体験談

中国語初級コース

本当に身につく中国語ならPRESENCE

T.Mさん(29歳・会社員)

もともと大学の第二外国語で中国語を勉強した経験があるものの、長年の社会人生活ですっかり忘れてしまっていました。
それにも関わらず、ただ「中国語経験あり」という理由だけで中国案件の責任者を任されてしまい、途方に暮れていました。

どうしても短期間で中国語力を高める必要に駆られてプレゼンスを受講しました。
そもそも外国語は能動的な姿勢で学ばないと伸びるわけがないと思っていましたので、普通のマンツーマンレッスンの学校に通うつもりはありませんでした。短期間というのと、真剣に学ぶ雰囲気が自分のニーズにマッチしていると思いました。
結果として私のスクール選びは大正解だったようです。大学で2年間第二外国語で学んだ成果よりも、この1ヶ月間で得たことの方が遙かに大きかったと強く実感しています。

プレゼンスで学ぶ中国語の何が効果的だったかというと、1) やるべき学習内容が明確であること、2) クラスメイトの皆さんから刺激を受けられたこと、という2点だと思います。

1) 学習内容が明確であること
プレゼンスでは毎回の講義で宿題が課されます。単語は100語単位で覚えてくるよう宿題がでますし、文法書1冊を最初の1週間で一気に取り組みます。正直、多いと感じる量ですが、教材の範囲もやり方も具体的に定められているので、何をすべきかで迷う必要がなかったというのは気が楽でした。
過去にマンツーマン英会話と独学の組み合わせで苦労して遠回りで英語を習得してきた経験があるので、やり方の模索が要らないのは本当にありがたかったです。

2) クラスメイトの存在
クラスに集う皆さんは、仕事もそれなりに忙しそうな皆さんでした、みんな忙しい生活の中でしっかり勉強をしてクラスに臨むので、いい競争心がかき立てられてモチベーションを維持してこられたと思います。メーリングリストのやり取りで他の方の状況が想像できるのも心強かったです。もし私一人の独学だったとしたら、途中で甘えが出てしまっていたと思います。

コースが終わって感じる変化としては、中国語のメールも辞書に頼りながらですがずいぶん楽に読めるようになりましたし、中国人スタッフと中国語でやりとりできる場面がずいぶん増えました。さんざん反復して宿題で覚えた基本センテンスが無意識に使えると、「ああ、身についているんだな」と実感できて本当にうれしかったです。

今はプレゼンスの勉強メソッドでリスニングとボキャブラリ増強に取り組んでいます。
本格的な中国語学習を始めるにあたりプレゼンスを選んだのは本当によかったです。本当にありがとうございました。

T.Mさんが受講された初級コースはこちら