なぜプレゼンスでは短期間で話せるようになるのか?
(上級入門コースで行っていること)

8週間で話せるようになるために、プレゼンスが考え抜いたメソッドを紹介します。
全ては紹介し切れませんが、これらの方法により、8週間で圧倒的な会話力の向上を果たしています。

  1. まず学ぶ
  2. 積極的にしゃべり慣れる
  3. 会話目的別シミュレーション
  4. 細かな間違いの修正
これらに加えて、
セッション(講義)による利点

1. まず学ぶ

話すために必要な表現の徹底的なインプット(暗記)

これまでの学習を通して身につけてきた単語や熟語の中で、会話をする上で十分な分量の単語&熟語を、使えるレベルにインプットし直していただきます。それと同時に、慣用表現や文法構文などの会話特有の表現を新たに覚えていただきます。

※インプット量の目安
・単語&熟語:約1900*1
・文法:169構文
・常套句&常套表現*2:約200
*19割が高校までに学んだものです。それらをすべてしゃべりに使えるレベルで身につけます。
*2接続表現・あいづち表現・言い換え表現・場つなぎ表現・常套句など。すべてしゃべりに使えるレベルで身につけます。

インプットにも効率的な方法があります。初回のセッションで効率的なインプット方法もしっかりとお伝えいたします。

英語を英語のまま捉える"英語脳"の養成

英語を英語のまま捉える"英語脳"を養成します。英語脳を養成することにより、相手の言うことを日本語に変換することなく、英語のまま理解できるようになります。また、自分が話す時も、日本語で考えてから英作文をするのではなく、英語のまま考えて話せるようになります。

プレゼンスが自信を持ってご提供している英語脳養成メソッドで、短期間で効率的に英語脳を養成します。

英語で表現する際の発想転換ポイントの体得

ビジネスシーンで英語を駆使するためには、「効果的なプレゼンテーションの構成や展開」や「ネイティブとのミーティングを円滑に行うためのポイント」などを学ぶことも必要です。上級コースでは、英語における「プレゼンテーション」「交渉」「ミーティング」などのルールを、日本人に分かりやすい形でレクチャーします。
単に英会話が出来るレベルから、ビジネスで英語を使えるレベルへの脱皮を図るために、知るべきルールを伝達します。

2. 積極的にしゃべり慣れる

圧倒的ボリュームのアウトプットトレーニング

インプットした表現を実際の会話で使いこなすためには、アウトプットの場数を踏むことが重要です。セッションでのフリーカンバセーションの時間に加え、自宅でもアウトプットのトレーニングを行うことにより、純粋に話す時間として、8週間で30時間を確保します。

スピーキング力の向上を自宅で実現させるための、効率的なトレーニング方法があります。「こんなに話せるようになっている」という喜びを毎週味わって下さい。

メンタルブロックの打破

実際に英語を話そうとすると、「文法ミスをしたらどうしよう」と、失敗を恐れるケースがよくあります。失敗を恐れることがメンタルブロックを発生させ、言いたくても言わない、という状態を招いてしまいます。リラックスした雰囲気の中、まずはしっかりとメンタルブロックを打破し、間違いを恐れず、堂々と話すようにしていただきます。

もともとの英語力が高い方ほど、メンタルブロックが原因で話せないケースがよくあります。コーチのフォローで、間違いを恐れずに英語を口から出す習慣をつけましょう。

3. 会話目的別シミュレーション

状況に応じたコミュニケーションメソッドの使い分け

より深いレベルで相手を納得させるためには、時間、場所、場面、そして相手に応じて適切なコミュニケーションメソッド(話し方)を用いる必要があります。イントネーションや緩急、アイコンタクトなど、コミュニケーションメソッドを状況に応じて使い分けることを意識付けします。

コミュニケーションメソッドを意識している人の英語ほど、上手に感じられます。上級者というイメージを印象付けるためにも、ぜひ意識しましょう。

相手を納得させる論理展開&構成の使用

ビジネスシーンや議論の場では、単に英語が話せるだけでは相手を納得させることは出来ません。論理の展開方法や話の組み立て方を学び、説得力のある英語を話していただきます。

話の組み立てや論理展開の方法を学ぶと、自分の意図が相手に伝わりやすくなります。説得力のある英語で、より深いレベルで相手とのコミュニケーションを図りましょう。

4. 細かな間違いの修正

日本人が犯しやすい文法的誤りの修正

ストレスなく英語を話せるようになってから、細かな間違いを修正していくことが効率的です。現在完了の適切な使用や仮定法での時制など、特に日本人がネイティブに注意されやすいポイントを中心に修正を行い、より正確な英文で話すようにします。

ストレスなく話せるようになると、その方特有の間違いの傾向が現れてきます。その時こそ間違いの修正を図るベストなタイミングです。

セッション(講義)による利点

クラスメイトとの切磋琢磨

上級入門コースの受講生には、仕事上や留学準備で英会話力アップの必要性に迫られている方が多数いらっしゃいます。やる気に溢れたクラスメイトと互いに刺激し合い、モチベーションの高い状態で、8週間トレーニングをしていただきます。

様々なバックグラウンドを持つクラスメイトとの出会いは、かけがいのないものになるでしょう。英語でクラスメイトと意見交換をすることで、多くの感動が得られるはずです。

日本人コーチによる的確なアセスメント&アドバイス

プロ意識に溢れたコーチが、受講生の実力の伸びを阻害しているポイントは何かを毎週正確にアセスメントします。その上で「何をどうすれば良いのか」、具体的なトレーニング方法を提示していきます。コーチの適切な指導により、8週間安心してトレーニングに打ち込めるでしょう。

英会話コースには3900人を超える実績があります。多くの受講生に携わってきた経験から、伸びを阻害しているボトルネックを指摘し、効率的なトレーニングに導きます。

コーチからのメッセージ

「英語で相手を納得させる」

単に身の回りの出来事を伝えられただけではなく、自分の意見をしっかりと述べられた時、そして、それにより相手が自分の話に納得してくれた時、英語を話すことの最大の感動が得られると思います。
相手を納得させられるだけの会話力があれば、世界中のどこででも、相手が誰であってもコミュニケーションがとれるでしょう。
上級コースでは、スピーキング力のブラッシュアップを図るとともに、「いかに相手を納得させるか」にも焦点を置き、そのための論理構成やコミュニケーションの手法も学んでいきます。
楽しい雰囲気の中、学ぶべきことはしっかりと学び、「英語で相手を納得させる感動」を共に体感しましょう!


ぜひ無料説明会にご参加ください。

受講生の様々なケースにお応えいたします。
コース選択や学習方法の相談も受け付けています。

東京校:0120-970-647