体験談

TOEIC 900点コース K.Tさんの体験談

TOEIC 795点 ⇒ 910点獲得 900点突破!

“プレゼンス流”は今後の財産
K.Tさん(25歳・会社員)

社会人になって2年経ち、ある程度仕事に余裕が生まれたため、なにか目標となるものが欲しいと考えプレゼンスに申し込みました。
そのため、当初より明確な目的があって申し込んだわけではありません。
しかし、入ってみると周りには本当に意識が高く優秀な方ばかりで、大変刺激になりました。
今思うと、もともと私は強い意志をもっていたわけではなかったので、彼らの刺激を受けることができたプレゼンスでこそ達成できた目標のように思います。

プレゼンスの講義では、"英語"というよりも
①最も効果的かつ効率的な勉強方法と
②勉強意欲の促進
に重点が置かれていると感じました。

①の最も効果的かつ効率的な勉強方法についてですが、例えばただ英語単語を覚えるということにしても、タスクが具体的かつ明確にされます。
一冊の単語帳を二ヶ月間で覚えるために、一週間でどの範囲をどの程度のレベルまで覚える必要があるか、またその覚える際のコツのようなものも毎週言い渡されます。
特に、試験で実用するためにどのレベルまで覚える必要があるのか (たとえば、1秒で和訳できる等) という点については、一人で勉強をしていると中々わかりづらいものだと思います。
その他にも、リスニングの勉強方法、速読、文法などプレゼンス流のスコアアップのための、最短の勉強方法を伝授してもらいます。

②についてですが、どんなにわかりやすい講師、教材であったとしても、学校で講義を受けている時間は週に数時間程度です。 それよりも仕事の合間や休日の過ごし方の方が重要になってきます。

こちらも単語テストを例に挙げると、毎週1秒で和訳ができるかどうか等のテストを行い、達成できなかった場合には今後どのように対応していくのかを講義の中で明確にし、クラスメイトの前で宣言していきます。
自己宣言することで、プレッシャーはかかりますが、同時に目標達成への意欲が格段に高まります。

その他にも、毎週勉強時間の報告や勉強時間が取れなかった原因の報告、週に一回のメーリスによる宿題の進捗報告、意識の高いクラスメイト、勉強スケジュールの策定等々、様々な側面から勉強意欲が高められます。

このように、プレゼンスでは2ヶ月間の短期集中で、①勉強の質、②勉強量の双方を自己最高のパフォーマンスで過ごすことができ、それに加えて試験用のテクニックも随所に教えていただくことができるため、飛躍的に点数を伸ばすことができました。

目標達成への体系的なプロセスを学ぶことができたので、TOEIC・英語以外にも、プレゼンス流の勉強スタイルを活かすことができると思います。

英語力ももちろんですが、このプロセスが今後の最も大きな財産となるかもしれません。

TOEIC 900点コース 体験談一覧
コーチの言うことだけを信じて勉強し続けました
A.Tさん(25歳・会社員)
弱点を伸びしろに変えて
Y.Aさん(50歳・会社員)
コーチとクラスの仲間に感謝をこめて
S.Mさん(35歳・メーカー勤務)
覚悟を決め臨めば間違いない
N.Iさん(40歳・会社員)
人生を変える2ヶ月
H.Mさん(30歳・会社員)