中国語はとっても学びやすい、その3つの理由

DATE:2016/11/30
 


中国語は日本人にとって、とても学習を始めやすい言語です。

英語のように学校教育の中で触れてきてはいないので、

とっつきにくいイメージがあるかもしれませんが、

今回はこの中国語が学びやすい理由について3つ紹介したいと思います。

 

 

 1.日本語と同じ漢字がある

中国語を全く勉強したことがない人でも、

日本人のほとんどがすでに中国語の単語を百個は書けます。

 

中国語で1~100までを書くとこうなります。

一、二、三  ・・・  九十八、九十九、百

 

「ずるい!」と言われそうですが、

これが事実、そしてこれって本当にすごいことなんです。

 

イタリア語、スペイン語、韓国語・・・何語でも良いですが、

全く勉強したことがない外国語の数字を既に1~100まで書けるなんてことはなかなかないことですよね。

 

これだけでも日本人にとって中国語は学びやすいと言えます。

 

 

 2.日本語と違う漢字も簡単

そして同じではない漢字もあります。

例えば日本語の「個」は中国語では「个」

 

全然違いますね。

 

中国で使用する漢字は簡体字(かんたいじ)と言って、

政府が識字率UPなどを目的に1950年代に制定したものです。

識字率を上げるためにわざわざ制定したということは、どういうことかというと・・・

 

簡単なんです!

少なくとも簡単になるように意識して作ってるんです!

 

なので、あまり「新しい漢字を覚えなくちゃ!」と気構えるのではなく、

「何々、簡単なんだって?」という気持ちで淡々と覚えていきましょう。

(ときに驚くほど難しい漢字もありますが・・・)

 

 

3.語形変化がない

ビートルズの

“She loves you”という曲をご存じでしょうか?

アップテンポの気持ち良い曲ですが、それはさておき、

この「彼女はあなたを愛している」を「あなたは彼女を愛している」に変えたい場合、どうなるでしょうか?

 

    “She loves you” → “You love her”

 

She は her に変わり、loves の s はどこかへ行ってしまいました。

こうした語形変化に苦労した記憶がある方も多いのではないでしょうか?

 

一方、中国語はどうかと言うと

 

    (She)(loves)(you) → (You)(love)(her)

※(  )内に英語の意味を記載しています。

 

ただ置き換えるだけで良いんです。

個人的にはこの語形変化が無いというのが

中国語を始めやすい最大の理由です。

少し単語を覚えると作れる文がどんどん増えていくので、楽しく学べます。

 

(文責:伊地知)

 

わずか1ヵ月で中国語の基礎をマスター

PRESENCEの中国語コース詳細はこちらからご覧ください。

 

1