体験談

中国語初級コース M.Rさんの体験談

「1ヶ月で徹底理解」は本当だった
M.Rさん(会社員・36歳 男性)

2012年12月、上司に呼ばれ、「来年の夏から上海に赴任してもらうかもしれない」と打診がありました。以前から海外赴任の希望はしていましたが、まさかの中国!全く想定していませんでしたので、何の準備もしておらず、まずは、急いで中国語の勉強を開始することにしました。中国語はこれまで一切勉強をしたことがなく、その時点で知っている単語といえばニーハオとシエシエくらい。インターネットで検索をし「1ヶ月で徹底理解」「1ヶ月で完成」といったかなり魅力的な言葉が並んでいたプレゼンスを見つけ即決しました。

さらに詳しくHPを見てみると自分の受けるべきコースはどう考えても「中国語準備コース」だったのですが、スケジュールが合わず、仕方なく「中国語初級コース」に申し込むことにしました。事前の説明会では、「中国語初級コース」に参加するためには、「基本的な単語500語の意味が分かる状態にしておくことと、基本的な文法書の内容を理解し、80文程度ある例文をすべて覚えておくこと」と言われました。そんなの無理だろうと心の中では思っていましたが、もう、やるしかない・・・という状況でした。
年末年始休暇を使って必死に覚えました。しかし、50%~60%位の暗記が限界でした。説明会で求められたことがこなせず、少し落ち込んだ状態で初回のクラスに臨んだことをよく覚えています。

最初のクラスでは、コーチからプレゼンス流の勉強方法を教えてもらい、大量の宿題が課されました。本当に大量の宿題で、次のクラスに臨む時には80%位までにしか仕上げられませんでした。でも、説明会で言われた宿題の仕上がりが50%~60%だったことを考えると自分の中では成長していると思ったし、本当に大量なので、100%は到底無理なんだと自分の中で限界を決めてしまっていたと思います。 しかし、他の受講生の中には、ほぼ100%の状態に仕上げてきている人がいました。このとき、自分の甘さを痛感し勉強に臨む姿勢が大きく変わったのです。

私にとっては、他の受講生の存在が本当に大きかったと思います。 受講生は私を入れて9名で、内、大学生が3名、社会人が6名。過去に中国語を勉強したことがある人が5名、私を含めて全くのゼロから開始した人が4名。中国語を今すぐに身につけないといけないのは私だけで、他の方々は将来に向けて勉強をされていました。皆志が高く優秀な人たちばかりで、とても良い刺激を受けました。 今でもたまに飲み会を開催して集まっており、これからも刺激し合える関係を継続していきたいと思っています。

HPの「1ヶ月で徹底理解」「1ヶ月で完成」は本当に正しかったです。まだ結果は出ていませんが、先日HSK3級を受けてきました。手応えは十分。まさか勉強開始から3ヶ月弱でHSK3級の合格レベルに到達できるとは思ってもいませんでした。 プレゼンスを選んで本当に良かったと思います。次は、「中国語中級コース」に参加して、夏の赴任に備えたいと思います。 (補足)その後、無事にHSK3級の合格通知が届きました!他の受講生も全員3級合格で、さらに4級にもチャレンジした2名も無事に合格していました!