共に学ぼう PRESENCE×Coaches

【連載】コーチインタビューvol.8 ~上谷健二~

DATE:2017/04/07CATEGORY:コーチインタビュー , ブログAUTHOR:
  rss

プレゼンスコーチの吉田です。

 

コーチインタビューvol.8、
今回は上谷コーチにインタビューを行いました。

 

なぜコーチという仕事に興味を持ったのか、

休日は何をしているのかなど、

仕事のこともプライベートのことも聞き出しておりますので、是非ご覧ください!

kenjiblogbanner.fw

 

1.どんなお仕事をされているんですか?

TOEICコース、英会話コースの担当コーチとして、クラス準備や受講生の皆さまからの質問にお答えするなどの他、説明会やセミナーを担当しています。それ以外の仕事として、英会話コースのカリキュラムを考えるチームの一員として、既存のカリキュラムの改良、配布資料の内容を日々ブラッシュアップしています。また、オンラインコースの担当として、既存のコンテンツや使いやすさの改善、より多くの方へ利用していただくための宣伝施策などを考える仕事もしています。つまり、コーチとしての仕事以外に、プレゼンスのサービスがより良いものになるように、日々改善を加えています。

 

2.いつから,なぜ「語学教育」や「コーチ」という職業に興味を持ったんですか?

留学中に、自分の経験を活かして誰かの成長に携わりたいと思ったからです。

元々、人の成長に携わるような仕事がしたいという漠然とした想いは昔からありましたね。そしてオーストラリアでの留学中に、自身もまだまだ学んでいる最中でしたが、他の留学生の英語学習や今後の進路などについて相談に乗っているうちに、自分の経験を活かして人の成長に携わる片鱗を味わい、その想いが確信に変わっていきました。

一方で、私自身全く英語ができない状態で、しかも社会人になってから英語学習をスタートしたんですが、「年齢に関係なくやればできる」ということを体感し、語学力を身につけることで「人生の選択肢や挑戦できることが増えるんだ」と、実感しました。その経験から、日本で英語力を高めたいけど困っている人に、「あなたにもできる!」「未来のあなたの世界が広がる!」と伝えたい、という想いが芽生えました。

そして帰国後、留学中の経験を活かしつつ人々の成長に携われることを探している時にプレゼンスと出会い、コーチングにより一人ひとりの力を引き出す手法に強く惹かれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

3.「これだけはゆずれない!」という仕事のこだわりはありますか?

プレゼンスと出会ったとき、英語そのものを教えるのではなく、英語の取り組み方を伝え「自走する力をつけるお手伝いをする」という点、「語学学習を通してその先の人生をより輝かしいものにする」という理念が私自身の想いと重なっているので、この二つは常に大事にしている点ですね。

また、受講生の皆さまと接する時に常にポジティブなマインドや態度でいること、そして受講生の皆さまのためを想っているからこそ、必要に応じて、敢えて厳しい指摘も行うことです。

 

4.仕事において,いちばん嬉しいことは何ですか?

どんなに小さなことでも、受講生の皆さまが成長やよい変化を見つけた時です。

例えば、「ふと洋画をみたり、洋楽を聞いた時に理解できることが増えていることに気づきました!」や「勉強の時間を確保しようと試行錯誤していたら、仕事を効率よく終わらせることにもつながりました!」など。語学学習を単なる「勉強」とだけ捉えてしまうと、どうしても辛いものに感じてしまうのですが、そういった小さな良いことがあると、その辛さが楽しさに変わっていくんですよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

5.プレゼンスの魅力はどんなところだと思いますか?

やはり【自走する力】をつけることを大事にしている点でしょうか。そのためにコーチ一人ひとりが、十人十色の受講生の皆さまの特徴やなりたい姿を見つけ、可能性を引き出すことをどうやったらできるか、日々本気で考えています。

言わされているのではなく、本当にまじめで真剣なメンバーがいるからこそ、プレゼンスに来ていただく皆さまに本気で向き合う環境を提供できているのではないかと思います。

 

 

6.休日はどのように過ごしていますか?

まじめモードの時は、英語学習関係の本を読んでいたり、オンラインラーニングサービスや語学学習系のアプリを触ったりしています。それ以外では、妻と一緒にどこかに出かけたり、ジムに行ったりしています。また普段任せっぱなしの家事をやる日でもありますね。食事はカレーぐらいしかまともに作れませんが(笑)

 

7.では,最後に今後の目標を教えてください。

今は場所の関係もあって限られた方への提供に留まっていますが、テクノロジーの助けも借りて、場所にとらわれずに、一人でも多くの方のサポートをしていきたいです。その足掛かりが、今私自身が携わっているオンラインコースですので、通学とオンラインの良いところを踏まえつつ、サービスの改善をしていきます。

また長期的な目標では、日本での語学コーチングの知見を活かして、他の言語への展開、例えばですが中国語圏の方に対して日本語学習のサポートを行うなど、サービスを拡大していくことです。その時のためにも現地に行かずに、ネット環境を使ったサービスのスタイルというのは確立していきたいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 



  rss