受講生インタビュー

上級レベルの人ほど、集中的にインプットできる環境が必要。

― 英語自体の伸びや変化はどうでしたか?

森田:受講開始した時は、ずっと英語から離れてしゃべっていなかったので、かなりたどたどしかったです。スモールトーク(カジュアルな雑談)なんかでもつまってしまってたんですが、後半の議論するようなカリキュラムでは、もう考えるより先に「ちょっと待った。私にも言わせて!」みたいになれたので、かなり自信を取り戻せていますし、職場で英語の電話が来てもまったく普通に応対できますね。

― 宿題の中ではどんなメニューがよかったですか?

森田:インプット系はやっぱりよかったです。ボキャブラリーと基本例文のインプットです。あとは、毎回ディスカッションのテーマがあらかじめ設定されていたので、それに向けて意見を言う練習をできたのが良かったです。アウトプットという意味では。

― 森田さんのレベルでも、インプットは効果的でしたか?

森田:上級レベルの人ほど、ここみたいに集中的にやっていくのがいいと思います。だって、ある程度のレベルの人は勉強のやり方っていうのは知り尽くしているじゃないですか。初級者向けの本なんかはみんな経験してきているから、結局は「どれだけしっかりインプットできたか」が最終的にアウトプットにつながるというのは経験的に持っているので、そのインプット量が多いプログラムを選んだ方が、伸びるなぁというのは強く思います。

― クラスメイトの方も、いろんな学習経験を経てたどり着いた感じでしたか?

森田:そうみたいですね。皆さんやっぱりプレゼンスを選んだ理由を聞いてみると、モチベーション維持が大きかったと言っていますね。ある程度のベースの英語力はあるので、あとはどういう風に勉強していくかとか、同じような境遇のクラスメイトがいることとか、そういうことが大きいですね。皆さん言ってますけど。単語を大量に覚えるなんて、やらされなきゃなかなか出来ないじゃないですか!(笑)

― そうですよね、わかります。プレゼンスの英会話上級コースはどんな方がくると効果的ですか?

森田:ある程度海外に滞在した事がある人とか、滞在経験がなかったとしてもしっかりと基礎がある方にとっては、とても効果的だと思います。あとは、私のようにどこかで英語を勉強した経験があるけれど、時間が経ってしまって思い出すきっかけが必要な方とか。しばらく使ってなくて、もう一回勉強するきっかけを作る場が必要な方とか。

「英語が話せる」ということのゴールイメージが、よくわかった。

―「英語を話す」ということに対する意識は何か変わりましたか?

森田:変わりました。コーチから教わりました。「ネイティブのように話さなきゃいけない」という漠然としたイメージを元々は持っていたんですが、全く変わりました。ノンネイティブとして、日本人の話す英語として自信を持って話せるというゴールイメージに変わりましたし、それでいいんだという意識になって、自信を持てました。現実味のないゴールイメージではなく、明確なゴールイメージを持つ事でモチベーションが上がるんだなぁという気付きがありました。実際、そのゴールイメージの様な存在もいましたし。クラスメイトに。それはとてもよかったです。

― スピーチコンテストにも出場されました。その時の経緯を教えてください。

森田:立候補は、勢いです(笑)。ただ、クラスの皆さんが目標をしっかりもって前に進んでいこうよ!という方たちばかりだったので、その勢いに背中を押されて、というところが大きかったです。それまでの私だったら尻込みしてたかもしれません。

― 準備はどんな感じでしたか?

森田:本当に大変でした!最初はけっこう軽く考えていたんですけど、やはり大勢のオーディエンスにメッセージを伝えるという事は大変なことなんだなぁと、気付かされることになりました。クラスの中で数人の中で意見を言うだけというのとはわけが違うので。

― 一番大変だった瞬間は、どんな時でした?

森田:構成や原稿を完成させるまでですね。1週間前にリハーサルをやった時には他の出場者の方からけっこう辛辣な意見もあって(苦笑)、その後の1週間が大変でした。書き直してはコーチにダメ出しされて、ということを何度も繰り返しました。

― そして、めでたく2位を獲得!とても素晴らしかったですよね。感想は?

森田:大変でしたけど、本当にやってよかったです!

― では、最後にプレゼンスに要望などありましたらなんなりと。

森田:2カ月ではなく3カ月コースを作ってほしいです。2カ月だと、あっという間でした。よし、だいぶ勉強も習慣づいてきたし、クラスメイトとも仲よくなってきた、というところで終了だったので、寂しいという気持ちもあります。半年だとやっぱり長いので、3カ月くらいがいいかなぁと思います。

― ありがとうございました。