共に学ぼう PRESENCE×Coaches

“What”より、”Why”を買う

DATE:2014/01/17CATEGORY:ブログAUTHOR:
  rss

世界中の優れたプレゼンが満載のTEDというサイト。

http://www.ted.com/

このプレゼンを、語学学習に使っている方、きっと多いと思います。

私もその1人です。

今使っているのは、Most Viewedにも登場する、「How great leaders inspire action

168353_240x180

とても有名なので、ご存じの方も多いですよね!

 

さて、このプレゼンの冒頭では、なぜApple社の製品が売れるのかを具体例に、

あるメッセージが繰り返し出てきます。

People don’t buy what you do;  people buy why you do it.

 

このメッセージを、プレゼンスに置き換えてみました。

2つの宣伝文句のうち、皆さんはどちらに惹かれるでしょうか?

 

「私たちは英語スクールです。優れたコーチがいます。いつも受講生を思って丁寧な対応をします。効率的なカリキュラムとメソッドで、忙しい社会人でも短期間で結果を出すことができます。さあ、ぜひプレゼンスへ!!」

 

「私たちは、忙しい社会人の皆さんに、無駄なく、効率的に英語力を伸ばしてほしいと思っています。そのためのカリキュラムとメソッドを開発しました。そしてコーチが勉強を後押しします。さあ、ぜひプレゼンスへ!!」

 

私がお客様なら、後者のほうが「行きたいな!」と思えました。

プレゼンの中でSimon Sinekが繰り返した通り、

「この製品はどんな優れた点があるのか」を宣伝されるよりも、

「なぜ、この製品を作ったのか」という会社の思いに共感できた方が、

人はその製品を買おうと思えるのかもしれません。

 

それはともかく、

興味のあるプレゼンを使って英語のトレーニングをするのは、とてもおすすめです!

 

山田

 



  rss