プレゼンスのTOEFL®TESTコースなら、短期間で、確実に、目標スコアを獲得します。

プレゼンスで開講しているTOEFL4コースの標準的なスコアの伸び。
弱点を克服し、やるべき対策をしっかり進めていけば、TOEFLテストの確実なスコアアップは可能です。

TOEFL70点コース TOEFL90点コース TOEFL105点コース TOEFL55点コース
  55点コース*大学生対象
(TOEIC 500点以上の方)
70点コース
(TOEFL 50点以上の方)
90点コース
(TOEFL 70点以上の方、TOEIC 800点以上の方)
105点コース
(TOEFL 85点以上の方)
Reading 18 22 27 29
Listening 14 18 23 28
Speaking 11 13 18 23
Writing 12 17 22 25
Total 55 70 90 105
なぜプレゼンスでは、短期間でTOEFL®TESTの目標スコアを獲得できるのか

TOEFLは難易度の高いテストですが、短期間で攻略する方法はあります。
プレゼンスでは、受講生の皆様の時間と労力を節約し、確実にテストの目標スコア獲得へと導きます。

「学びを深めるコーチング」
プレゼンスは、TOEFLテストの目標スコアを取るために必要なノウハウや勉強方法をお伝えするスクールです。英語そのものを教えるスクールとは異なります。
週1回のクラスでは上記の指導のほか、コーチとの様々なやり取りをしていただき、勉強姿勢や時間管理の改善、疑問の解消に役立てていただいています。

「効率を追求したカリキュラム&メソッド」
圧倒的な実績の理由は、基礎力を徹底するカリキュラムにあります。
TOEFLテスト用の問題集を解く、といった学習のみでは、テストでのスコアの伸びが止まるからです。
クラスでは毎週の課題を提示し、取り組み方を丁寧にご説明します。
「やるべきことが明確である」ことは、短期間でのTOEFLスコアメイクに不可欠であると考えています。

「共にTOEFL®TESTスコアアップを目指す、切磋琢磨できるクラスメート」
プレゼンスのコースはすべてクラス制です。
同じ目標を持った受講生が集い、担当コーチとともにTOEFLのスコア獲得を目指します。刺激し合える同志の存在は、孤独になりがちな学習において、大きな励みとなります。
<受講生の約85%が社会人。詳しいデータはこちらです(準備コースのみ大学生対象となっております)。>


ぜひ無料説明会にご参加ください。

受講生の様々なケースにお応えいたします。コース選択や学習方法の相談も受け付けています。
難易度が高いこと、留学などを視野に中長期的な計画が必要なケースが多いことから早めの説明会参加をお勧めします

東京校:0120-970-647



よくあるご質問

  • なぜ短期間で目標スコアがとれるのですか?
    • 一人ひとりの現状レベル、弱点・強みなどの特性、一日の学習可能時間の把握により、「何を」「いつまでに」「どれだけの量を」「どんな方法で」やれば目標スコアが出るか、という道筋を明確に提示し、迷いなく学習に取り組める体制を整えているからです。

      テクニックだけのスコアメイクには限界があります。プレゼンスでは「“英語脳”という真の実力」を養い、同時に「点取り屋としてのテクニック」も伝授します。その結果として、短期間でのスコアメイクが実現します。受講生の皆様にとって、スコアの獲得は目標への通過点。コーチングよって高いモチベー ションを維持しつつ、集中して一気に達成していただきたいと考えています。

  • 英語力にまったく自信がありません。それでもハイスコアは取れますか?
    • もちろんです。
      ハイスコア獲得のためには、徹底した基礎力の養成が不可欠です。まずは基礎をしっかり固め、その上で実戦力を養うことをお勧めします。
      特に、短期間のうちに高いレベルを実現したいという場合、実践力強化(本番同様対策などの問題演習)に飛びつきたくなりますが、試験対策以前の基礎の徹底がまずは絶対に必要であり、これがないと、あるレベルから上にはスコアが伸びていきません。

  • 今まで様々なスクールに行きましたがスコアが伸びません。どうしたらいいですか?
    • どんなに素晴らしい講義を受け、仮にそれを覚えても、それを習得して「本番のテストで使えるもの」にしなければ、単なる知識で終わってしまい、スコアアップにはつながりません。
      したがって、英語学習は、「自習のやり方」がきわめて重要なのです。
      プレゼンスでは、まずスコアが伸びない原因を分析し、一人ひとりに合った自習のやり方を丁寧にアドバイスし、フォローすることで、目標スコア獲得を実現します。

  • 仕事が本当に忙しくて勉強時間を作れる自信がありません。それでも大丈夫ですか?
    • 大丈夫です。
      激務の中、受講直後にTOEFL iBT20点以上、TOEIC200点以上もアップさせ、ハイスコアを獲得された方が、プレゼンス受講生の中にはたくさんいらっしゃいます。
      圧倒的に短い勉強期間だからこそ、ご自身の特性にマッチした効率的な勉強方法、そして高いモチベーションと集中力の維持が重要であり、それを支えるのがプレゼンスです。無駄なことはさせません。

  • 授業はどのように進行するのですか?
    • まずは説明会にご参加ください。
      前半:課題の確認テストとレビュー
      中盤:個別のコーチングと全体でのシェア
      後半:次週の課題と取り組み方の説明
      という流れを基本にしています。

      コーチングの時間では、コーチが1人ひとりの1週間の取り組み状況を確認の上、課題の確認テストの結果とあわせてアセスメントを行い、各自にとって最適と思われる学習内容・方法をフィードバックします。
      それによって勉強方法の疑問や不安をすべて解消し、「迷いが一切ない状態」で毎週の課題に取り組んでいただきます。

  • 以前CBTの勉強をしていました。iBT対策に不安を感じています。
    • まず最初に、スピーキングセクションが加わったことによって、多くの受験生はその正体が分からず、不安になるかと思います。しかしプレゼンスでは、併設している英会話コースのメソッドとノウハウを応用することによって、テストで求められる「言うべきことを正確に伝えるスキル」は短期間に確実に身につけていただけます。

      それ以外のCBTと同様の各セクションについては、基本的にこれまでプレゼンスで実践してきているメソッドとノウハウを用いて確実に英語脳を養っておきさえすれば全く問題ありません。

      iBTのリスニングセクションでは、音質も向上し、スピードも遅くなり、むしろ平易になったことから、確実な英語脳を養っておけば、CBTよりもiBTの方が、ハイスコアを出しやすくなったといえます。

      iBTのリーディングセクションでは、1問あたりの文章量は増えているので、より高速に内容を把握する力が求められることになります。しかしこのポイントについては、プレゼンスのGREリーディングセクションストラテジーを応用することで十分に対処できます。

      プレゼンスでは、TOEFL担当のコーチは、日本国内、又は米国にてiBTを定期的に受験しており、より最適なメソッドとノウハウの確立に対して仮説と検証を繰り返し、万全の対策を立てています。iBTは、「英語脳」「読解力」「問題解答力」など、基本的なスキルを身につけることで、目標スコアを確実に獲得できるテストです。

      >>詳しくはこちら

  • TOEIC・TOEFLを受けたことがなく、どのレベルのクラスを選んでいいのか分かりません。
    • まずは説明会にご参加ください。
      現状レベルと目標(スコア・時期)、一日の学習可能時間などをコーチが直接伺った上で、目標実現に最短の最適なクラスを、判断させていただきます。説明会ではコースの選択をさせていただくとともに、個別の学習相談も承っています。説明会・学習相談ともに無料です。

      説明会の日程、及びお申込みはこちら

  • 受講前・受講後のスコア実績はどのように集計しているのですか?
    • TOEIC/TOEFLの受験結果については、テスト受験後に担当コーチが受講生の皆様にお伺いし集計しています。集計した受験結果のうち、以下のような基準を設けて、その基準に当てはまる方のスコアを最終的な「実績」として公式に掲載しております。

      1.受講スタート時点の英語力が受講対象を満たしている(3年以上前のスコアは算出対象外)
      2.8割以上出席している
      3.適切な学習時間を毎週確保できている


受講生の声

TOEFL®TEST 105点コース

  • ボキャブラリー等の基礎力やセクション別のTipsを学び、TOEFL対策の土台を作ることができました。それ以上に週ごとに計画を立ててコミットすることを繰り返したことで、勉強への姿勢を確立できたため、今後にも活きてくると確信しています。(16年4月クラス)
  • 基礎力を徹底して身につけるという訓練をすることができ、そこは自信になった。また自らを振り返り改善していくというプロセスを今後も徹底していくことで、受講終了後も継続してスコアを伸ばしていくことができると感じている。(16年4月クラス)
  • 毎週の単語テストは、暗記を進める上でモチベーションを上げてくれ役に立った。他の人がどのように勉強を進めているのかも参考になった。(16年4月クラス)
TOEFL トップに戻る↑

TOEFL®TEST 90点コース

  • 受講内容に関して、大変満足しています。今後進むべき方向性に対して成長するための具体的なタスクのブレイクダウン、思考の持ち方など明確にできました。加えて現在の自分の課題が明らかになったことで今後の自走が明確にもできました。(16年4月クラス)
  • 弱点を見つけ、それを効果的に克服していくことに頭がいくようになりました。自分が思っていた以上に基礎力(単語、音取り、文法、速読)が重要であると痛感しました。(16年4月クラス)
TOEFL トップに戻る↑

TOEFL®TEST 70点コース

  • 受講前は全く分からなかったTOEFLという試験でしたが、受講を通じてよくわかり、さらに試験対策もできたので非常によかったです。(16年4月クラス)
  • コーチングスタイルのスクールに通ったのは初めてでしたが、個別の事情(仕事状況など)を踏まえつつもしっかり学習するよう指導してくださったことがよかったです。自分には合っていたように思う。(16年4月クラス)
TOEFL トップに戻る↑

TOEFL®TEST 55点コース

  • 受講前までは漠然としていたTOEFLテストの全体像が、どのように構成されたもので、そのために何を行えばよいのかということを、この2ヶ月で学べました。(14年10月クラス)
  • 非常に有意義な2ヶ月間となったと感じる。自分の英語の能力が自分でも実感できるほど向上したと思うし、受講してよかったと思う。(14年6月クラス)
TOEFL トップに戻る↑

【旧】TOEFL®TEST 60点コース

  • ここまで継続して英語学習をしたことがなかったので、1週間に1回というペースメーカーになった。コーチやクラスメートから刺激を受けながら受講できたことは有意義であった。テクニック面はもちろん、個々人の考えや能力を引き出そうとするコーチのスタイルが刺激的だった。(14年1月クラス)
  • クラスについていけるか不安でしたが1日も休まずに出席することができました。苦手だった文法も以前より苦手意識がなくなりました。自分が努力したことが結果に結びつくよう、これからも勉強を続けていきます。(14年1月クラス)
  • 自分一人では決してできなかった勉強方法を徹底してすることができました。同じ期間一人で勉強していてもまったく身にならなかっただろうと思います。同じ問題を繰り返すことによって定着し確実に自分の力になっていくことを体感できました。受講してよかったです。(14年1月クラス)
  • 2カ月間モチベーションを維持しつつ、刺激を受けながら勉強でき満足しています。TOEFLテスト対策を始めて最初の2カ月間でした。このコースのおかげで全力でやり切れたと思っています。勉強法法も把握でき、今後の方針も具体化でき、次のステップへのはずみとなりました。(14年1月クラス)
TOEFL トップに戻る↑