文化・歴史
下(xià)午(wǔ)茶(chá) ~Afternoon tea~
暑くて体のだるさを感じるこの季節、午後のtea breakは夜まで頑張るための大事な時間ではないでしょうか。 ご存知の通り、中国には文化として深く根付いた喫茶習慣があります。

道を歩けばあちらこちらに「茶(chá)馆(guǎn)」があり、気軽にお茶を飲みながらゆっくりと時間を過ごすことができます。

他方、欧米でも古くから”Afternoon tea”と称されるような、紅茶と数種類のケーキを楽しむスタイルの喫茶文化が、社交の場としても用いられてきました。その文化がシンガポールや香港など旧イギリス領であったアジアの地域でも生活に根付き、更に今や上海など中国大陸の都心部にも広がり始めています。

この”Afternoon tea”という文化の影響を受け、上海ではここ1年ほどで若者を中心に「下(xià)午(wǔ)茶(chá)」という言葉が一つのブームとなっています。「下(xià)午(wǔ)」は[afternoon]を意味し、「茶(chá)」は文字通り[tea]を意味します。よって、「下(xià)午(wǔ)茶(chá)」をそのまま和訳すれば、「午後の紅茶」といったところでしょうか。 従来の茶(chá)馆(guǎn)で中国茶とお茶受けのドライフルーツをいただく中国式から、カフェで紅茶とケーキをいただく西洋色の濃い新しい形へ。

筆者が初めて上海を訪れた7年前には、その単語すら存在していなかった「下(xià)午(wǔ)茶(chá)」。それが今や若者のスタンダードになろうとしています。上海にあるカフェの数も、以前とは比にならないほど多くなってきました。
上海に行かれる際には、趣のある茶(chá)馆(guǎn)と、スタイリッシュなカフェの両方を巡ってみてはいかがでしょうか?

 

文化・歴史一覧へ戻る
Colum of China トップへ戻る