共に学ぼう PRESENCE×Coaches

【英語初級中級者向けコラム】#58.TOEIC・TOEFLで使えるリスニング力を身に付けるには

  rss

こんにちは!

 

TOEIC・TOEFL対策のリスニング勉強は

毎日継続して習慣化しておくことがとても大切です。

 

毎日聴いているとアナウンサー(出題者・声優)の発音や話し方にも慣れてくると思います。

英語(TOEIC・TOEFL)中級者・上級者の方の中には、顔馴染みならぬ「耳馴染み」になる位、

同じCDを聴いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

プレゼンスには、関西出身のコーチが複数います。

先日吉村コーチが久しぶりに実家に帰った際

電車の中で盛り上がるマダム方の会話が聴き取れなかったそうです。

 

イントネーションやテンポが関東とは大きく違いますので、

久しぶりで耳がびっくりしてしまったのでしょう・・・

関西弁ネイティブの方ですら、少し離れていると聴き取り力が落ちてしまうのですね!

 

馴染みのない音を急に聴くと、音が言語として聴き取れないという現象が生まれます。

たとえ一度聴き慣れた音でも、しばらく経つと聴き取れなくなるものです。

 

日本にいながら英語(TOEIC・TOEFL)試験のリスニングを攻略するには、

やはり継続して、テスト本番で流れる音に耳馴染んでおく必要がありますね。

聴き取れるようになったものでも継続しなければ聴けなくなります。

 

聴き取れない英語を聴き取れるようになるには、

それはもう、集中して筋トレのように聴きこむ必要がありますね!

 

プレゼンスのTOEICコースでは、1日最低1時間は集中して

何度も同じ教材を聴き込みます。多聴ではなく、まずは1冊の教材を体にすり込むように。

初級・中級の英語(TOEIC・TOEFL)学習者の方は特に、です。

 

そして、実力がついてきたと感じたら本番に近い(過去問)リスニング問題にトライしてみましょう!

 

その時「音を取ろうとしているのか」「会話の意味を知ろうとしているのか」と、

頭の中で明確に分けてみると良いですよ。

 

最初のうちは、音を取ることが目的で構いません。

そして、耳が慣れてくると緊張せずに意味を取ることができます。

 

そうなるためには、毎日リスニングしてください!

リスニングをしない日を作らないようにしましょう!

少なくとも英語(TOEIC・TOEFL)の試験当日までは意地でも毎日聴くつもりで頑張りましょう!!

 

受験日を決めたら、その日に向けて2ヶ月間は毎日1時間以上、

英語(TOEIC・TOEFL)の音を聴き続けましょう!

 

 

 

東京・表参道にあるTOEIC,TOEFL,英会話&中国語の短期集中コーチングスクール

「プレゼンス」では、貴方のグローバルな英語(TOEIC・TOEFL)力と勉強をサポートします。

 

TOEICやTOEFL、IELTSで高得点を狙う方をはじめ、もっと英会話を楽しみたい、

あるいはお仕事で使う英語(TOEIC・TOEFL)力をブラッシュアップしたい・・・

 

そんな皆様、どうぞお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております!

blog_banner_toeic750



  rss