体験談

英会話上級コース

「自分にとって英語が武器になっていく」 確かな手ごたえを感じた8週間でした。

M.Wさん(39歳・会社員)

「このまま今の会社で海外にいたら、英語は今よりも話せるようになるだろうな・・・」それが前職を辞める時に迷ったことでした。
いわゆる大企業の海外拠点に勤務していた5年前、自分の手でゼロから世界に展開できるようなサービスを作っていきたいとその企業を辞めて日本のベンチャー企業に飛びこむことを決意したものの、英語力を磨きやすい環境を手放すことには正直もったいなさを感じていました。当時は、例え日本に帰ったとしても、本気になればどんな環境でも英語は身につけられると半ば信じ、半ば自分を言い聞かせ、前に進んだのを覚えています。

そのベンチャー企業では想像以上に毎日がめまぐるしく過ぎていき、最近になって自分たちが作ったサービスを海外に展開できる可能性が高まってきたものの、ずっと仕事で英語を使うこともなかったために私の英語力は見事に低下。英語で会話することにちょっとした恐怖を感じるようになってしまっていました。
「海外にもう少し長くいればよかった、日本に帰ってきてからも英語の勉強をしておけばよかった」と後悔したところで後の祭り。このままだと英語力がネックでせっかくのチャンスをつかみ損ねるかもしれない、これまでの自分の歩みを後悔するかもしれないと強烈な危機感を感じました。

その時に思い浮かんだのが前職で海外赴任を希望していた頃にTOEFLのスコアアップのためにお世話になったプレゼンスでした。当時は毎週毎週こなし切れないのではと思うような量の宿題が出されて非常にハードな環境に追い込まれたものの、コーチから適切なサポートを受けつつ、同じ目標をもった仲間たちと励まし合うことで何とかカリキュラムについていき、結果的には短期間で大幅なスコアアップを実現することができました。

今回自分が伸ばすべきはテストのスコアではなく英会話力でしたが、英会話の領域においてもプレゼンスのメソッド・環境であればきっと自分の実力を一気に引き上げることができるはずと思い、改めて英会話コースに参加することを決めました。

コースが始めると想定通りのハードな日々が続きましたが、単語、熟語、基本構文を使ったフレーズに関して、今までの英語学習ではやってこなかった日本語から英語という方向でのインプットとアウトプットを繰り返すことで確実に英会話力がついていくのを感じることができました。クラスの仲間の前で本気で英語を話すという経験も自分の弱点を客観的に振りかえる良い機会になりました。

そうして充実した2ヶ月間はあっという間に過ぎていき、コースが終わった時には自分の英会話に対する気持ちに明らかな変化が生まれていることに気づきました。今後は英語が自分にとっての武器になっていくなという確かな手ごたえを感じられていたのです。

私の英語力はまだまだですし、努力を止めてしまえばすぐに積み重ねてきたものが失われてしまうと思いますが、プレゼンスに通う前とは違い、今では英語力を伸ばしていく方法をきちんと理解し、それを実践する習慣が身体に染み込んでいます。
この歩みを止めなければ自分の英語力は確実に伸びていくし、後から振り返った時にプレゼンスに通った2カ月間が自分の人生を変えるターニングポイントだったと思うようになるはず、今ではそう感じています。

私にこれまでの自分の歩みに対する自信を取り戻させ、将来に対する期待をより大きくしてくれたプレゼンスにはとても感謝していますし、もしも本気で英語を学びたいという人が周りにいたら必ずプレゼンスをお薦めしようと思っています。

本当にありがとうございました!

M.Wさんが受講された上級コースはこちら


短期間でこれだけの成果を出せたのは、やはりプレゼンスだったから

Y.Sさん(日本語教師)

私が英会話を学ぼうと思ったきっかけは、仕事で外国人と話をした時、驚くほど英語が話せない自分に気づかされたからでした。単文でのやりとりはできても、理由付けや仮説を言おうとすると言葉に詰まって先へ進むことができず、自分の意図を相手に伝えることができないことにもどかしさを感じていました。40代後半にアメリカの大学院を目指し、1カ月でTOEFLの目標スコアを達成できたのもプレゼンスの御陰だったので、英会話もここなら結果が出せると思い申し込みました。

早速コース開始直後に手応えを感じました。初回の授業でのコーチからの説明で、「自分はなぜ英語が話せなかったのか」「今後意識的に何を取り組んでいけば良いのか」といったポイントが明確になったからです。

しかし、その後は苦しい日々が続きました。例えば、英語脳養成のために負荷の高い教材を使用してシャドーイングの練習を行ったのですが、なかなか上手くできず、すらすら言えるクラスメイトたちが羨ましく思えました。課題克服のためにポータブルプレーヤーをいつも首からぶら下げ、時間があれば聞いていました。耳にタコができるという諺はうそではないとわかった位、繰り返し聞いてました。

また、忙しい日常の中でどうやって時間を捻出し、トレーニングを継続していくのか、勉強の環境作りにも苦労しました。クラスメイト達が皆優秀で、忙しい中でも課題をやり遂げてクラスに臨んでくる姿を見て、落ちこぼれの敗北感を感じたりもしました。そんな時に、コーチの与えるコメントは毎回身にしみました。コーチの"比較する相手はクラスメイトではない。自分自身の定めた予定に対してどれだけ出来たかだ"という一言で吹っ切れ、それからは開き直ってトレーニングに取り組めました。

すると、4週目を過ぎた頃から、自分の中で変化を感じ始めました。それまで何度も繰り返し行っていたシャドーイングの成果で"英語脳で話している感覚"が感じられるとともに、暗記してきた単語や例文が自分のモノになっている感じを掴んだのです。コース後半のスピーチの練習では、英語らしい構成や具体例を交えて相手の理解を促すことを常に意識するようにしました。その延長でコースの途中ながらスピーチコンテストにも挑戦し、その経験を通して英語で語るコツも掴めたように思います。

そして気づいたら、最終回。英語で語れることの喜びを、仲間たちと最終日に分かち合っていました。この仲間たちとはこれからも励まし合いながらつき合う事になりそうです。同窓会兼スピーチ大会を先日終え、次回の同窓会では何について英語で話そうかと今からうきうきしています。

また、今年の夏カナダの学会で発表することも決まり、質疑応答は勿論、パーティーでの会話も楽しみになりました。こんな短期間で成果を出せたのは、やはりプレゼンスだったからだと確信しています。

Y.Sさんが受講された上級コースはこちら


自ら勉強するカリキュラムであったこと、短期で力をつけるカリキュラムであったこと

これからも、何をすべきかがわかる
S.Mさん(東京在住・学生)

私は小さい頃から英会話を習っていたものの、いつも自分の英語力不足に悩んでいました。海外に興味があり、旅行や短期留学、交換留学もし、たくさんの楽しい経験が残った一方で、帰国する度に思うことが、「もっと話せたら、もっと楽しかったんだろうな」ということでした。

そのため、今までに5つくらいの英会話スクールに通ってきましたが、納得のいく結果を残すことはできませんでした。
大学4年の11月、交換留学と主食活動を終え、大学時代に遣り残したことは、自分の英会話力を満足のいくところまで伸ばすこと、と思い、プレゼンスに通うことに決めました。プレゼンスに決めた理由は、以前通っていた友人から話を聞いて興味を持っていたこと、今までの英会話スクールは、その時間内のみで「習っている」だけで、自ら勉強することがなかったので、プレゼンスが自ら勉強するカリキュラムであったこと、短期で力をつけるカリキュラムであったことです。

たった2カ月がとても濃い2カ月でした。最初から最後まで宿題の量の多さについていくことが大変でしたが、ただたくさんんの教材に手を付けるのではなく、ちゃんと「幅」を持ってインプット、アウトプットを繰り返すことで、自分でも力がついていくのを実感することができました。また、一人ではなく、素晴らしいアドバイスをくれるコーチと、一緒にがんばる志の高い受講生たちのおかげで最後まで頑張ることができました。

それでもまだ自分にやり残しがあると思っていますが、コーチングで、やみくもに勉強するのではなく、何をすべきかをわからせてもらいましたので、これからも勉強をし、旅行先で英語を使う機会を楽しみにしています。

S.Mさんが受講された上級コースはこちら