体験談

英会話上級入門コース M.Rさんの体験談

プレゼンスでしか得られないものが必ずある
M.Rさん(会社員・29歳・男性)

私は当初、英会話上級入門コースではなく、TOEIC900点コースを受講するつもりであった。理由は2つある。まず1つ目は、TOEIC900点を1つの目標にして勉強を継続してきたが、まだ達成できていなかったこと。2つ目は、TOEIC900点くらいの英語の基礎力がなければ英会話スクールに通っても効果は低いと思っていたからである。

しかし、TOEIC900点コースには、私の仕事のスケジュールと合う日程がなく受講を悩んでいたところ、たまたま英会話上級入門コースにはちょうど良い日程のコースがあったので、思い切って申し込んだ。

私は、仕事で英語を使う機会もほとんどなく、いざネイティブと英語を話すとなると極度に緊張しうまく話せないという大の英会話恐怖症であったが、英語が話せない原因は「英語の基礎力がまだ低いからだ」とずっと考えていた。
しかし、プレゼンスに通って、それは間違った考え方であることを知ることができた。

プレゼンスでは、私のような英会話恐怖症を克服するためのノウハウやマインドについて数多く学ぶ。学んだことは多岐にわたるが、最も大きな学びは、「もっと英語力がついたら話せるようになるだろう、と思っているうちは変わらないぞ!」という言葉であった。

実際、私はそのように思っていたのだ。 英語を勉強してもなかなか話せるようにならない。だからもっと勉強する、又は、話す機会を増やして慣れるしかないと思っていたが、それは単なる言い訳であった。 「いつか、きっと話せるように…」ではなく「今、全力で話す!」この新しいマインドが得られたことは大変大きな成果であった。

プレゼンスでは、毎週課題が出される。ショートトークやディスカッション、プレゼンテーションなど、テーマは様々である。これらの課題に対して、「いつか、きっと…」という甘えは許されない。毎週の授業で、「今、全力で話す!」ということが求められる。 このトレーニングを2ヶ月間繰り返すことで、英語を話すことに対する自身のマインドが大きく変わった。
「相手が誰だろうと、テーマが何だろうと、今、全力で英語を話す!」というマインドでのプレゼンスの授業が終わった今も、仕事などで英語を話す時は、いつもこのように考えている。私のクラスメイトも、みんな、それぞれ英語を話すことに対するマインドが変わったと言っている。 これらのマインドの変化は、他の英会話スクールや独学では得られないものだと考えている。プレゼンスでしか得られないものが必ずある。

毎週、授業の課題は多いが、決して辛くはない。むしろ楽しい。コーチは、とてつもなく優しく、かつ、人として尊敬できる素晴らしい方であった。クラスメイトは、多種多彩な人達で、刺激的で、共に学べることは大変貴重な機会であった。このような素晴らしいコーチとクラスメイトで行われる授業は本当に楽しいものであった。

「新TOEICテスト900点、新TOEFLテスト100点への王道」を読んだ人であれば、英語を楽しく勉強することが大切だということは知っていると思う。私も、それはわかっていたが、実際に楽しむということには苦労していた。 英語を継続的に勉強はしているが、スコアもなかなか上がらず、英会話力も納得できるレベルからは程遠い。そんな状況で、どうやって英語を楽しむことができるのか疑問さえ感じていた。
しかし、プレゼンスに通って物事は180度変わった。毎週の授業が楽しい。宿題が楽しい。授業の確認テストが楽しい。気がつけば、英語を勉強することが楽しくなっていた。

「英語学習を楽しむ」。これもプレゼンスでなければ得られなかった変化であろう。プレゼンスでの貴重な学び、そしてプレゼンスでの素晴らしい出会いに本当に感謝している。