共に学ぼう PRESENCE×Coaches

【連載】コーチインタビューvol.5 ~藤野瑠美子~

  rss

プレゼンスコーチにインタビューを行うことで

コーチの想いや仕事を再発見するこのコーチインタビュー、

担当をしているコーチの伊地知です。

前回は番外編として、コーチ陣を支えているセクレタリーの森本に話を聞きにいきました。

今回は女性コーチの藤野にインタビューをしてまいりました!

さて、藤野コーチはいったいどんな想いで、どんな仕事をしているのでしょうか!

 

 

rumiblogbanner

 

1.どんなお仕事をされているんですか?

メインは週に5クラス、TOEIC、英会話、IELTSのコースを担当しています。
「コーチはクラス以外に何をしているのですか?」という質問を時々お受けするのですが、
私の場合は、クラス担当以外に、セミナーの担当、また、TOEICコースとIELTSコースのカリキュラムを担当しています。セミナーは毎週水・土曜日に行っている説明会とは異なり、PRESENCEで行っている授業の一部を体験していただく内容になっています。また、カリキュラム担当は一人で行っているわけでなく、メンバーと共に、既存のカリキュラムに甘んじることなく、短期間でより結果を出していただけるように、常にメソッドの改良、配布資料のメンテナンス、教材探し等を行っています。

 

2.いつから,なぜ「語学教育」や「コーチ」という職業に興味を持ったんですか?

船橋コーチ同様、私もPRESENCEの元受講生なんです。
一番最初に受講したのは2005年、大学生の時ですね。
PRESENCE創業者の本を読み、PRESENCEの門をたたきました。当時はTOEFLと英会話コースを受講して、その後、無事にイギリスの大学院に進学し、帰国してからは英語をあまり使わない職種で働いていたんです。ただふとした時に、「留学をしたのにTOEIC900点を持っていないコンプレックス」が沸々と湧き上がってきて、社会人になってから、今度はTOEICコースを受講しました。その時に目標に向かって勉強している自分を熱心に後押ししてくれるコーチの姿に改めて感銘を受けて、「私もこの仕事がしたい」と思うに至りました。また、大学生時に受講して以来、ずっとコーチたちと連絡を取り合っていたので「この方たちと一緒に働きたい」という想いもありました。
ですので、語学やコーチングに興味をもったというよりはPRESENCEが好きで、入社しました!

 

rumikoblog-3

3.「これだけはゆずれない!」という仕事のこだわりはありますか?

「同じ環境を作ることで、受講生に寄り添うこと」です。
仕事や学業をしながら、PRESENCEの課題に取り組むことはやはり簡単なことではありません。
私も今までに4コース受講しているので、その大変さはわかっているつもりです。
ただ、「つもり」になっていることも時々あるので、受講生と同じように試験前は週15時間勉強をする、TOEICテストを定期的に受けるなど、そのような環境を自ら作り出すようにしています。受講生への寄り添い方は人それぞれですが、私の場合は受講生と同じことをすることで寄り添っていきたいんです。

 

4.プレゼンスの魅力はどんなところだと思いますか?

「パワースポット」のような場所であることですね。

自分自身が受講生の時も仕事と英語学習に追われ、本当はPRESENCEに行きたくないときもあったのですが、なぜかクラスに参加すると「やっぱり来て良かった。また1週間頑張ろう」という気持ちになれたんです。コーチ陣もエネルギーに溢れていますが、それ以上にやはり仕事や学業でとても忙しいにも関わらず、自分以上に時間を捻出しているクラスメートの存在は大きかったです。コーチになってからもそれは変わらず、やはり仕事や学業以外に「これでもかっ」というくらい英語に打ち込んでいる受講生を間近で見ているとパワーを頂くことができます!コーチ陣でよく話すことですが、「私たちから何かを与えているようで、実際は受講生から与えらえることが多い」というのは本当にそうですね。

rumikoblog-2

5.休日はどのように過ごしていますか?

頻繁にはいけませんが、ミュージカルが大好きです!

好きな作品はベタですが、「オペラ座の怪人」と「wicked」
何度も観ているので、登場人物の一人に思い切り感情移入して喜んだり、泣いたりしながら観ることが好きなんです。怪しい人ですね(笑)。
あとは、休みの日は普段よりも時間をかけて料理をするようにしています。

私は結婚しているのですが、主人とはなかなか休みが合わないため、普段は出来るだけ夕飯は家で食べるようにしています。家庭内では、料理や洗濯、掃除をどちらが担当するとは決めておらず、自然と休みの方が担当するようになっています。私は土日働いているので、主人がご飯を作ってくれることが多いんです。本当にありがたいなぁと思います!

 

6.では,最後に今後の目標を教えてください。

私はどちらかというと新しいことに興味がある人間なのですが、最近は「当たり前のことをきちんとやる」「目の前にあることに集中する」という方向にシフトしていっています。英語学習もそうですが、やはり基礎固めをしっかりとすることで、その後の大きな伸びがあるのかなぁと感じています。

そういう意味では、今は新しいことにチャレンジするよりも「一人でも多くの人に結果を出してもらいたい」という気持ちの方が強いです。そのためには今あるカリキュラムをより良いものにする、コーチとして人間力・英語力を磨く等、当たり前のことをきちんとして、結果を出していきたいです。

 

rumikoblog-4

 

 

  プレゼンスでは、私たちの理念に共感し、ともに働いていただける方を募集しております。

  ご興味のある方はこちらまで。



  rss