体験談

TOEIC 600点コース

TOEIC400点 ⇒ 675点獲得 275点UP!

本当に2か月で結果に出ました!
Y.Tさん(38歳・会社経営)

グローバルなビジネスがしたいと思いながらも、忙しさにかまけて英語学習を真面目に取り組んでこなかったのですが、ようやく重い腰を上げ、今年に入ってから勉強をスタートさせました。この時点で、私はTOEICを受けるつもりもなく、英会話を上達させたいと考えていたのですが、実際はTOEICである程度点数を取ってから、英会話の勉強をした方が伸びるという事を聞き、一度TOEICを受けてみたところ、なんと400点しか取れませんでした・・・・。知人には、サイコロを振っても取れる点数と言われる始末です。そんな時、私はプレゼンスの存在を初めて知りました。

まず、無料説明会に行って聞いたのは・多くの宿題がでるとのこと、かなりドキドキしながら初回受講をしたのを覚えています。また、10万円程度という金額は決して安くはありませんが、それ以上に2か月間という短い期間で結果を評価できるという仕組みがとても良かったです。

初回を終えた時は、予想外に普通で逆に驚きました。宿題の量も思っていたほど多くなく、やるべきことも特別な事ではありませんでした。その後、授業が続くにつれて、1週間でクリアしなければならない事の多さに気が付き、焦りました。

最初の1ヵ月は勉強のペースが上がらずに、クラスの中では落ちこぼれ状態となってしまいましたが、2ヵ月目からは、できるだけ土日は勉強に充てられるように調整し、平日はどんなに帰宅時間が遅くなってもファミレスで勉強する習慣をつけました。この習慣がとても良く、だんだんペースアップしていったのをはっきり覚えています。

私には、授業の中でとても印象に残っているシーンがあります。
英単語を覚えるのが本当に苦手で、言い訳じみた発言をした際に、「このレベルの暗記ができない人はいません、やるかやらないかだけです」ときっぱり言われてしまいました。正直腹が立ちましたが、思い起こせば、その一言のおかげで気合いを入れ直すことができました。もし、「そうですね~」なんて言われていたら、生ぬるいまま終わっていたと思います。この年になってくると、あまり人にきつい事を言われる事も多くなく、とても刺激になりました。

独学で勉強するのは、本当に難しい事です。独学でもできる人は、すでにやっていると思います。プレゼンスでは、要領よく短期間で得点を取る為のポイントと勉強のやり方を教えてくれます。さらに、何よりも価値のある事は、複数人で取り組む環境とコーチの導きの絶妙なバランスだと思います。もちろん、誰にでも向いている方法ではないかもしれませんが、私にとってプレゼンスのメソッドは強烈にワークしました。

また、次のクラスを受講してさらに上を目指します。

Y.Tさんが受講された600点コースはこちら


TOEIC420点 ⇒ 690点獲得 270点UP!

怠け者な自分も絶妙なモチベーション管理により目標点数を達成できました!
S.Hさん(30歳・コンサルティングファーム勤務)

プレゼンスの良かった点はたくさんありますが、一番はTOEIC目標点数を獲得する為のメソッドが確立されており、授業&課題(宿題)をこなすだけで、目標点数を達成できる事だと思います。

プレゼンスTOEIC600点コースの受講目的は、下記3点でしたが、いずれも達成できました。

(1) USCPA試験を受けるにあたり、短期間で文法を一通りおさらいしたかった事
 (独学では中途半端に時間を消化し、間延びして勉強してしまう可能性があった為、期限を区切って外圧を使い強制的にやりたかった)

(2)現状の自分の力をTOEIC点数で可視化して把握をしたかった事
 (どうせ把握するならある程度やって良い点数にしたい、とういう願望あり)

(3)他社コンサルティングファームへの転職も視野に入れており、その際の最低限の要求水準であった650点を達成する事

怠け者の自分が一人で勉強したら、2か月間で、690点は達成出来なかったと思っています。
模試や問題集を、時間を図って実施することすら初めは億劫でした。

また、「TOEICの目標点数の達成」だけではなく、「使える時間を算出して課題タスクを実行する」、「教材の回転数を意識する」等、言うのは簡単ですが、2か月間継続して行う事で、英語学習の習慣化ができ良かったです。
汎用性のあるメソッド(勉強方法、時間の使い方、学習プロセスの可視化、モチベーション管理等)は有用で、他の資格勉強や分野にも活かせる為、今後も実践していきたいと思います。

特にモチベーション管理については、重要性を再認識しました。

コーチによる学習内容、方法、メンタル面等の丁寧なアドバイスとフィードバック、及び同じベクトルを向いているクラスメイトの方々からも授業中や中間報告のメール等を通して良い刺激を受け、最後まで息切れせずにコースを終える事ができました。
授業で配布されるアツイコトバも、モチベーションを上げてくれました。

今後は英会話中級コースにチャレンジし、アウトプット力を磨く(アウトプット力の型の確立)と共に、TOEIC800点台取得に向け、期限を設け継続して学習していきたいと思います!

コーチ、クラスメイトの皆さん、ありがとうございました!

S.Hさんが受講された600点コースはこちら


TOEIC440点→605点獲得!

努力すること、継続することの大切さを教えてもらった。
H.Rさん(27歳・会社員)

プレゼンスを受講しようと思ったきっかけは、社内でのIPテストで440点という結果を受けてのことでした。結果が帰ってきた時には「マズいな…勉強しないと。」と感じてはいたものの、公私ともに英語を使う機会が少なく、日々の業務に忙殺(今となっては完全な言い訳ですが…)されて、なかなか英語学習に本腰を入れて取り組めていませんでした。

このままではいけないと感じた私は、偶然webサイトで見つけたプレゼンス主催の無料説明会に参加。TOEICコースの説明を受け、雰囲気の良さや講師(プレゼンスではコーチと呼びます)の熱心な姿勢に惹かれ、受講を決意しました。

私は英語の基礎が不足していると常々感じていたことから、「TOEIC600点コース」を選択し、2ヵ月間で英語の基礎を固めつつ600点取得を目指そうと考えました。講義は、課題がコーチから与えられ、1週間後の講義までに自らで学習し、確認テストで成果確認をするといった形式です。課題の量が非常に多く、1週間でいかにこなすかが社会人の私に与えられた課題の1つであったと、今でも覚えています。

工夫をした点は、とにかく時間を決めてやること。これに尽きます。社会人は限られた時間しかありませんので、朝の30分、通勤中の30分、お昼休みの30分、帰宅後の30分といった具合に短い時間でもしっかり時間を決めて取り組んだことで、1日最低2時間の学習時間をキープできました。受講生同士でプレゼンスのメーリングリストを利用し、毎週、週の中盤に課題の進捗状況をお互いにシェアすることで「自分も頑張らないと!」とモチベーションを維持することができました。

2ヵ月間一度も休むこと無く、講義に参加し、課題をやり遂げた結果、2ヵ月後のTOEICでは165点アップを達成し、目標であった600点を突破できました。これもコーチの熱心な指導とともに勉強を続けた受講生と切磋琢磨できたおかげだと思っています。

プレゼンスでの2ヵ月では英語はもちろん、努力すること、継続することの大切さを教えてもらいました。今後も勉強を続けて、英語力をもっともっと上げていこうと思います。本当に感謝の気持でいっぱいです。ありがとうございました。

H.Rさんが受講された600点コースはこちら


TOEIC初受験→725点獲得!

まさか自分がこんなに頑張れるとは!プレゼンスのメソッドってすごい!!
K.Nさん(32歳・会社員)

英語勉強しなくちゃなぁとは思いつつ、独学ではついつい怠けてしまい、気づけばテキストはホコリをかぶり、時間だけが過ぎていました。このままではいけない!と思いスクールを探したところ、プレゼンスを見つけました。それまでプレゼンスのことはまったく知らず、ネットの検索でたまたま見つけたのですが、HPの内容を見て気にり、他のスクールとの比較等はせずに即決しました。
この決断は大正解だったと思っています。

独学していた頃は時間があっても怠けてしまいなかなか勉強出来ませんでしたが、それが受講2週間目で劇的に変わりました。

プレゼンスでは、クラスメイトがその週に何をどれだけやったか、何時間勉強したのか、また確認テストの点数などの情報がクラス内で共有されます。この「見える化」がとても刺激になりました。
毎日遅くまで働いていても毎週20時間以上の勉強を確保する方、還暦を超えても向上心いっぱいで毎週テストで満点をキープする方、熱が出ても怪我をしても勉強する方。皆さんの頑張りに刺激を受け、怠け者な私にもやる気スイッチが入りました。1週目の勉強時間は10時間以下でしたが、2週目以降は週20時間以上勉強できるようになりました。

講義の内容はとにかく基礎重視です。もっと難しい内容なのかと思っていたので最初は拍子抜けしたほどでした。
後半の演習期間では解法のテクニック等を重点的に確認していきます。TOEICの問題はテクニックで解けるものも多くありますが、しっかりとした基礎があってこそテクニックが使いこなせるのだと思います。

無駄のない効率的な学習プログラムですので、プレゼンスを信じて本気で取り組めば、2ヶ月できっと目標を手に入れられるはずです。

プレゼンスに通って本当に良かったと思っています。あの2ヶ月間を通して「自分は今でもこんな風に頑張れるんだ」と思えたことが嬉しかったです。 結果だけでなく、自信や勉強の効果的なやり方を身につける事が出来ました。
コーチ、共に頑張ったクラスの皆さん、プレゼンスのメソッドに感謝しています。本当にありがとうございました。

K.Nさんが受講された600点コースはこちら


TOEIC初受験→600点獲得!

プレゼンスでの経験はこれからも宝物
M.Mさん(39歳・会社員)

今年こそは英語をがんばる!と目標を立てながら、すぐに挫折するという繰り返しで、この数年はもう自分に英語力アップは無理だとあきらめていました。それでも仕事ではグローバル化の波が容赦なく押し寄せ、TOEICのスコアは昇格要件にもなりました。
英語を避けて過ごしてきた私も肩身が狭い状況となり、そんなときに、友人から紹介されたのがプレゼンスでした。厳しいスクールだと聞いていたので、あまり気は進まなかったのですが、流されるように説明会に行きました。

そこで説明された学習法は明確で、迷いなく効果的に勉強に集中できそうだと確信し、翌日にはTOEIC600点コースに申し込んでいました。2ヶ月だけがんばってみようと。
大学受験以来、TOEICはもちろん英検の受験経験もなく、英語の勉強にかなりブランクがある私にとって、TOEICコースの受講は勇気がいるものでした。早速、初回の授業で自分のレベルの低さと宿題に動揺しましたが、不安に感じている余裕もなく、とにかくコーチの指導についていくだけでした。

授業は確認テスト、コーチング、課題確認で、英語の勉強は翌週までの1週間に自分ですることになります。週の途中にメーリングリストで行う進捗報告では、みんなもがんばっていることがわかり、進め方についてはコーチから丁寧なコメントをもらえますので、励みにして続けることができました。

コースの途中で、東日本大震災が起き、勉強が手につかず、そもそも英語を勉強する意味さえわからなくなりそうな時期もありました。それでも翌週から再開された授業では意志を持ったクラスメイトと会うことができ、「元気な私たちが通常の生活に早く戻ることが、復興にもつながる」というコーチの言葉を胸に、何とかコースを完走することができました。

そして翌月に受験したTOEIC公開テストでは600点達成! 1ヶ月前に受けたIPテストでは450点でしたので、1ヶ月で150点アップしたことになります。うれしすぎてすぐにコーチへ報告しました。本当にプレゼンスの学習法のみで短期間に目標を達成することができたのです。受講に間違いはなかったと実感しています。

2ヶ月だけと思って始めた英語でしたが、今度はコミュニケーション力アップを目指し、英会話コースを受講しています。ここまで導いていただいたコーチには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!

M.Mさんが受講された600点コースはこちら


TOEIC 455点→685点獲得 230点UP!

英語に対するコンプレックスがなくなりました!
N.Iさん(22歳・学生)

私は推薦で大学に入学したこともあり、受験勉強での英語学習がなかったため、英語に対して一般受験者よりもコンプレックスがありました。案の定、大学のTOEIC IPテストでは400点台が精一杯。
このままではまずいと思いながら、独学でTOEICの勉強を始めるも毎回続かず結局参考書だけが積み重なっていきました。このように、英語に対して中途半端なまま大学生活を過ごしていました。

しかしながら、「社会に出る前に少なくとも600点以上はスコアがほしい!」と思っていたところ、友人からプレゼンスの紹介を受けました。そして圧倒的なスコアアップの実績に魅かれて600点コースを受講することにしました。

プレゼンスでは、同じような境遇を経てきた学生、社会人の方々がたくさんいて、その中で切磋琢磨しながら勉強することができます。確かに、勉強の内容自体は多くて、くじけそうなこともありました。
しかし、授業内でのコーチからの指示や配布資料に従って勉強を行うことで、迷うことなく取り組めました。
何より、コーチの励ましや同じコースを一緒に受講している方々とのコミュニケーションを通じて、戦っているのは自分だけじゃないのだと思うようになり、気が楽になりました。「努力なくして得られるものない」と、日々自分に言い聞かせながら取り組みました。

私の場合、本番1週間前に高熱を出して入院してしまい授業に参加できなかったのですが、そのときもコーチは丁寧に補習をして下さったり、同じクラスの方々は心配して声をかけて下さったりしてくれました。正直あきらめかけていたのですが、もう一度頑張ろうと決心するようになりました。

結果として本番の試験では685点とることができました。これは自分自身の努力の成果もあると思いますが、それ以上にコーチや同じクラスの方々の支えがあったからだと思います。
当初英語に対してコンプレックスをもっていた私ですが、しっかりと努力すればできるのだと思い、今では英語が好きになりました。プレゼンスでは英語を学ぶだけではなくそれ以上に人とのつながりや努力の仕方など大切なことを学びました。

600点コースで一緒になった方々、コーチに感謝しつつ、今後も現状に満足せず、更なるスコアアップに努めたいと思います。

N.Iさんが受講された600点コースはこちら