体験談

英会話中級コース

英語で話すことに対する恐怖心がなくなりました!

K.Oさん(30歳・大学院生)

プレゼンスでは、TOEIC750点コースでお世話になり、その効果を実感し、大学院の夏休みを利用して英会話中級コースを受講することにしました。もともと日常の会話には自信がなく、このままでは、転職をしてもグローバル人材として活躍できないのではないかという危機感を持っていました。そこで、英会話の基本を習得すべく、受講を決意しました。

コースに入学して最初に痛感したことは、簡単なことでも英語で表現できないことです。コースが始まったばかりのころは自分の考えや思いを英語で伝えたいと思っても、どのように伝えればよいか分からなくなることがよくありました。
これには2つの理由があります。

1つは、単語力です。英単語の意味がわかっていたとしても、日本語から英語への変換は全くできていませんでした。センター試験レベルの英単語であっても、日本語から英語にすることができなかったのです。コースでは基本レベルの英単語(3000語)について日本語からへ英語の変換を徹底的に定着化させるため、自分が言いたいことに対応する英単語が瞬時に思い浮かぶようになりました。

2つ目は、難しく考えすぎてしまうことです。私は、これまでに英語で自分の考えを伝える経験がほとんどありませんでした。慣れ親しんだ日本語の表現に対応する英語を考えてしまうため、対応する表現が見つかなくなると、混乱してしまうことが多くありました。コースでは、自分が伝えたいことをシンプルなセンテンスに分割し、簡単な表現で伝える訓練をすることで、言いたいことを相手に伝えることができるようになりました。

また、コースではリスニング能力を大きく改善することができました。TOEICコースでもリスニング対策に力を入れたことで、スコアを100点ほどアップできましたが、コース終了後は伸び悩んでいました。リスニング能力を高める訓練としてシャドーイングを徹底的に訓練したため、リスニングを正確に聞き取る力を高めることができました。

最後に、コース全体を思い返すと、英語で話すことに対する恐怖心が無くなったことが大きいと思います。おそらく、言いたいことをシンプルに言えるようになったことが、英会話に対する恐怖心の克服に繋がったのだと思います。
本当にお世話になりました。ありがとうございました。

K.Oさんが受講された中級コースはこちら


ただ一つ言えること。それは私の英会話力の伸びは100%プレゼンスの効果だ

Y.Kさん(41歳・外資系勤務)

私は外資系の会社に勤めていて、英語必須な毎日の中で切羽詰っていました。ある時、プロジェクトの日本責任者という立場で、各国からメンバーが集まるミーティングに参加しなければなりませんでした。すべて英語で行われるミーティングで、私はYesとNoしか言えず、自分の意見なんて到底話せるレベルではありませんでした。私のひどい英語にあきれた外国人の上司からは「英語を話せるようになることが急務だ」と言われてしまいました。しかしどうすればいいのかさえ分かりませんでした。

とりあえず英会話スクールに通おうと、探し始めました。ネイティブスピーカーと話す大手英会話スクールは、過去の経験からあまり効果がないことは知っていたので、日本人が教える英会話スクールを探していると、プレゼンスに出会いました。

しかしながら1回目のクラスが終わった後は、スクール選択を正直間違えたかもしれないと思いました。なぜなら、宿題の教材が基本的な単語や例文であるうえ、授業中、話せない人同士が英語で話しても、英会話は上達しないだろうと感じたからです。4週目に入っても効果は感じられず、私は次第に焦りを感じました。変化が起きたのは6週目が過ぎたころです。そのころ、私は上司(外国人)に呼ばれ、現在のプロジェクトの進捗と問題点について説明するよう言われました。私は胃が痛くなっていました。そんな難しいことを英語で説明できるはずないと思い込んでいたからです。もう開き直るしかないと、「通じなくても、変な英語でも知ったことじゃない」と思い話し始めました。ところが・・・ここで私は自分に驚きました。「言いたいことのほとんどが英語で話せるッ!」 しかも、プレゼンスの宿題で覚えた構文と単語をフル活用していました。上司も私の英語の上達を認めてくれました。

この上司とのミーティングがなければ、私は自分の英会話力の向上を知ることは出来なかったかも知れません。それほど英会話力の伸びというのは自覚しにくいものです。しかし今、ただ一つ言えることは、私の英会話力の伸びは100%プレゼンスの効果だということです。なぜなら、上司から「英語力を何とかしろ」と言われてから英語を評価されるまでの間、プレゼンスの宿題しか英語の勉強をしていなかったからです。

私の英語はまだまだですが、今後何をしていけばよいのかということも、プレゼンスのおかげで明確になり、クラスが終わった今も同じペースで勉強を続けています。そして近い将来、さらなる向上を目指し、再度プレゼンスの門を叩くことになると思います。
本当にお世話になりました。ありがとうございました。

Y.Kさんが受講された中級コースはこちら


確実な成果を感じながら、さらなるスキルアップを目指して

F.Tさん(35歳・メーカー勤務)

英会話中級クラスでは、コーチ、クラスの皆様、本当にお世話になり、ありがとうございました。
8週間は、期間こそ短いものでしたが、とても密度の濃い時を過ごすことができました。

英語を話す環境にない私にとって、最初のころはブランクを感じる日々でした。
英単語も簡単なレベルからつまずいてしまい、クラスを間違えたかな、、と感じていましたが、クラスの皆さんのメールや、レッスン中のコメントなどに励まされながら、欠席することなく続けられたことに大きな喜びを感じています。

仕事、子育てと、英会話の両立は大変なときもありました。しかしコーチから勉強の仕方、英語学習のための時間の取り方などを教わり、少しづつ自分の習慣を良い方向に変えることができたのが、すごく良かったと思います。

私の場合はコーチのアドバイスのもと、ストップウォッチを片手に仕事の効率を上げて、早朝の冴えている時間帯に英会話のトレーニングをすることで、効率よく学習を進めることができました。
この習慣は仕事面でも家庭面でもより充実した楽しい生活を送るために、大きな成果をあげています。

英会話中級クラスを受講して、成果を感じている点は、

  1. 英作文の作成能力(特に作成時間)が格段に上がったこと
  2. ネイティブと話すことの苦手意識が薄らいだこと。
    (完全になくなったわけではありませんが、確実に苦手意識は減っています)
  3. ヒアリング能力が格段に上がったこと。ニュースなども最初はチンプンカンプンだったが、少しずつ理解できるところが増えてきているのを感じます。
  4. さらに英語能力を磨くためには何をすればよいか、その道筋がわかったこと。
  5. 時間管理、集中力、モチベーションの維持など、自分をスキルアップする習慣が身に付いたこと。
  6. 信頼できる大切なクラスメイトを持つことができ、一緒に切磋琢磨することの大切さを実感できたこと。
    (これは非常に大きな安心感につながりました)

があります。

1年半前に新婚旅行で海外に行ったのですが、私は全く英語が話せず、恥ずかしい思いをしました。しかし今、英語がスムーズに出てくる瞬間があり、急激なスピードで英語が上達したことに、妻も驚いています。あらためて、プレゼンスのすごさを感じました。

これからも、さらに英会話のスキルアップを目指していくつもりです。

今月末から、TOEIC750点クラスを受講します。
学習時間はさらに増えることになるかと思いますが、きっと英会話中級クラスで培ったノウハウや習慣がとても役に立つことを確信しています。少しずつステップアップしていく自分をイメージしながら、これからも楽しみながら英語のスキルアップを目指していきます。

今までお世話になりました。そして、これからもよろしくお願いいたします。

F.Tさんが受講された中級コースはこちら