体験談

中国語中級コース

仲間と共に過ごした有意義な2ヶ月間。成果に繋がる確実な勉強方法。

N.Fさん(30歳、会社員)

転職を考えていたところ、興味の惹かれる企業の募集要項に要件として中国語が求められていたことが中国語を学習するきっかけでした。中国語の学習経験がなかったため、よいスタートダッシュを切りたいと考え、プレゼンスの中国語コースを受講しました。

私は準備コースから受講したのですが、コーチの指導に従い準備コースで1ヶ月間学習したところ、手応えある成長を実感できたため(HSK3級合格)、迷わず上位コースの受講を決め、続けて中級コースを受講しました。

中級コースは、下位コースでインプットした中国語の基礎能力を実際に会話へ応用できるよう、発音、中作、会話練習を徹底してトレーニングするアウトプット中心のメニューとなっていました。受講開始直後はやはり発音が難しく、音を正しく認識できなかったのですが、毎週の宿題をこなし、毎回の講義でコーチに発音のズレを修正してもらうことで、少しずつ四声や一つ一つの音が体に染み込んでいき、自分の前進を感じながら学習を進められました。

結果、中級コース終了後に同僚の中国人と会話したところ、私の発音が問題なく通じ、内容を理解してもらえとても嬉しかったです。また、中国現地にいる中国人の同僚とのメールも中国語でやり取りするようになり、ピンインで中国語を入力している自分に自己満足できました。

受講後に振り返ってみたプレゼンスについて、以下2つが印象に残っています。

1.とにかく勉強すればよい状態にしてくれる。
講義ではどの教材をどのように学習するかという方法論を教えてもらえましたので、学習方法に迷うことがありませんでした。また、時間捻出ができない、やる気が続かないという時は時間管理やモチベーション管理についても話してくれますので、途中で挫折せずに済みました。

2.目的意識を高くしてくれる。
コーチは相談すれば中国語だけでなく人生についても熱く語ってくれる方でしたので、いろいろと相談にのってもらいましたし、クラスメートはそれぞれの目的を持ってやってきた楽しいメンバーでしたので、講義でコーチ・クラスメートに会う度、なぜ中国語を勉強するのかという目的意識を強化することができました。

最後に、中国語の土台を築いてくれると共に、良い仲間にも巡り会わせてくれたプレゼンスには感謝の気持ちでいっぱいです。楽しく充実した時間を本当にありがとうございました。

N.Fさんが受講された中級コースはこちら


変化を叶えるヒミツ

K.Hさん (28歳・会社員)

(before) 今まで1分も勉強したことがなかった中国語

(after:1ヶ月後) 中国語のWEBサイトを読んでみる。さすがにまだちょっと無謀…
(after:2ヶ月後) 微博(中国版twitter)を使い始める。おお、結構分かる!
(after:3ヶ月後) 中国語の企画書を仕事で手にするようになった!

この、個人的にはたいそうドラマチックな3ヶ月の変化に寄り添ってくださったのが、プレゼンスという空間でした。

何故、プレゼンスによってわたしは変化出来たのか?
それにはきっと以下3つの理由があったと、今改めて感じます。

1. 短期超集中
2. 週に1回の講義というペースメーカーの存在
3. クラスの隣では本気の英語学習が展開

(1. 短期超集中)
わたしはあまり気が長いほうではない(むしろかなり短い…)ので、何ヶ月も同じ場所をぐるぐる回るのは苦手でした。
準備コースはたった1ヶ月で中国語の外観を。中級コースでは、3週間で基本文法/単語+5週間で発話を教えてくれました。

毎週常に新しいこととめぐり会える。そのスピード感はある種探検のようで、自然とテンションは上がっていきました。

(2. 週に1回の講義というペースメーカーの存在)
プレゼンスでは、2人のペースメーカーが並走をしてくれます。
それはコーチとクラスメイトです。

短期とはいえ数十日のプログラム。実際そのうちの何日かは、サボりたくなる強烈な誘惑にかられました。

ただ、その瞬間にコーチとクラスメイトの顔が浮かんで「それでいいのかい?」と。「一緒に頑張ろう!」と。
この囁きは、バテずに疾走出来た非常に大きな支えでした。

(3. クラスの隣では本気の英語学習が展開)
プレゼンスにはいくつかの部屋があるんですが、ホームページにもあるように英語のクラスが沢山あります。

毎週プレゼンスに行くと、とんでもない量の英語学習をされている方が沢山いらっしゃいました。
会話しなくても、その方々を(こっそり)観察してるだけでちょっと燃えてくるのです。負けねーぞと。何度も覗き見してすみませんでした・・・。

これからアジア経済圏を中心に激動を迎えるだろう中で、その時代のハブになりたいなぁ!という妄想を抱いていました。

霧の立ち込めたその妄想を、現実的な志に変えるための武器と根拠を与えて頂いたプレゼンスに、改めて心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

K.Hさんが受講された中級コースはこちら