体験談

英会話初級コース

娘のホストマザーと京都観光が目標。

「私にもできるんじゃないの?」が「私にもできた!」の成功体験に!
M.Sさん(48 歳 子育て支援者&主婦)

娘のホームステイ先のホストマザーが夏休み一ヶ月我が家に滞在する―。
英語をやり直したいと、長い間漠然と思っていた私に最大のピンチ、いやチャンスがやってきました。夏はもうすぐ。大急ぎで結果を出さなければ。
思えば、昔は英語が好きだったはず。中学で英検2級を取得したのに、大学受験の長文読解につまずき、社会人になってから英語を使う機会は皆無。主婦になってからは絶無に近い。海外旅行が趣味といいつつも、近頃は海外での会話は夫まかせ。そんな自分をなんとかしたい。私だってやればできるんじゃないの??
いつも頭の隅にひっかかっていた思いを解決するときがやってきたのです。
プレゼンスを選んだきっかけは、HPで子育て支援の分野で尊敬している代表の方の体験談を読んだことでした。その中の「結果を出す、スパルタ」との言葉が印象的でした。どうせやるなら、しっかりやって結果を出したい。元々、普通の英会話スクールは無駄だと感じていた私。そんな中プレゼンスの掲げるコーチングスタイルにも惹かれました。コーチングとは、「人々を目標達成に導く」こと。「教える」ことに重点をおく「テイーチング」とは異なり、自分を目標に導いてくれるコーチとのやり取りの中から、自分自身で目標を達成していく。
ここならいけるかも、と確信がめばえました。

第一回目の授業で、まず行なったのは「受講にあたっての目的」や「英会話をモノにして叶えたい夢のシーン」を書くこと。目標なくして達成はありえません。そして、そのための自分のメンタルブロック(障害)や、アクション、時間の確保なども明確にしていきます。
私の夢のシーンは「ホストマザーのキャシーと京都の祇園祭りに行き、日本の伝統文化を楽しく談笑しながら説明する」というものでした。しっかりと具体的にビジョンを書いてコーチに提出。クラスメートの仲間と共に、ゴールに向かっての8週間が始まりました。

プレゼンスの勉強法は単語、構文、シャドーイングをこなし、最後にスピーチという流れ。噂どおり宿題はどっさり出ます。最初の一週間で単語本は 100ページ超え、 60以上の構文の暗記からスタート。ローテクな私も音源をスマホにダウンロードしては、いつでもどこでも聞きまくり、ぶつぶつと呪文のように繰り返しました。まずは単語を多く知って、構文を理解してから。話すのはそのあとに。この勉強方法も、とても納得できるので安心して宿題に打ち込める要因となりました。
そして数週後にはシャドーイングもスタート。シャドーイングは、リピートアフターミーに慣れた世代にとっては、戸惑うものですが、英語をそのまま理解し発することと、英語脳育成が目的。英文をそのままに、すぐ後からフォローしていくイメージです。 私は当初このシャドーイングが苦手だったのですが、コーチがシャドーイングを日本語で実践してみせてくれ、コツがつかめました。また、プレゼンスは一緒に学ぶ仲間がいるため、疑問について調べた事を話してくれたり、週一回お互いの進捗状況を報告するメーリングリストで勉強のコツを伝授してくれたことにも助けられました。
単語、構文、シャドーイングとこなしていくと、ようやくスピーキングです。スピーキングに関しても週ごとにテーマが設けられ、段階を追って無理なく話せるようなしくみができています。ここでの私の気づきは、文章の組み立てが散漫なこと。コーチから指摘をうけ、文章を練り直したり、いいたい事をテーマに絞って組み立てなおし、それを英語で行なうコツを徐々に獲得していきました。その頃には、自分の使える単語や構文もかなりストックされてきています。難しい言葉でなくても、自分が知っている単語や習った構文で、時制に気をつけつつ、話していくこと。今まで勢いだけだった私の英語に、丁寧さと正確さが加わった瞬間でした。

そして最後ファイナルスピーチ。好きなテーマで7分間、皆の前でスピーチです。私のテーマは趣味である「能楽」について。「能」というのは、とても抽象的で日本語で説明するのも難しいテーマなのですが、自分が知っている英語でわかりやすく能の意味を伝えることを目標に努力しました。コーチの「1日30回は鏡の前で練習してね」の言葉。学生時代なら聞き流していたであろうそんな言葉も、自腹を切って勉強している自分、しかも忙しいビジネスマンのクラスメート達が時間をやりくりしている中、時間だけはある私には、「やるしかない」スイッチが入った言葉でした。結果、スピーチは無事成功。クラスメートからも「能の難しい意味が簡単な言葉で説明されていて、とてもわかりやすかった」とのコメント。自分の言葉で話すことの楽しさと、やり切った達成感。8週間のファイナルは「私にもできるんじゃないの?」が「私にもできた!」の大きな成功体験となりました。
そして迎えたホストマザーとの夏。
京都、神戸、箱根、鎌倉、横浜、東京と案内し、京都の祇園祭りでは鉾に乗り伝統芸能を説明して、目標を無事達成。それだけではなく、お互いの人生について、子育てについて、おおいに語り合い、忘れられない素晴らしい一ヶ月となりました!これもプレゼンスで自信がついたお陰としみじみ感じています。有り難うございました。これからも次なる目標に向かって、ますます英語の勉強を続けたいと思います。

M.Sさんが受講された初級コースはこちら


自分の目標に導いてくれる、それがプレゼンスです!

R.Tさん(48歳・主婦&パート)

今年の春、約10年ぶりに海外旅行でベトナムに行った時、店員さん相手に本当に簡単な英語が口から出てこなく、脂汗を欠いた経験をしました。それまでも時々英語の勉強をしようと試みても家には真新しい本とCDが溜まるだけで長続きしません。「じゃあ、人生初の英会話スクールは?」と探していた所、目に留まったのがプレゼンスでした。一週間10時間以上の学習時間が取れるかが最大の壁でしたが、あのベトナムでの惨めな自分の姿を思い出し、「いつやるの?今でしょ!」の勢いで受講を決心しました。

プレゼンスでの学習方法はとても明確で、まず基本的な単語・構文をプロセスに従い徹底的にインプット・アウトプットして、「知っている⇒使える」ようにして行きます。そして、シャドーイングではそっくり真似できるまで反復練習する、これを毎回確認テストを通して一週間の勉強を振り返り、何故出来なかったか、クラスメートはどんな工夫をしているかを話し合い、コーチからの個々へのアドバイスで次の目標を設定して行きます。

ひとたび勉強の仕方が分かると後は「やるかやらないか」なので、とにかく出来る限りの事をして授業に臨みました。すると、やってきたことが⇒評価され⇒さらにやる気が出る⇒勉強がしたい・楽しい、と言う好循環の軌道に乗ることが出来ました。そうなると今度は、「ここを○○するともっと良くなる」とコーチは更なる負荷をかけて来ます。例えばその一つに、“r”から始まる単語の発音を指摘された事がありました。私は、シャドーイングのテキストの“r”全てに印を付け意識して練習しましたが、一週間では改善できず、初めは口の構造が違うから「無理!」と決めつけていました。でもしつこく続けていると三週間位経った頃、「あっ、言えている!」という瞬間が来ました。この事は、「私には出来る」という自信に繋がったと思います。

この単語・構文・シャドーイングは、セルフスピーチにも活かされ、覚えた事を頭の中から引き出し、なるべく簡単で分かり易い文章で話す基礎になりました。でも、そう簡単に言いたい事が言える訳ではありません。人前で話すのが大の苦手な私でしたが、ここでは「間違ってもいい、とにかく大きな声でジェスチャーや表情豊かに」というプレゼンスの掟に後押しされ、家では家事をしながらぶつぶつ話してみたり、鏡の前で声を出しジェスチャーを加え、時には声を録音して自分の癖を修正し、最終スピーチでは約8分楽しく演じる事が出来ました。2ヶ月前とは確実に違う自分に気付く筈です。この感覚は、例えばピアノの発表会や部活の合宿などに似ています。一曲を完璧に暗譜するため部分練習で一章節から二章節へそして全体の通しを、これはシャドーイングで舌が回らない文があると一語から二語そして一文をすらすら言えるようにするのと同じです。また、部活の合宿等は短期間で集中して練習する為、終わった時に一段高い所にいる、こんな経験をしたことがありませんか?プレゼンスも短期間に集中してやる、だから成長を実感できる、そういう場でした。

この2ヶ月間は人生の中で最も濃い時間だったと思います。でも、「何故あんなに必死に出来たんだろう?」と今では不思議ですが、これはやはり何と言ってもクラスメートと切磋琢磨出来た環境にあったこと、そして毎回次なる目標を設定出来るよう、優しく時に厳しくコーチが励まし導いて下さったからこそ、最後までモチベーションを保つことが出来たのだと思います。

プレゼンスは本物です。プレゼンスに出会えて良かった! 感謝の気持ちで一杯です。
本当にありがとうございました。

R.Tさんが受講された初級コースはこちら


英語=辛いというイメージが払拭された刺激的な2ヶ月!

I.Yさん(36歳・会社員)

以前に通った英語スクールがハードで、スクールをリタイアした私には、「英語=辛い」という刷り込みが生まれました。英語ってこんなに辛い思いをしないといけないのか?と疑問が湧き、英語の勉強が長らくストップしました。

そんな時、「2ヶ月で話せるようになる」というPRESENCEの広告を見つけ、すぐに申し込みました。短期間なら辛い事も耐えられるかもしれない、そう思ったからです。

2ヶ月のコースを終えて、私が思うのは下記の3点です。

  1. コーチと仲間と楽しく勉強できた
  2. 英語の勉強方法が分かった
  3. 確実に英語が身に付いていると実感した

1. コーチと仲間と楽しく勉強できた
「英語=辛い」と刷り込まれていた 私にとって非常に大きな収穫でした。宿題はそれなりに大変でしたが、コーチからのアドバイスや同じ課題に取り組む仲間との2時間半は、非常に楽しく刺激的なもので、「英語=辛い」というイメージは払拭されました。
単純に「楽しかった」です。コーチが私達を盛り上げてくれて、クラスの仲間みんなで笑っている、そんな2ヶ月の思い出です。

2. 英語の勉強方法が分かった
単語、構文、シャドーイング、スピーキングと、コースを終えた後も自分で学習ができる勉強方法を教えてもらいました。また、時間の使い方まで学べた事は、私の生活においても有意義なものとなりました。

3. 確実に英語が身に付いていると実感した
色々なスクールで勉強しましたが、短期間で一番自分の伸びが実感できたのはPRESENCEでした。基礎が身に付いていない漠然とした不安のあった私ですが、英会話の基礎を構築できた事で自信がつき、外国人に話しかけてみたり、英文メールも以前よりスラスラとかけるようになったりと、英語への抵抗が大分減りました。

今現在は、英会話中級コースに進んでおり、初級コースの仲間も中級コースに進んでいます。初級コースでは全くできなかった自己紹介が、2ヶ月経過後の今はきちんとできています。これは大きな進歩だと思っています。もっと英語を上達したい、そんな思いです。

I.Yさんが受講された初級コースはこちら


「もっと頑張ろう!」という気持ちが続いています

W.Eさん(33歳・会社員)

これまでに何度も「英語が話せたらいいな」と思う場面がありました。例えば、海外旅行に行った時、仕事で英語の資料を用いる時、日本語以外を話す方を紹介された時・・・。それでも何も始めなかったのは、生来の怠け者気質であることや、どのように始めたら良いのかが分からなかったのが原因だと思います。
そんな日々が続いている中、昨年、かねてからやってみたいと思っていた仕事があったのですが、英語が話せなかったことで断片的な関わり方しか出来ず、残念な思いをしました。その悔しい思いをきっかけに、噂に聞いていた「スパルタ学校プレゼンス」を訪ねる決心をしました。

最初にコーチからプレゼンスのメソッドについて、また、「英語の上達には2000時間くらいの時間が必要」という話を聞き、それならできそうだ!と思えました。クラスがスタートしてからは、プレゼンスのメソッドを信じて課題を生活の中に組み込み、ついていくだけでした。 根深い怠け者気質もあり、また、それなりに忙しい仕事を抱えていたため、満足できるだけの時間を課題に注ぐことができない時もありました。それでもコーチの厳しくも真に優しい励ましや、クラスメイトの意識の高さ、自身で立てた目標を何度も思い返させてくれる環境があったおかげで、「もっと頑張ろう!」と2ヶ月間ベストを尽くしながら楽しく充実した時間を過ごすことができました。

 

最後には、ファイナルスピーチという5分間のスピーチが待っており、受講開始時には正直な気が重く、「私には無理だ」と思っていました。なぜなら、それまで英会話学校に通ったことはなく、人前で英語を話すなんて恥ずかしいと思っていたからです。しかし、英語を話すことに努力を惜しまないクラスメイトの熱意や、クラスではむしろ英語を話す努力をしないことの方が恥ずかしい、とさえ思える雰囲気のおかげで、最後には5分間のスピーチをやり遂げることが出来、「もっと頑張ろう!」という気持ちのままコースを終えることができました。

次のクラス受講を検討しており、これからも継続して英語を勉強していければと思っています。

W.Eさんが受講された初級コースはこちら


初めて「やればできる」と思えました

O.Aさん(37歳・臨床心理士)

もともと英語に苦手意識が強く、“Good morning”と言われても「おはようございます」と返すほどでした。そんな自分が英会話スクールに通う気になったこと、そして、私もやればできると思えるようになったことに我ながらびっくりしています。

事の始まりは、ここ数年アメリカ人トレーナーのセミナーに参加するようになったことでした。セミナー中は通訳の方が全て日本語に訳してくれますが、休み時間に他の参加者が英語でトレーナーとやりとりしている姿を見て、とてもうらやましく思ったのです。
難しい話はできなくても、せめて日常会話くらいなんとかしたい・・・そんな気持ちでネットを見ていた時、目に留まったのがプレゼンスの広告でした。たった2ヶ月で結果を出す?本当に?説明を読むと、英会話“コーチング”スクールと書いてあります。コーチングの良さは以前から知っていたので「ここなら私も変われるかもしれない」、そう思って申込みました。

初回のクラスは、自分の目標をはっきりイメージすることから始まりました。私はそこで、念願かなって、セミナーの休み時間にトレーナーと英語で話している自分をイメージしてみました。次にクラスメイトみんなの目標を順番に聞いていくうちに、クラス全体のモチベーションが上がって行くのを感じました。そして目標を明確にする一方で、どんなことがメンタルブロックになっているか、それを意識して外そうとする作業もありました。

 

実際に授業が始まってみてとても良かったのは、出される課題と先生やクラスメイトのサポートです。単語・構文の暗記、シャドーイングなど、宿題をちゃんとやれば力がつくように準備されています。あとは全てこなせるか、問題はそれだけでした。宿題はかなりの分量なので、自分1人ではとても続かなかったと思います。そんな時も、次の授業までの間、メーリングリストでのサポートがあったおかげで、「みんなもがんばってるんだから私もがんばろう」と思えました。コーチからもいつも前向きなコメントをもらえたので、それも心強い追い風になりました。

初級コース全8回のうち7回が終わった時点で、当初目標としていたセミナーに参加しました。ドキドキしながらトレーナーの周りのおしゃべりの輪に加わってみると・・・7割位は何を話しているかわかりました!その上、宿題で練習した構文を使って、少しですがちゃんと“会話”もできました!毎週の宿題が耳と口をトレーニングするためにしっかり役立っていたことがわかり、とても嬉しかったです。

振り返って一番ありがたかったのは、やればやっただけ力がつくことを実感させてもらえたことです。おかげであんなに苦手意識が強かったのに、私もやればできるかも!と思えるようになりました。それが何よりの収穫です。
コーチ、クラスメイトのみなさん、本当にありがとうございました。次は中級コースにチャレンジしたいと思います。

O.Aさんが受講された初級コースはこちら


今までの人生で最も勉強できた8週間

S.Oさん(会社員)

学生時代より英語は苦手。勉強しても中途半端なままで身に付かず、どこかでガツンと勉強しないとこの長いトンネルを抜けることはできないと思いこちらの学校を選びました。といっても当初はおっかなびっくり最後まで受講できるかどうか自信もなく、とにかくできるところまでやろうと弱気な気持ちでのスタートでした。
しかしながら、コーチから投げられるパスを追っかけている内に、また、同じ目的を持ったクラスメートに刺激されながらどうにか8週間を完走することができました。

このスクールで学んだことは本当に多く全てを書き記すことは難しいのですが、基本的な勉強の仕方、一週間のスケジューリングから学習にあたっての心構えまで多岐にわたるものでした。
例えば、英語の学習は忘却曲線との戦いであり、覚えたことを長期記憶(定着)させるまで繰り返すこと、短時間で集中してやることなどの教えが印象的でした。
授業や宿題をこなす中で「口になじむ」まで繰り返しアウトプットを行い、集中力・忍耐力の必要性を再認識することができました。

英会話初級コースの場合、「単語」、「リスニング(シャドウイング)」、「基本構文」、「セルフスピーキング」(※自宅で一人で英語を話す練習)が課題となるわけですが、2.5時間の授業の中で全て行うことは物理的に不可能なため自宅学習(宿題)が重要になってきます(自宅学習もプログラムの一部ですね)。
授業では宿題の確認をする中で疑問点を解消、その際、一方的にレクチャーを受けるのではなく「腑に落ちる」学習ポイントを探しつつ指導(コーチング)してくれました。

また、週の半ばに勉強の進捗状況をコーチ&クラスメイトへメール。報告する度に進捗の遅れに気づかされ後半の学習に力が入りました。宿題の中で出てきた疑問点もこのメールで確認、いろいろとアドバイスをもらいました。
毎週、授業の中では自分の勉強の目的、ゴールは何か、ゴールしたらどう変わるかなどのレポートをコーチへ提出するのですがこれが自己分析のよい機会となり、ポジティブな気持ちを引き出し、かつ、学習への動機付けをより強固なものへ導いてくれました(だれだってしゃべれるようになったら人生変わって楽しくなりますよね)。

こういった指導を受けることで今までの人生で最も勉強した8週間となりました。メンタル面のアドバイスも的確で緊張感を持って学習を進めることができました。コーチのアプローチも自然体で押し付けがましさを感じなかったこともへそまがりな自分でもモチベーションを維持できた要因だと思います(コーチ、感謝!)。
次回はTOEIC600点コースを受講する予定です。

S.Oさんが受講された初級コースはこちら