、11月1日、ちょうど半分経った時に学校で受けたTOEICでも570点を獲得し、順調にスコアを伸ばす事ができました。私はクラスでは出来がいいほうではありませんでしたが、「絶対に600点を越してやる!」という強い思いが、今回の結果になったと思います。

プレゼンスに通わなければ、絶対にこのスコアは出せていなかったですし、それによって就職という大切な将来への可能性も、広がらなかったと思います。
TOEICのスコアと同時に、自分への自信にもつながりました。

TOEICのスコアを得ることは、ゴールではなく、自分の目標とする事への通過点です。これから、就職、さらには仕事をして充実した毎日を送る事が私の目標です。
受講料は決して安いわけではありませんが、こんなにたくさんのことが得られたプレゼンスに通うことができたので、私にとっては人生で一番いいお買い物が出来たと思います!

E.Kさんが受講された600点コースはこちら


TOEIC 460点→670点 210点UP!

戻ってきた自分のスコアに驚き!2カ月で210点アップ
M.Mさん(33歳・出版社勤務)

昨年末、戻ってきた自分のスコアを見て我が目を疑いました。
プレゼンスでの2カ月の勉強で、なんと210点のアップです。自分なりに頑張ったけど、予想をはるかに上回るスコアに「よかったぁ」とその場に座り込んでしまいました。

プレゼンスの門を叩いたのは、昨年の夏。私はとにかく勉強が大嫌い。
勉強以前に、机の前に座ることが嫌い、という営業ウーマンでした。
でも自分のやりたい部署への異動を勝ち取るためには何としても600点は必要だし、欲を言えば730点はほしい。どうしたものかと書店をうろついていた時、杉村さんの著書に出会いました。
読んでいるだけで気持ちが熱くなる言葉に動かされ、ワラをもすがる思いで入会を即決。
同時に、どうしてこんなに実績が出ているのか、その秘密を知りたいという気持ちもありました。

その秘密は初回の授業を受けただけで分かりました。
優しくて、厳しくて、でも親身に相談を(時にはグチも)聞いてくれるコーチ。
仕事が忙しいと相談したら、私に合った効率的なやり方をいろいろ提案してくれました。
「そういうテがあったのか?!」と目からウロコとはこのこと。
メーリングリストを使って受講生同士で励まし合い、気がついたら、あれほど苦痛だった勉強が、楽しみに変わっていました。
なぜって、自分の英語力が日々前進してるのが実感できるからです。
そんな勉強法を教えてくれたのもコーチの皆さんでした。それに、目先のことだけではなく、「これだけやれば大丈夫」と前例を示しながら全体像も見せてくれ、安心して目の前の勉強に取り組むことができたのも大きかったです。

気がついたら2カ月。直後に受けたTOEICで目標をラクラクとクリアできました。
次は730点を目指し、もう自分でも勉強できる自信もついたけど、でも何かプレゼンスにかかわっていたくて、ハイクラスを受講することを決めました。
たった半年ほどで自分の中に大きな変化を感じさせてくれて、プレゼンスには本当に感謝しています。

M.Mさんが受講された600点コースはこちら