体験談

TOEFL 60点コース

TOEFL27点→74点獲得!

短期でスコアを出す勉強方法
T.Nさん(19歳・学生)

1月の初めに私は海外の大学に行くことを決め、三ヶ月以内にTOEFL ibt61点以上の点数が必要になりました。周りの友人たちに話を聞いたところ、61点を三ヶ月以内だと取る事が難しく、さらに他の塾にも通っていたこともあり、勉強をする時間もない状態でした。藁にもすがる思いででインターネット上を探し回っていたところ、見つけたのがプレゼンスのホームページでした。
早速プレゼンスの説明会に行き、二ヶ月で61点まで点数をあげるという塾であり、更に時間がない私にとってはこの短期決戦で勝負をするというシステムがとても合っていた事もあり、入校を決意しました。

入校当初はたった二ヶ月でTOEFL iBTの点数を61点まで伸ばせるのかどうか?という不安もありました。しかしプレゼンスに通う内に自分に合った勉強方法を見つけることが出来ました。
さらに同じ境遇に身を置いてるクラスメイト達と受ける毎週の確認テストには緊張感を持って受けられ、良い刺激を貰い、負けたくないという思いと共に勉強に励む事が出来ました。この二ヶ月は勉強だけでなく、生活での時間管理を見直し、自信をつける良い機会にもなりました。

プレゼンスは勉強のやり方と時間の使い方を教えるコーチングの塾です。毎回の宿題は多く挫折しそうになることもありましたが、言われたことをキチンと毎日こなすことで着々と目に見える成果をあげることが出来ました。私は高校最後の時期にこのような塾に出会えたことに感謝しています。


TOEFL初受験→TOEFL65点

プレゼンス受講で目標スコア達成&大学院合格!
T.Iさん(21歳・学生)

「大学院試験に合格するためには最低でも60点は必要。」
そう先輩に言われ単語帳をめくるものの何も身に付かないまま時間が過ぎ、気付けばタイムリミットが近づいてしまっていました。
それでも諦めることができず、藁にもすがるような思いでPRESENCEの説明会に参加したところ、「重要なことなので確約はできないけれども、2ヶ月必死にやれば可能性はある」という真摯な説明を受け、入会を決めました。

そして2ヶ月後、本来ならば受講後2,3回の受験で目標点を目指したいところを時間的に1度しかチャンスはない、という崖っぷちな状況の中、どうにか65点を獲得することが出来ました。60点コース開始直後に初めて受験したiBTではspeakingセクションはほぼ無言、writingセクションは白紙で提出したことを考えれば嘘のようなスコアです。

なぜ2ヶ月の間、全力で英語への取り組みを継続でき、そして結果を出せたのか。振り返ってみると次のような理由があったのではないかと思います。

まず、PRESENCEがコーチングをメインとしたスクールであるということ。勉強の仕方、時間の使い方、メンタル面など様々なサポートをしてくれました。受講中、もう無理なのではないかと落ち込んだときもコーチが真剣に話を聞いてくれ、「このペースなら問題ない」と支えてくれたことが大きな理由だったと思います。

次に、グループレッスンであるということ。時間に余裕のない社会人の方でも毎回の確認テストで好成績を上げている中では、時間に余裕のある私が悪いスコアをとるわけにはいかない、と必死に取り組みました。また、怠けの虫が騒いだときにも、みんなもやっているはずなのにサボるわけにはいかない、と集中することができました。

そして、短期集中であるということ。少しでも時間があれば全力で英語に取り組むという生活は、決して楽ではありませんでした。それでも“2ヶ月”という区切りがあったからこそ、最後まで走り続けることが出来たのだと思います。

授業、院試の勉強、そして英語。自業自得とはいえ、差し迫るタイムリミットの中これらと向き合った2ヶ月はとても苦しく、しかしグループのみなさんや白井コーチと共に頑張った充実した時間でもありました。PRESENCEを受講しなければ、このような時間も、TOEFLの結果も、大学院合格も得る事は出来ませんでした。

かなり個人的な内容が多くなりましたが、受講を迷っている方への参考になれば幸いです。


TOEFL 24点→61点

すべてのことに活きてくる“PRESENCE式”
K.Rさん(18歳・学生)

大学で交換留学をするためにTOEFLのスコアが必要でした。
初めて受けたTOEFLは何を答えればいいのか全くわからず、ボロボロでした。英語に対して自信がなくなり、どう勉強すれば英語が話せるようになり、英語が上達するのか全く分からない状態でした。しかし、留学先ではすべてが英語でのやり取りになるので、すぐにでも「どうにかしなくては」と思っていたところ、PRESENCEのホームページを見つけました。
正直、8回授業を受けただけで本当に英語ができるようになるのだろうか?とPRESENCEが始まる前は思っていました。結論から言うと、確実に自分の英語に対する姿勢が変わり、着実に結果が出ています。

PRESENCEに通うことで今までの自分の甘さを実感したことが一番大きかったです。
PRESENCEの勉強方法を行うことで英語力が付いてきたことが自分でもわかりました。クラスメートの存在もとても大きく、毎週あるテストで負けたくない一心で勉強への高いモチベーションを8週間維持することができました。
これがクラス制であるPRESENCEの大きな利点の一つだと思います。

PRESENCEに通って、今まで自分がいかに無駄な時間を過ごしてきたか、痛いほど実感しました。
PRESENCEのレッスンが終わっても“PRESENCE式”が体に染み付き、びっくりするくらい毎日が充実します。
TOEFLの為に英語を勉強し自信がついたからか、現在では、かつて恥じらいがあった英会話も、積極的に話すことができるようになりました。なんとか英語だらけの海外でも生きていけそうな気がしています。
PRESENCEで教わったことは英語以外の場でも活き、自分を大きく変えることができています。